Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
レイプ

【体験談】排卵日を狙った睡眠レイプ、危険日マンコに種付け!

睡眠薬を使った悪質犯罪

同じ会社に勤める若い女性に好意を寄せていた投稿者。しかしその女性に彼氏ができたと知った途端、愛情が屈折して良からぬ方向に向けられる・・・・

眠っている女

先週金曜日の話です。

自分の職場に部下のHという男がいます。

入社3年目でまあまあ仕事はできます。

その点は非常に評価しているのですが、一つ気に入らないことが。

Hにはミエコという彼女がおり、同じ社内でなかなかの美人です。

同じ社内で自分の直属ではないのですが入社6年目で、数年前から目をつけていました。

このミエコと付き合っているのが妬みなんですけど気に入らないのです。

そして先週金曜日のランチどき。

会社の休憩室で昼飯を食べているとき、たまたまHが同席になりました。

「お疲れ様です。席いいですか?」

「おぅ、お疲れ。いいよ、座んなよ。」

「失礼します!いやーっ、今週ハードでしたね。」

「まあな、でもあと半日で週末じゃん。もうちょっとだ。今日は彼女(ミエコ)とデートか?」

「まあデートって言えばそうなんですけど
何かマンネリ気味で。メシ食べに行くとこもいつも一緒で飽きているし、寒いから外ぶらびするのも…」

「だったらお前の部屋でイチャイチャ楽しめばいいじゃん」

「それなんですが…。今日出来ない日なんですよ。セックスもしないのに部屋でイチャイチャなんて無理ですよ」

「そりゃ仕方がないだろ。女って決まって月一に体の変化が起きるもんさ。彼女も今日は辛いだろうから労ってやれよ」

「違うんですよ!生理じゃないんです。その逆。危ない日なんですよ。」

「危ない日?だったらちゃんとゴムすれば済むだろ?」

「そうなんですけどね…。ああ見えて思った以上に計画心が強いんですよ。だから今日は出来ない日なんです。」

「そっかぁ。なあ、それなら家来るか?三人ですき焼きでもするか?」

「すき焼きっすか?」

まんざらでない表情です。

「ちょっといいですか?メールしてみます。」

話の弾み、ダメ元で言ったのですが昼食後の14時過ぎにHからメールが来ました。

「さっきの件、宜しくお願いします。何時にどこに行けばいいですか?」

返信メールに住所を書き込み、

「20時以降ならいつでもOK。スマホのナビで場所は調べて。宜しく!」と返信しました。

瞬間的に冴えまくる頭脳。

出した答えは「ミエコを犯す…」

超ゲコのH。

酒癖の評判があまり良くないミエコ。

この二人を酒で潰せれば…

定時に上がり近所のスーパーで買い物を済ませて帰宅しました。

すき焼きがメインなのい買い物のほとんどは酒になるありさま。

帰宅してすぐにすき焼きの準備にとりかかります。

19時半位にHからメールが来ました。

「早く着いちゃいました!今マンションの下にいます!」

ロックを解除し部屋に招き入れました。
もちろんミエコも一緒です。

はじめて私服姿を観ましたが、グラマーなスケベそうな身体がより強調されており、早くもチンポが疼きます。

その上、妊娠しやすい危険日なんだと思うと身体全体が熱くなるようでした。

用意した飲み物はスペシャルメニューです。

乾杯はビールでしたが二杯目からはHはグレープフルーツソーダのガムシロップ割、ミエコはグレープフルーツソーダのウォッカ割です。

一時間ほどですき焼き鍋は空になり、ガムシロップ割を3杯飲んだHの目は虚ろです。

ミエコはまだまだって感じですがウォッカのせいか顔は真っ赤です。

ここで焼酎の梅干しお湯割を二人に出しました。

自分とミエコにバッハをかけられたHはお湯割を一気飲み。

これで完全アウト。
グタッと横になりました。

残るはミエコ…

酒はテーブルでなくキッチンで都度作っていました。

自分用はお酒に見せかけたジュースもしくはお湯…

「シソの焼酎あるけど飲んでみる?」

「あっ、それ飲みたーい!」

ミエコもノリノリです。

ここで遂に犯罪行為に走ってしまします。

マイスリーという睡眠導入剤3錠を粉末にし、ミエコに渡す焼酎のグラスに混入しました。

Hは大の字になって寝ています。

睡眠導入剤入の焼酎をミエコに手渡す前に「H、爆睡モードだな」

「多分当分起きないよ。朝まで寝ちゃうかも(笑)」

「ここだと風邪ひくからオレの寝室に運ぼう。手伝って。」

ミエコと一緒にHを起こし抱えて寝室に運びました。

飲みの再開です。

改めての乾杯。
ミエコが手に手にしているのは睡眠導入剤入の焼酎…

20分ほとでミエコはフラフラになっています。

10杯近くのグラスにトドメは睡眠導入剤入。

案の定、後ろに寝そべるように倒れました。

全て整った…

まずはミエコを抱えてソファーに寝かせます。

本当は全裸にしたかったのですが、バレるのが怖かったので下半身のみを頂くことにしました。

スカートを捲り上げ、ストッキングと下着を同時に脱がせます。

スマホのムービーモードをセットし、マンコの接写からスタートです。

極々一般的なマンコでしたが、危険日(排卵日)真っ只中のマンコと思うと異様に興奮してきました。

当然チンポはカッチンカッチン。

ズボンとトランクスを脱ぐと上向きでカッチンカッチンのチンポで先っぽからは透明のネバネバ(我慢汁)が垂れています。

寝ているミエコのマンコは全然濡れていないのでクンニをしました。

女性器特有のイヤらしい匂いがします。

ミエコは寝たままでしたが徐々にマンコがヌルヌルになってきました。

クンニを止めて亀頭でミエコのクリトリスをツンツンします。

我慢汁はタラタラです。

そして亀頭をミエコの膣口に当てがい、ゆっくりと挿入しました。

ミエコの眉間が一瞬動きましたが寝たままです。

ズブズブっとゆっくり挿入し、徐々にピストンのスピードを上げていきます。

排卵日のマンコに生挿入…

そう考えるとメチャクチャ興奮します。

中出しすれば妊娠する可能性が高い訳ですから。

じっくり時間をかけて楽しみたかったのですが起きるリスクがあったのでそれは諦めました。

ミエコに生挿入して5分ほどでそのときがきました。

早い小刻みのピストンののちミエコの膣内に射精しました。

ドクドクしていました。

しばらくしてからスマホムービーモードで接写しながらチンポを引き抜くと、亀頭は粘液でテカテカ光になっていました。

楽しみの中出し精液の逆流なんですが中々出てきません。

指で掻きほじって出すことも考えましたが妊娠を期待しそれはしませんでした。

ミエコは寝たままです。

ミエコの中出しされたマンコを見たり触っていたりするうち、再びチンポが硬くなってきました。

ミエコのマンコを見ながらシコシコしたら再びカッチンカッチンになり二回目の生挿入をしました。

一回目の中出しで中出しされた精液が潤滑油のような役割をし、一回目よりもスムーズに入りました。

排卵日に中出しした女に再度生挿入する…

この上ない征服感です。

「もし妊娠したら…」でなく「ミエコを妊娠させる」に思考が完成に切り替わっていました。

腰を打ち付ける度に、1回目の精子がグボグボと音を立てながら漏れ出てきます。

今ミエコの子宮には排卵されたばかりの卵子がある…

そして今ミエコの膣内には射精されて間もない精液が数億といる…

さらに射精され精液はもっと増える…

そうこう考え10数分後に再びミエコのマンコに膣内射精しました。

ゆっくりチンポを引き抜くと、一回目では見られなかった中出し精液の逆流が見れました。

チンポで掻き出したんでしょう。

スマホムービーモードでしっかり接写しました。

記念にミエコの寝顔もバッチリ接写しました。

本当は全裸にしたかったのですがリスク回避で下半身と顔のみの接写です。

ミエコのマンコは逆流の精液でベタベタになっていたのでティッシュで丁寧に拭き取り、何事もなかったのように下着とストッキングを履かせました。

そしてお姫様抱っこでミエコを抱え上げて寝室へ運びHの横に寝かせました。

自分はそのままリビングでミエコとセックスしたソファーで就寝しました。

翌朝目を覚まし、寝室を覗くとHとミエコは爆睡していました。

二人とも9時過ぎに起きてきて寝てしまったことに平謝りです。

ミエコは中出しされたことなど微塵にも感じていないようでした。

排卵日に中出し膣内射精二連発。

ミエコの妊娠とHの反応に期待感でいっぱいです。

COMMENT

Your email address will not be published.