レイプ

【体験談】ホテルの熟女清掃員、不祥事がバレて全裸で土下座謝罪

土下座させられる38歳

出張先の滞在ホテルでの出来事だった。朝食を摂り部屋に戻った際、私物を漁る清掃員を見付けてしまった投稿者。観ると綺麗な熟年女性、どう謝罪させようか悩む悪趣味な投稿者・・・・

弱味を握られた女

出張で1週間滞在したホテルでの話。

平日に休みを取って9時頃目覚め、ホテルの朝食を食べてすぐに部屋に戻るつもりだったけど、同僚と偶然会って話し込んでしまった。

部屋に戻ったのが11時少し回ったころ。

部屋に戻るとドアが開いてて、ルームキーパーが部屋の掃除中でしたが、私は何も気にせずそのまま入室したのです。

するとなんとそのルームキーパーさん、TV横に置きっぱなしだった私の長財布を開いて中身を物色中だったのです。

「おい、何やってるの?」と言って、静かにドアを閉めました。

「そんな所に財布を置きっぱなしだった私も悪いが、それを開いて物色してるのは犯罪だよ。支配人か責任者を呼ぼうか?」

そう問い詰めたら泣きそうな顔になり、いきなり土下座して謝ってきました。

「すいません。ほんの出来心で、申し訳ありません。」と何度も何度も言いながら泣き出してしまいました。

「とりあえず土下座は良いからここに座って」と肩を掴んでベッドの脇に座らせたのですが、これが中々ドキドキするくらいのイイ女だったのです。

歳は38歳(後に聞きました。)ちょっと態度を変えて優しい言葉遣いで事情聴取しながら、それとなくボディータッチ。

特に嫌がるでもないので私はお決まりのセリフのように「内緒にしてあげてもいいけど・・・スッキリさせてくれるかな?」と、肩を抱き寄せキスをして舌をねじ込みました。

かなり緊張している様子。

しかし、まったく抵抗はしないのでそのまま背中のファスナーをさげてワンピースを腰まで脱がしました。

ブラのホックを外しで乳房に手を掛けると、そのまま鷲掴みにして乳首を舌で転がします。

途端にイイ声出して鳴きだすのです。

そのまま一旦立たせると、ワンピース状の作業着はストンと床に落ち、ストッキング越しに薄い紫のパンティーが露わになりました。

作業用だと思うけど、ひざに分厚いサポーターを巻いてたのはちょっと冷めましたが。

色気的には残念だったけど、ストッキング越しでも濡れてるのが解る位です。

パンティーの中に手を入れた時は完全に洪水状態でした。

あまり時間もないので全裸にして適当に愛撫しながら脚を大きく開き、勃起したチンポを生挿入。

「このことは黙っててあげるから、いいよね?」

「えっ、せめてゴム付けて頂けませんか?」と言ってたけど、お構いなしにそのままズボズボと突っ込んでやる。

乳房を揺らしながら「あっ、あっ、あっ」と消え入りそうな声で喘ぐ清掃員の女。

出張で溜まってた精子を彼女の中にすべて注入してやった。

それと同時に彼女はガクガクと震えながら膣口をヒクヒクと痙攣させて逝ってしまった。

事が済むと急いで作業着を手に取る女をみて、良からぬことを思いついてしまった。

「おい、最後にもう一回土下座してくれないか?」

「え、今ですか。。?」と戸惑うも、睨み付けると先ほどのようにその場で土下座。

悪趣味かと思われるかも知れないが、熟女が股からザーメンを垂らしながら全裸土下座する姿は胸が熱くなるものがあった。

「最後に床に頭つけて、しっかり謝ってくれ」

「ほんとうに、申し訳ありませんでした。。」

結局、素っ裸で土下座する彼女の後ろからバックの体勢で2開戦目に突入した。

長居させても他室の同僚達に怪しまれると思い、服を着せて仕事終わったら電話するようにと携帯番号を交換して解放してあげた。

COMMENT

Your email address will not be published.