Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ナンパ 合コン

【体験談】「もう止めて!」痴女2人組に捕まった童貞さん、瀕死

マジキチ童貞狩り

仲良しの女友達と温泉バスツアーに参加した超肉食系女子の投稿者。そこで気の弱そうな男性と知り合い、何やら良からぬ事を企む・・・・

3Pプレイする女

友達の美樹とバスツアーで温泉巡りをしました。

夕食はホテルではなく、近くの河原でその温泉町主催のお祭り広場でありました。

ツアーの人達はみんな添乗員さんから券をもらって、様々な遊びと各店の出している食事を取りました。

(足らない分は手出しです。)静岡市に住んでいる大学生です。

お金握りゲームやビンゴ等もありました。

9時頃祭りも終わり、みんなでゴミの片づけをしました。

19歳ぐらいの男の子と一緒に椅子やら飾り付けをなおしました。

その子は、大学でお祭り関連ののサークルに入っており、そのお祭りのお手伝いをする依頼を受けて参加し、太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしたそうです。

片付けも終わって、みんなと離れて三人だけになりました。

「名前はなんていうの?童顔ねー彼女はいるのー?」と聞きました。

彼は、「いませんよ~」といって「年上の女性が好きです」と話していました。

それを聞いて、「この後、一緒に遊びに行かない?お酒を奢るよー」と誘いました。

三人で、他のメンバーに見つからないように抜け出して、街の飲み屋に行きました。

美樹と代わる代わるお酒を注ぎ、どんどんお酒を飲ましました。

彼は、お酒に強い方ではなかったので、最後の方ではフラフラになっていました。

美樹と二人はあまり飲まないで、彼だけを潰してしまおうという作戦だったのです。

その後、飲み屋を出てラブホテルに行きました。

三人でホテルに入るのには抵抗がありましたが、温泉街なのでスムーズに入れました。

部屋に入ると、服をむりやり脱がしました。

素っ裸にすると、体がガッシリしました。

二人で体やチンポをいやらしく撫でました。

チンポもなかなか大きくて、良い感じでした。

いきなり、美樹はキスをしました。

しかも、舌を絡めているようで、ねっとりと唾液を飲ませようとして、流れていました。

美樹のキスは女性の私から見ても凄くエロい感じで、彼も気持ち良さそうでした。

チンポはすっかり勃起し、二人で、「やだー!堅いし、美味しそう~♪」と言って、私は手で擦り、タマちゃんもモミモミしました。

彼があまりに敏感だったので、「Hしたことないのー?」 と聞きました。

恥ずかしそうに、「うん」と答えていました。

まさかの童貞に私も美樹も更にテンションが上がりました。

「私達のこと苛めて良いよ」と言い、美樹と二人でおおはしゃぎで、チンポを舐めたり、乳首を噛んだりして弄んだので、彼は思いっきり私の顔に発射しました。

「どろっどろ精子大好き〜〜」

そう言って私は彼の精子を指ですくい口に入れて舐めました。

その時には、私も裸になっていたので、服にはかかりませんでした。

美樹も飛び散った精液を舐めて「美味しい美味しい」と言っていました。

その後、彼を四つんばいにさせました。

チンポがまた持ち上がってきました。

犬のような格好です。

私がチンポを激しくシコシコし、美樹が彼のアナルを舐めました。

彼は「ああああ~」と情けない声を出していました。

だいぶ感じているようで、喘いでいる姿に興奮しました。

その体勢で彼は射精してしまいました。

「こんなに一杯出たね」

今度は仰向けにさせて、彼の上に座り、マンコを見せ付けて顔面騎乗しました。

彼の口の辺りにマンコを擦りつけました。

「毛の奥が見える。」

彼は興奮して、必死でペロペロと舐めました。

犬みたいに必死に舐めて可愛い。。

正直舐め方は下手くそだったけど、このシチュエーションに興奮して感じてしまいました。

美樹は、「もう起っているー」。。

「童貞チンポ頂きま〜す」

美樹が私のマンコに彼のチンポを導き入れて、チンポでひっかきました。

「もう、ダメっ」

「気持ち良過ぎてヤバイ!」

すぐ私もイってしまいました。

美樹は「ひどい。路菜だけイッてしまつて・・・」と言って、余韻の残っている私を押しのけて騎上位で挿入し、腰を振っていました。

美樹が腰を振ってお尻を浮かした時に、二人の繋がっているのがよく見えました。

美樹のアソコはベトベトしていて、お尻の穴にまで生えている毛はいやらしく濡れていました。

二人は獣のように呻き声をあげながら快感に悶えていました。

備え付けのコンドームを彼に着けてましたが、いつの間にか取れて美樹のヘアにこびり着いていました。

「いいのよ~、イっちゃっても!」と美樹は言ってました。

彼はすぐにイッてました。

「気持ち良過ぎて変になっちゃう」

美樹はそれに構わずに腰を振り続けるので、彼のチンポはまた元気を取り戻して美樹のマンコを掻き回していました。

やっと美樹と交代して、生のチンポを入れて腰を振りました。

温かいモノが入っているので、とても良い感じです。

それからも交代で彼のチンポを挿入し、騎乗位でしました。

彼が段々起ってくるのが遅くなったので、二人で必死になりオナニーを見せつけたりしました。

なかなか起ってこないので、美樹は私にキスをして私のアソコをさすってきました。

やっと舌をはずし、「ん」と言うと、美樹は「どうしても起たせるのよー」と意気込んでました。

それで、二人してレズ行為(したことがないので分かりませんが。キスをしたり、お互いにアソコを舐め合ったり、指で相手のアソコを擦りました。)

そして、また彼のチンポが起ったら、交代でチンポを入れました。

何度もやっているうちに彼のチンポは固くなったままになりました。

イクことも難しくなっているようです。

相変わらず勃起しっぱなしで、美樹と二人して、「やっぱ最高!」と言い合いました。

彼が、「もう、止めて」と言ったので二人とも2回づつイクことで止めることになりました。

その夜は、三人とも裸のままで、彼を挟んで添い寝しましたが、ずっと彼のチンポをニギニギしました。

彼はすぐに眠ってしまいましたが、二人でチンポをじっくり観察しました。

明け方前に、ラブホテルから出ました。

二人でこっそりツアーのホテルの勝手口から部屋に戻り、寝ました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA