Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
OL お姉さん

【体験談】現役CAの制服を盗んで至極のオナニー

制服泥棒の幸せ

旅先でCAと宿泊先が同じになった投稿者。コレはまたとない機会だと、無人の部屋に忍び込み、体臭の染み着いた制服一式を拝借・・・・

裸のスチュワーデス

JA○のスチュワーデスさんのステイ先ホテルの部屋に侵入したことがあります。

タイにツアーで出かけたときのこと。

ホテルに到着すると、JA○のスッチー達もバスで到着したところのようで、同じホテルに
滞在しているようでした。

皆さん、ロビーで何か打ち合わせをしたあと、それぞれ、鍵を受け取って、部屋に行っているようでした。

受付を見ると、キードロップのボックスがあり、このホテルでは、まだ、部屋番号のタグのついた鍵を出かけるときに受付に預ける
システムになっているようです。

ひょっとして、スッチー達、着替えてすぐに出てきて、鍵を預けるのかなと思い、観光もそっちのけで、ホテルのロビーでうろうろ。

すると、20分ぐらいで、ぞろぞろとスッチー達が私服で降りてきました。

お、これはチャンス、と思い、さりげなくキードロップの近くに立ちます。

スッチー達が預ける鍵の部屋番号を盗み見ようとするのですが、それぞれ、一瞬のことで、全然、見えません。。。

ああ、無理かな、と思っていると、その中の一人が、鍵を手に持ったまま、両替カウンターのほうへ行きました。

迷うことなく、彼女の後を追います。

両替カウンターでは、無用心なことに、鍵
をカウンターに置いて、両替をしています。

よっしゃ、見えました。

602号室。

心臓をバクバクさせながらロビーのソファーに戻り、彼女が鍵を預けるのを確認して、10分ほどしてから、さりげなく受付スタッフのところへ。

何気ない顔で忙しい感じのスタッフへ、「602号室の鍵をお願いします」というと、なんと、ニッコリ笑って、鍵を探し、手渡してくれました。

やっぱり!!!これだけ日本人が多ければ、スタッフも誰がどこの部屋か覚えていないだろうと思ったら、そのとおりでした。

信じられないチャンスを手にし、大興奮しながらエレベーターに乗り、602号室に向かいました。

鍵を差し込むと、おおお、カチャッと音がして、開きます。

そのだけで、もう、ぼくのチンポはギンギンに立ってしまいました。。。。

部屋のなかは、スッチーはたった20分ほどしかいなかったはずなのに、ほのかに甘い香りがします。

どきどきしながらスーツケースに直行。

震える手をおさえながら開けようとしてみるものの、なんと、鍵がかかっている。。。うーん、なんと用心深いこと。。。

一瞬、気落ちするも、もしや、と思い、クローゼットを開けてみます。

すると、ありました!!!さっきまでスッチーが着ていた、本物の制服です!

しかも、ご丁寧に、パンストまでハンガーにかけてあります。。。

チンポをパンパンに腫らしたまま、ハンガーを取って、制服をベッドに寝かせました。

この彼女は、さっき見た限り、170cm以上はあり、見た目は、篠原涼子に似たスレンダー美人でした。

あああ、実生活では絶対、相手にされないだろうなと思うと、余計、興奮します。

そのまま、寝かせた制服に重なるようにうつぶせになり、ブラウスの襟元に鼻を押し付けました。。。

おおお、なんともいえない、甘い香りがします。

たぶん、香水なんでしょう。。。スカーフに顔を近づけると、同じ匂いがもっと強烈についていました。。。

頭がクラクラしてきます。

なんという、幸せ。。。

理性がふっとんだぼくは、そのまま全裸になり、スッチーのヒールの高いパンプス(これもクローゼットにあった)をチンポにかぶせました。。。。

あああ、この、つま先のキュッとしたところにチンポを入れると、篠原涼子似のスッチーの膣にチンポを入れている気持ちになって、たまりません。

しかも、少し、湿っています。。。

カウパーでパンプスをデロデロにしながら、ベッドにうつぶせになり、制服と正常位で重なりながら、片手にパンストを手にし、腰をピストンさせます。。。

あああ、あんな美人のスッチーと擬似セックスしてると思うと、ほんとに、たまりません。。。

そのまま、片手に持ったパンストの股間の部分に鼻を近づけると。。。

ぐぉっ、これはまた、強烈な匂いがします。

うっすら香水の匂いがまざったなかに、たしかにメスのおしっこと汗の匂いがします。。。

あああ、あの篠原涼子似のお姉さまのフェロモン臭だ、と思うと、もう、我慢ができなくなり、パンプスをはめたチンポのピストン運動を最速にしました。。。

あああ、JA○のスッチーさん、あああ、

スッチーと擬似セックスしてる。

あああ、このパンプスの奥の感じ・・締まる、キュッ細くなって締まってる・・

彼女の膣は、きっとこんな感じなんだ・・・と夢想しながらピストン運動していると、あっという間に白濁液がドクドクと出てきました。。。

パンプスのなかに発射です。。。

チンポの先についた白濁液はスカートの裏地でふき取り、パンプスのなかはトイレットペーパーできれいに拭いて、急いですべて元に戻している最中、ベッドの枕元でとんでもない物を見付けました。

なんと、ピンクローターです!

着いたばかりなのにオナニーしてたの!?それとも今夜のための準備??

いやいやそんなことはどうでもよく、ピンクローターにむしゃぶりつき、口の中で転がしました。

あまりの興奮に光速で二度目の射精。。。

涎をたっぷりつけたローターを枕元に戻し、ロビーに鍵を返しました。。。

夜、あのスッチーがローターを使えば間接クンニです!

もう、観光なんて、忘れてしまって、しばらくぼーっとしてしまったことを覚えています。

終わったあとも、バレるのではないかと心配でしたが、なにごともなく、日本に帰ってくることができました。。。

あああ、あんな体験、二度とできないかもしれませんが、また機会があったら挑戦してみたいです。。

COMMENT

Your email address will not be published.