Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
中出し

【体験談】愛する妻を土佐犬と獣姦させる猟奇的な夫婦生活

妻と犬の交尾

妻との性的マンネリ感を解消するために過激な貸し出しプレイなどに興じる投稿者。それにすら飽きてしまったのか、なんと飼い犬に愛妻を差し出そうとする・・・・

愛する奥さん

前回の投稿【体験談】愛する妻を寝取らせてみた

その当時から、そんな淫靡な生活を続けてはいても、これからお話をする妻と犬とのセックスなどは考えてもいませんでした。

40の声を聞くようになると、妻は若い男との過激なセックスを厭い始め、居侯の弘治も私達の前から消えました。

私達には残念ながら子供が居ないし、学生たちが来なくなった寂しさもあって、高知県の知合いから雄の土佐犬の子供をもらいました。

子供の犬とは言っても生後6ケ月でその当時すでに成犬に近い体形をしておりました。

この犬は生後3ケ月くらいの時、他の土佐犬にこっぴどくいじめられ、雄犬のくせに臆病になってしまって、土佐犬の本来の使命である闘犬としてはとても使えなくなったと言う、おとなしい犬でした。

しかし、なにしろ大型犬でもあることですし、昼間は檻に入れており夜の団欒の時に居間へ連れてきていたのですが、その頃には、私の肩に前足を乗せて、ゆうゆうと立つほどの大型犬になっておりました。

イサムと名付けたその犬は朝夕の散歩からブラッシング、餌を与えるのまで妻だったからか、小さい頃から私より妻に懐きました。

それが大きくなるにつれて私が妻の肩を揉んだり、腰とか背中を押したりしているとウナリ声を上げる始末。

昼間でも檻に入るのを嫌がり、居間で編物
などをしている妻と一緒に過ごしたがるようになったのはいいのですが、スカートから出ている妻の素足を嘗めたり、その足に自分の顔を乗せて昼寝をするようなことになっていたのです。

「イサムはお前を自分の主人やと思うとるんやのうて、雌犬や思うとんとちがうか」と、二人で笑っていたほどでした。

晩春のある日、その日は妻が外出していたのでイサムの散歩が夕食の後になったのですが、9時頃に散歩から帰った妻が、「イサムが走るんで、汗びっしょりやわ」と、夫婦二人の気安さから、居間で裸のまま横座りになって汗を拭いておりました。

そんな妻の前で、長い舌を出して、ハッハッハッと荒い息をしていたイサムが、突然、妻の首筋のほうを嘗め始めたのです。

「なにしょん、イサム、こそばいがな。いや止めてよ、ウフッ、これ、止めてったら…」と、妻はイサムを押し退けるようにしながら叱っていました。

しかしイサムは、止めるどころかまるで汗拭きの手伝いをするように、今度はオッパイ
のほうまで嘗め始めるではありませんか。

妻は、「いやよ~、イサム、止めてよ~、ウフッ~ねえっ、もう、おしまい~止めなさい、ねえっいやよ~、止めてよ、おねがい…」と、叱っているにしては甘い声で、私には恋人同士のざれごとのように聞こえたものです。

最初はそんなことから始まったのですが、それが段々とエスカレートし、夏頃には、風呂前の妻の汗ばんだ裸身を嘗めるのがイサムの習慣のようになり、妻もまた裸身を嘗められることによって艶めいた声を上げ、身体をくねらせるようになっていきました。

そんなことを毎夜のように見て居るうちに私はイタズラを思いついたのです。

「なにしょん、馬鹿なこと、せんといて…」と、言う妻を無視して、二枚の座布団を折り畳んで尻の下にあてがい、秘部が真上を向くようにして牛乳を流し込みました。

小さい頃から特に牛乳が好物のイサムは、牛乳の溜まった秘部に飛び付くようにして嘗め
始めたのです。

「いやよ、イサム、止めてよ~駄目っ!」と、妻はイサムを退けようとするのですが、イサムは妻の手を掻い潜って、狂ったように嘗めまわし、秘部の奥深くに残っている牛乳まで嘗め尽くそうと、長い舌を秘部の奥深く差し込むのです。

やがては妻の叱る声も出なくなり、身体を震わせて悶え、ウメキ声を上げるまでになってしまいました。

牛乳を嘗め尽くしても興奮した妻の秘部からは愛液が溢れ出ていたのでしょう。

イサムは止めることを知らずに嘗めまわし、さらに奥深いところまで舌を入れるのですから、妻が乱れたのは驚くほどで、終わった時には、
「もうっ!、イサムったら、いやらしい…」と、照れ隠しみたいなことを言っておりました。

その時の妻の乱れ方には実際びっくりしたものです。

それからは、秘部に入れた牛乳をイサムに嘗めさせる、と言う程度のことは時々していましたが、それでも、妻とイサムをセックスさせるなどということは考えたこともありませんでした。

ところがある夜、いつもと同じように妻の秘部に溜まった牛乳を嘗めていたイサムが、突然一物を大きくし始めたのです。

大型犬ですので人様と変わらない大きさ、いや、それ以上の一物ですが、先っぽは尖って
おり色は赤みがかった濃いピンク色でした。

最初は、「どうした? イサム、お前、人並みに女房とオマンコしたいんかい」などと言いながら興味を持って見ておりましたが、一物はますます大きく勃起してくる。

私はそんなイサムの大きな一物をちよっとだけでも妻の秘部に入れてみたくなったのです。

「ほんとに入ってしもたら…どないすん…」と、嫌がる妻を、毛布を敷いたテーブルの上にひじをつかせ、尻を高く突き出した格好にさせました。

そしてイサムの一物をあてがうように、のし
掛からせました。

イサムはそれはもう一生懸命でした。

前足で妻の腰を抱え込むようにし、勃起した一物を妻の秘部に向けて突き付け擦り付け、どうにかして入れようとしているのでしょう。

「ああっ、駄目っ!!」

「いやあっ! 止めて! 止めさして!!…」

妻がイサムの一物から逃れようと、尻を振るものですから、入りかけたかと思うと、すぐに外れてしまうんです。

何とかちよっとでも入れてみたいと思ったのですが、結局その日は駄目でしたし、それからおよそ半年、いろいろと趣向をこらして何回か試みましたが、どうしても挿入させることはできませんでした。

そんなある日、それまでのイサムとは様子が変わり、牛乳を飲ます前から、一物を勃起させ、妻に挑みかかろうとするのです。

その日も結果的には挿入を果たせませんでしたが、その時のイサムはまるで妻を強姦しようとするような勢いで、しゃにむに勃起した一物を妻の秘部に突き付けておりました。

その夜、妻との寝室での会話で、その日の夕方、隣の雌犬を抱いた時に、発情でもしていたのか秘部が赤く腫れ上がっているのを見つけ、汁まで流しているので、興味半分についそこを触ったとのことを聞きました。

翌日、私はさっそく隣の犬を見に行きましたが、やはり妻が言うように秘部が色付いて腫れぼったくなっており、淫汁を流しておりました。

私は秘部をティッシュで拭き取り、持って帰って匂いが逃げないようにナイロンの袋に入れておいたのです。

その頃の妻は牛乳を入れた秘部をイサムに嘗めさせることにはの抵抗を示さなくなっており、それをすれば必ず狂ったように気をやるようになっておりました。

その夜も、妻とイサムがじゃれ合っておりましたが、頃合いを見て、私は妻の着ている物を脱がし、妻には気付かれないように発情した雌犬の匂いのついたティッシュで、妻の秘部を丁寧に拭いた上で牛乳を流し込んだのです。

そして、更に、そのティッシュをイサムの鼻先に持ってゆき匂いを嗅がせました。

それは直ちに効果を現しました。

イサムは妻の秘部に鼻を擦り付けるようにして嗅ぎ回りながら牛乳を嘗めておりましたが、やがて、一物の先が露出し始め、それは、みるみるうちに大きく勃起してきたのです。

発情した雌犬の秘部の匂いに興奮したのか、嘗めるのも荒々しく、「どうしたんイサム、もっと優しくしてよ~」と、妻は言いながらも、「もっと~、やさしくう…アウッ!」

強烈な刺激には早くもウメキ声を上げ、身体がケイレンし始める状態でした。

「おい、イサムがまたチンポを出しとるぞ」と、妻に言うと、「ウウッ! アアッ嫌らしい…イサム、アッ!、この頃どないしたん…」

身体をガクガクさせながら、とぎれとぎれにしゃべってはおりましたが、すでに妻には状況などを考える余裕はないような気配でした。

「なあ、おい、四つん這いになったほうが、イサムが嘗めやすいし、舌も奥まで届くんと違うか、ここえ来てみろよ」と、毛布を敷いた座卓のところへ妻を導き、座卓に肘をつかせます。

そして尻を後ろへ突き出すような姿勢をとらせましたが、妻は私の意図を知ってか知らずか素直に従いました。

イサムはちよっと戸惑いを見せたものの、改めて後ろから妻の秘部を嘗めておりましたが、やがて、立ち上がって妻にのし掛かり前足で妻の腰を抱え込むようにして、秘部をめがけて一物を突き出し始めたのです。

「アアアッ! イサム、なっしょん! 駄目、駄目よっ! いやっ!あんた、あんたっ! 止めさしてっ! アッアアッ、入るうっ!!」

「はまったりせえへんわ。もしはまったって直ぐに抜いたらええんやが。イサムも必死なんやから、ちよっとだけ入れさしてやれよ」

「いやよっ! いやあっ!」

イサムは何とか突き入れようと、ダッダッダッと、腰を激しく前後に振っているのですが、「アッ、いやあっ! 入るっ! 止めてっ!!」と、妻が尻を揺さぶるものですから、入れることができないのです。

私はそんなイサムの一物を掴み、妻の秘部にのぞませました。

それは誠にグッドタイミングで、のぞませた時に、たまたま妻の尻が迎えるようにせり上がり、同時にイサムもまた一物を前に突き出したものですから、ズルッという感じで一気に半分ほど埋まり込んだのです。

「いやあっ、入っりょる…アッ! あんたっ…アッ! 駄目えっ!!」

「心配ないって、これ以上は、はまらへんわ」

しかし、イサムはますます大きく勃起をした一物をグッググッと…。

犬とは言いながらも大型犬ですし、一物は人様と遜色なく、長さなどは長いくらいですが、その一物が、イサムが腰に力を入れるたびにグッ、ググッと沈み込んでいったのです。

「アアッ! あんたっ! 入ったあっ~ねえ、どなんしょうっ…」

とうとうイサムの一物は完全に妻の秘部に沈み込んでしまいました。

イサムはさほどに腰を使わず、目を細めて、さも気持ち良さそうにしております。

小刻みには腰を使っているし、内部では一物が微妙に動いてでもいるのか、妻はウメキ声を上げながら、ガクン、ガクンと時々のけぞるようにしておりました。

「どうや? 痛いことないか?…イサムのチンポが、完全にお前ん中にはまっとるが、どない感じや?」

「分からん、でも熱い、あれが熱いんよ…アッアアッ! ズンズン突っきょるうっ…」

イサムが小刻みに腰を前へ突き出すたびに、「ウッ! アウッ!!」と、顔が紅潮してきた妻は、やがてイサムの一物をより深く迎え入れたいかのように尻をくねらせ始め、ウメキ声を上げ始めました。

「アフッ! アアッ! ねえっ、ねっ! 子宮を突っきょる…アアアッイイッ!!」

「どうや! 気持ちええんか?」

「ねえっ、ねえっ、気持ちいいっ! ウウッ、変になるうっ!!」

「あんた、あんたっ! もう駄目っ! アア駄目よっ! なんでえっ…なんでイサムとして気がいくん…アアアッ…イクウッ! アッ、アフッ!いってしまうっ~、

うそや~ねえっ、ねえっ! うそやろ、うそやろっ!アッ、アウッ! 駄目えっ! イッ! イクッ! アアッ!イックウッ!アッ!

アアアッ! 子宮に入るうっ! ねえっ、ねえっ! いやあっイイッ! イクッ! もうっ! イイッ!!」

その時でした。イサムがウナリ声を上げてダッダッダッと、まるで腰を叩き付けるように振り始めたのです。

「アアッ、いやっ! おっきょなっりょる! おっきょなっりよるうっ!ねえっ、アフッ、アッ、アアッ!

だっしょる…イサムがだっしょるっ、
アッ、クウッ! ねえっ、ねえっ、イ、イイックウッ! イクウウ!!」

妻はもう気が狂ったように尻を揺さぶり、さらに突き出して、一物をくわえこみ、狂ったように叫んでおりました。

その時、イサムは繋がったまま、くるりっと半回転して後ろ向きになったのです。

よく見かける犬の交尾の格好です。

犬の一物は根元が膨れる、と聞いておりますが『おっきょなっりょる』と叫んだ妻の言葉どおり、根元が膨れたことで腟を圧迫しているのでしょうか、妻の秘部から一物が抜け
落ちることはありませんでした。

それより驚いたのは、それからの射精の時間の長いこと、ゆうに30分余りは射精が続いていたようです。

腟の奥深くで射精を感じる度にウメキ声をあげている妻を見ながら、「抜けるんやろか?」と、私も心のうちでは心配になっていたことは隠せません。

尻を合わせてつながったまま、妻はときおりビクッ、ピクッと身体を震わせウメキ声を上げておりました。

突然、イサムが少し前へ動き出したのですが、膨れたコブで膣が圧迫されているからか、一物が、付け根から伸びたようになり、やがて多少は小さくなっていたのかコブの部分がスポッという感じに秘部から飛び出し、続いて真っ赤にただれたような一物が、ゾロリッ、と言う感じで抜け落ちました。

ぽっかりと穴の空いたベトベトで真っ赤の妻の秘部からは、ポタポタと精液らしきものが流れ落ちておりました。

満足げに自分の一物を嘗めていたイサムは、やがて、わりとさらさらした大量の淫汁が流れ落ちている妻の秘部をいとおしげに嘗め始めたのです。

犬に犯された妻が乱れに乱れ、最後は激しく気をやってしまったことに、私は妻が初めて他の男に抱かれたとき以上に興奮し、妻に声を掛けるのも忘れたほどでした。

しばらくして起き上がった妻は腰が抜けたように立てることもできず、やっと歩けるようになっても、まるで方向感覚がないありさまでした。

子供同様に可愛がっているイサムであっても犬には変わりありませんから、最初は犬に犯されている、と言う異常感に緊張もし恐怖もあったことでしょう。

が、人様と遜色のない大きさ、そして長い一物で突きまくられ、子宮までつつかれては、途中からは相手が犬だという異常感など消し飛んでしまい、女というより一匹の雌犬としてイサムの一物を受け入れ、あれほどに激しく気がいったのではないでしょうか。

とにかく、その時の妻の状態は本当に気が狂うんではないかと思ったほど、それは凄まじいというほどのファックでした。

少し落ち着いた頃に妻が言うには、「最初に入れられた時は恐ろしかったけど、ほんでもまだ『いやだあ…』と思えるくらい余裕があったんよ、そやけど根元が膨らんできて私ん中がいっぱいになった感じやったし、熱いし、それに、先っぽが子宮口に入ってくるようで、怖い、怖いと思いもって何がなんやら分からんようになってしもた。

ピユッ、ビユッってイサムの出すんを感じた時やんか、もう本当にこのまま気が狂うか、死ぬんかと思うたわ…」と、言うことでした。

「それでも、お前、あれだけ気をやったんやから犬のチンポや言うても、気持ち良かったんやろが…」

「そうなん、もう途中からやか、私ん中にいま入っとるんが、犬のだなんて感覚やなかったわよ。頭ん中が真っ暗になって。赤い星さんがチカチカ飛んびょる感じなんよ、それにな、イサムのあれが根元で膨れてきてあん中がいっぱいになるし、先っぽが子宮に入ってくるようになるんよ。ほんで長いことなんべんもなんべんもビュウッ、ピュウッて出すやろ、それ感じる度に気がいくんやわ。

根元が膨れた時やか私あそこが張り裂けるんかと思うたわ。初めてやわあななん。そやけど、もう、あななことはさせんといて、恐ろしわ」と、言っておりました。

しかし何日かたって、「今日は、嘗めさせるだけやから…」と、牛乳を嘗めさせていると、その夜は雌犬の匂いもないのに、イサム
はまたまた一物を大きく勃起させ、妻はイサムと二回目のセックスをして気をやってしまったのです。

その後は、渋る妻をなだめては時々イサムとセックスさせていましたが、その都度、始める前は嫌がる妻も、いざイサムの一物が入ると気が狂ったように激しく乱れ、終わる度に、「もう、これ以上こななことしよったら身体がつぶれてしまうし、気が狂うわ」と言いはするものの、その反面、イサムとセックスすることに積極的になってきたのです。

イサムも、ますます妻のそばから離れないようになり、私が妻に触るだけでウナリ声を上げて威嚇し、完全に自分の雌だと思っているような状態です。

妻もまた風呂にまで一緒に入って洗ってやり、イサムが擦り寄ってきて甘えれば、自分から身体を開いて嘗めさせたり、自分が欲し
い時には、イサムの一物をしごいて勃起させ、自ら、座卓に肘をついて勃起したイサムの一物を秘部にいざなうほど、今はもう、妻とイサムはひとつがいの雄と雌になりきっております。

他の男に妻を抱かせることで被虐的興奮を知り、それがエスカレートして同時に2、3人の男達に妻を抱かせて、より強い被虐感にひたっていたのですが、犬に犯されている妻を目の当たりにするのは、そんな生易しい被虐感ではなく、私にすれば究極の被虐的興奮でした。

妻にしても、今では何人もの男に弄ばれる以上の興奮と快楽を味っているのではないでしょうか。

夫婦の間の秘中の秘である犬と妻とのセックス、人間として許されない禁断の行為であると思ってはいながらも、もはや私たち夫婦にとって土佐犬のイサムはかけがえの無いパートナーです。

妻が求め、イサムが求める限り、禁断の行為と承知はしていても、これからも続けたい…
いや、止めることはできないでしょう

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    奥様がウラヤマシイ。私も異種との交わりに興味はありますが試す勇気もなく、人にも言えず。。

  2. エッチな名無しさん says:

    素晴らしい。話の内容もだけど書き手の技術が素晴らしいです。

  3. エッチな名無しさん says:

    私も妻を犬と交尾させてみたいが、理解してくれるかどうか・・・下手すりゃ離婚案件になりかねない。
    そんな奥様がうらやましい。

COMMENT

Your email address will not be published.