Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
中出し

【体験談】デリヘル嬢がオレに中出しさせる為のピル飲み出した件

デリ嬢は中出しがお好き

23才の頃、歳の近いデリヘル嬢にハマっていた投稿者。嬢も珍しく若い客に気を許したのか、特別なサービスをさせてしまう・・・・

女の子の乳房

3年くらい前の話になるけど当時お気に入りだった嬢がいて、月に2回程指名してホテルに呼んでいた。

嬢の名前はあかね。

俺は当時23才、やや色白でフツメン。

体格も普通。

Sっ気あり。

あかねは25才、ちょっと日焼けしているがムチムチした健康的な体つき。

EカップでかなりのM。

爆サイなんかで評判を調べたが、本番はさせないようで、可愛い割に人気はなかったようだ。

(指名上位の嬢はほとんど本番ヤラせてる)

いつも使っているラブホに入り店に電話しながら湯船にお湯を入れる。

お湯を入れてる間にAV鑑賞しながら待っていると、インターホンが鳴りドアを開けるとスーツ姿の店員氏(おそらくドライバー)。

お約束の禁止事項を確認されサインをする。(当然偽名で)

サインが終わり店員氏と入れ替わりであかねが部屋に入りドアを閉めて上がる。

コースを決めて店に電話を入れた後はタバコを吸ったり、俺が差し入れとして持参したお菓子やアイスを食べながら雑談。

「今日は忙しい?」

「それなりかな」

「ふ~ん、じゃあ今日はいろんなお客さんとセックスして来たんだ?(笑)」

「も~、あたし俺君としか本番してないもん・・!」と営業トークと分かっていても嬉しい事を言ってくれる。

「またまた、他のお客さんにも同じ事言ってるでしょ(笑)」

「そんなことないもん、本当に俺君としかしてないよ」

なんてイチャイチャして楽しみながら浴室に移動してシャワータイム。

あかねは丁寧に俺の身体を洗ってくれる。

全身を使ってまるでソーププレイのようだ。

いつもそれだけで俺のペニスはギンギンになる。

洗ってもらったお返しにあかねの身体を洗ってあげ、軽く愛撫するとそれだけでオマンコは濡れ濡れ(笑)

敏感な子は攻めてて楽しいね。

そのままお風呂場でしたくなるが、グッと堪えて我慢する。

シャワーから上がってベッドに移動し、またしばしイチャイチャ。

しかし、ムラムラが我慢出来なくなってきたので、Dキスしながら胸を揉み始める俺。

「はぁ・・ん・・あのね、今日はあたしが俺君を気持ち良くしてあげるから俺君はじっとしててね」とあかねが言うのでマグロ状態になる。

全身リップから軽いフェラ、アナル舐めをされ今度は濃厚なフェラを受ける。

風俗をしているだけあって、あかねのフェラチオは抜群に上手い。

あかねは本当に愛しそうにチンコをしゃぶり、チンコ付け根まで涎でべちゃべちゃになるほどフェラをしてくれた。

しばらくフェラをして貰っていたがMっ子なのでフェラを止める気配がない。

手持ちぶさたになった俺が手を伸ばして胸を揉んだり乳首をイジメる。

「っはぁん・・今日はあたしが気持ち良くするの」と言って攻めさせてくれない。

しばらくフェラが続いた後、あかねが「俺君はじっと寝ててくれれば良いからね」と、俺のチンコにまたがり生のまま挿入した。

浴室での愛撫で濡れていたが、フェラしながら興奮していたのか、あかねのオマンコは洪水だった。

ちなみに最初に呼んで意気投合し本番した時から、あかねとは生エッチが普通になっていた。

「俺君のオチンチン入ったぁ・・スゴい気持ち良いよ・・」と言いながら腰を動かし始めた。

騎乗位なのでEカップのオッパイが、たゆんたゆん揺れる様子は絶景としか言いようがなかった。

俺は揺れるEカップを揉みながら、あかねにバレないように腰を動かしていた。

されてばかりでは面白くないのであかねを抱き抱え、正常位に体位を変えてあかねのオマンコを突き上げた。

あかねは子宮口と奥を刺激されるのが好きなので、先っぽで子宮口をノックしつつカリ首で膣壁を擦りあげる。

「はぁん・・っ・・俺君、じっとしててって・・あんっ、言ったのに・・」

あかねは喘ぎながら抗議してくる。

「あかねにしてもらうのもいいけど、やっぱり俺はこうやってあかねを攻めるのが好きだからさ」とあかねに伝えてピストンを続ける。

「あたしもっ・・俺君にしてもらうの好きぃ・・」

トロンとした目で俺を見ながらあかねが受け身宣言。

その後体位を色々変えながら、最後に正常位でフィニッシュを迎えそうになる。

「あかね・・もうイキそう。イッていい?」

「うんっ・・、あたしもイキそうだからぁ・・俺君も一緒にイッて!」

あかねの言葉を聞いてラストスパートをかけ激しく突き上げる。

「あっ、あ、あっイク、イッちゃう!」

あかねの膣が絶頂に近づきウネウネとし出した。

「俺も・・イク!出るっ!」

俺は絶頂を迎えあかねの子宮に大量の精液を送り込んだ。

普段は射精の瞬間に抜いて外出しだが、何故かこの日は中出ししか考えられなかった。

「あん!中でピクピクして熱いのが入ってくるっ・・!」

あかねの膣がキュツキュツっと締まり、中出しでイッたようだった。

射精が終わって我に帰り、中出ししてしまった事に気付いた俺は、「ごめん、中に出しちゃった・・」と謝った。

さすがに中出しは怒って店に連絡とかされるかもしれない。

そう思っていたが、「あ~あ、俺君に中出しされちゃった・・」と微笑みながら首に手を回し抱き締めてくれた。

俺はあかねがとても愛おしくなり、キスをしながら抱きしめ、繋がったまま余韻を楽しんだ。

しばらくしてチンコを抜くと大量の白濁液が逆流してきて、まるでAVのような光景に興奮した。

逆流してくる精液を指ですくってあかねの顔に近づけると、あかねは俺の指をしゃぶって飲み干してくれた。

やっぱり最高にエロい女だ。

「こんなに中出ししちゃったけど大丈夫?ピル飲んでる?」

「アフターピル飲むから心配しないで。俺君と中出しエッチ出来るようにこれからはピル飲むから」

その後、あかねは本当にピルを服用し始めたらしくそれからは中出しを楽しんだが、突然退店してしまい今は会っていない。

身体の相性も最高で、今でも忘れられないデリ嬢だ。

以上、駄文に付き合っていただき、ありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    同じような軽々して捨てられなくなってそのデリヘル女と結婚したよ俺。まあまあ幸せ

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA