Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
中出し

【体験談】セフレは閉経熟女。もう私、女の子じゃないの・・・・

五十路の性欲

職場の五十路熟女を狙っていた投稿者。飲み会の帰り道、必死に口説いてみるも、年の功なのかガードが堅い。しかし心の中のオンナの部分が再燃してしまう・・・・

座る熟女

職場の飲み会があったが、俺は車で帰らなければならず、飲まなかった。

そして、熟女である人妻、加代48歳を送っていくことになった。

そこそこの年ではあるが、整った顔立ち、グラマーな肉体。

さぞかし若い頃は男を弄んだであろう、それが年齢を重ねると共に自分への自信を失い、哀愁が漂い始める。

そんな姿が堪らなかった。

その日も、助手席の加代は魅力的だった。

タイトスカートから出ているムッチリとした脚がたまらない。

お腹は多少ポッコリ出ているが胸も大きく、俺は前からエッチな想像をしていた。

俺は加代さんに、加代さんて綺麗ですね!ってホメテみた。

「もうーこんなオバサンに興味なんかないくせに」って笑っている加代さん。

俺は「本当ですよ!」と煽てて加代さんの反応を見てみた。

加代さんは、酒も入っており嬉しそうに微笑む。

「本当なの? 本当なら少しエッチな事とか考えてるのー?」

「もちろん」

俺は運転しながら、思いきって胸も大きく揉むようなジェスチャーでおどけて見せた。

「こんなオバサンの胸で良かったら触らせてあげようか? ん?」

そんなことを言って嫌でもない感じ。

俺は我慢出来なくなり、人気の無い所に車を停止させ胸を服の上から揉んでやった。

胸を揉みながら、加代さんにキスした。

キスすると加代さんから舌を絡めてきました。

加代さんの服のボタンを外し、ブラをズラして胸を直接揉んだ。

加代さんも俺の下半身を触ってきて、もうビンビンに俺は大きくなっていた。

「もうこんなに大きくしちゃって、本当に私みたいなオバサンに興味あるんだ」

喜ぶ加代さんの顔は、完全に女になっていた。

ズボン脱いでフェラチオをお願いすると、加代さんは、「凄く硬くなってる」とにっこり笑ってペ二スを奥まで咥えてくれた。

そのまま2人で後部座席に移動し、加代さんのフェラチオを堪能した。

加代さんのフェラチオは最高に上手くて気持ち良かった。

お酒も入って積極的になっているのか、唾液をたっぷり含んだ口の中で激しくペニスをしゃぶってくれた。

加代さんのタイトスカートをまくり上げパンストとパンティーを一気に脱がしにかかると、加代さんはフェラチオしながら、「これ以上はダメだからね! 口で気持ち良くしてあげるから最後までは出来ないよ」と優しく言ってきた。

しかし、加代さんの蜜壺は凄く濡れており、指を入れてやると凄く感じていた。

クリトリスが敏感みたいで、触ってあげると、大きな声で喘ぐ加代さん。

加代さんの喘ぎ声がたまらなくて、執拗にクリトリスを愛撫した。

俺は加代さんに入れたいとお願いすると、少し考えてから、やっぱり入れるのは駄目だよ、辛抱して、、、と言う。

最後までして、俺とズルズルいくのが不安だと言っていた。

しかし俺は、加代さんと一つになりたい想いを伝えた。

加代さんは、一回だけだよ、と挿入を許してくれた。

俺が、ゴムないから生で入れてもいい?って聞くと加代さんは恥ずかしそうに「笑わないでね、もう女の子じゃないの。。。」と昨年閉経したことを教えてくれた。

俺は興奮した。

加代さんは、生で入れても問題ないから、いいよと優しかった。

そして生入れ! とても加代さんの中は気持ち良かった。

俺が腰を動かすと加代さんも俺の動きに合わせて腰を動かしてきました。

加代さんの膣の中は締まりも良くて最高でした。

俺は気持ち良くて、すぐイキそうになった。

加代さんは、脚を俺の腰に絡めてきて、「気持ち良い? いっぱい出してもいいよ!」と言ってくれたので、俺は我慢限界で、加代さんの膣奥に発射しました。

終わった後、加代さんは、「いっぱい出たね、一回だけって言ったけど、ズルズルいっちゃいそう。。。」ってキスしてきました。

そして加代さんは俺のペニスをしゃぶって綺麗にしてくれました。

その後、家まで送りつけて、またセックスする約束をして加代さんは、家に入っていきました。

翌日、職場で会うと俺はとても加代さんに早くまた中出ししたくて仕事になりません。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA