中出し

【体験談】育児妻、乳児の横で母乳吹き出しながら不倫アクメ

母乳のまだ出る人妻と

投稿者と同じアパートに住居している人妻、育児ノイローゼなのかいつも不機嫌そうに歩いている。そんな人妻に優しい言葉を掛けてみるとアッサリ・・・・
育児中のママ

私は大学生で19歳です。

最近母乳ママと不倫を始めてしまいました。と言っても43歳の母親ぐらいの女性です。

住んでいるのは同じアパートで、どうやら子供の授乳がうまくいってなくて悩んでいたらしく、どういうわけか、会うといつも顔を歪めるのです。

ある日、理由を聞くと恥ずかしそうに、バストが張って痛いと…。

姉が子供を産んだ際に同じことで悩んでいたので多少の知識はありました。

話しを訊いて色々アドバイスしてあげると、嬉しそうな人妻さん。

そしてその日の午後、そのママさんがいきなり私の部屋に入って来てました。

どういうわけか、顔をまっ赤にしてセーターを脱ぎ捨てました。

ブラジャーの下はパンパンに張っている乳房がわかり、中年女性らしい三段腹だったけど、服を着ていた時には子供を産んだばかりの女性独特の豊満感がわかっていたのでよくオナっていました。

思わず彼女の脇の下からブラジャー越しに優しくマッサージするように揉みだすと、母乳パットがベトベトになっているのがわかります。

まだ痛がっていたのでブラジャーのホックを外すと、はちきれんばかりに血管が浮きでた乳房が露になり、F カップはあったと思っています。

両手で両方の乳房を揉みだすと– ジャァっ畳の上に音をたてて母乳が飛びしきりました。

母乳でベトベトになった手で片方の乳房を揉みながら、もう片方の乳房全体を口の中に入れ吸い上げました。

彼女の目は虚ろになっていたし、痛みもなくなったような感じでした。

交互の乳房を揉みながら吸い上げ飲んでいるうちに、私の手は彼女のタイトスカートの中のでかい尻をパンティストッキング越しに撫でていました。

彼女は「したかったらいいよ」って言ったので、ストッキングとパンティをゆっくり脱がしていきます。

勃起した自分自身を前戯なしで挿入しようとしたら、彼女が私のを掴んで自分の中に入れてくれました。

ピストンをしながら乳房を揉み、吸い上げ飲んでいると、彼女が耳を疑うようなことを口走ったのです。

「赤ちゃん、もうひとりほしいの。歳が歳だけに最後のチャンスよ。きっと…。」

「えっ!?」

思わず聞き返す自分。

「若い子と子作りしたらすぐに妊娠できると思うから、孕ませて…赤ちゃん欲しい!赤ちゃん欲しい!」

エロ漫画にも出てこないような臭い台詞。

しかしその言葉で理性がとんだ私は、全力で子宮に向けて腰を打ち付けました。

突くたびに、揺れる乳房から母乳がチロチロと垂れてきます。

そして、窒内の奥でドクドクと射精しました。

私自身のを抜くと、ドローっと精液が垂れてきます。

それを彼女は手で受け、母乳で濡れた自分の三段腹のおへそのまわりに塗り、「私の赤ちゃんできたかな~」っと、また私に哀願してきました。

その日から、私は彼女の搾乳器であり種馬です。

ほぼ毎日昼間、寝ている赤ん坊の横で自分の母親と同じ歳の女性と赤ん坊の兄弟をつくろうと、子作りに精を出しています。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    昔アパート住まいの人妻と不倫してたときはいつも横に幼い子供がいたっけ。意外と興奮しないものよ。なんか子供に申し訳なくなってしまうのよ

COMMENT

Your email address will not be published.