巨根

【風俗】20cm巨根が人妻デリヘルに行くとこうなる・・・・

巨根童貞とナンバー1風俗嬢

投稿者は20代の男性。人見知りが激しく長らく童貞だった投稿者は社会人になってから風俗にはまっていく。ある日、人妻系風俗でナンバー1風俗嬢を指名する投稿者。最初は素っ気ない態度だった嬢も、投稿者の巨根を見ると・・・・

巨根に狂う風俗嬢

俺の人生を変えた体験を話させてください。

俺はどこにでもいそうな普通の男です。

人見知りが激しいので彼女がいたこともありませんし未だに童貞だったり、、、

しかし性欲は人一倍あるので社会人になってからは当然のように風俗の一種であるデリヘルにハマッてしまった。

同世代の若い女の子たちのおっぱいやマンコを好きなだけ堪能できる、まさに天国!

そうやってデリヘル通いを続けるうちに気づいたんだけど、呼んだ女の子ほぼ全員が俺のチンポの大きさに驚いていた。

最初はサービストークだと思ってスルーしていたけど、どうやら本当に規格外の大きさらしいとわかった。

男同士でチンポを並べることもないし今までは皆こんなもんだろうと思ってたけどどうも違うらしい。

ちなみに包茎ではなく、しっかりと皮はめくれている。

勃起したときの長さは20センチを超えているぐらいである。

俺はこれがずっと普通のものだと思っていたのだが・・・。

若いデリヘル嬢たちからはアゴが痛いだとか怖いだとか嫌がられることがほとんどだったので、渋々人妻系のデリヘルを使ってみることにした。

都内の○○○DOLLという店に電話を掛けると2時間後からだったらナンバー1をご案内できますと言われたのでお願いした。

時間通りにホテルへ入って待っているとナナオさんという女性がやってきた。

どうやらナンバー1というのは本当らしく美人だ。

身長は160センチぐらいで、足が細くて長くとても綺麗だ。

スタイルも抜群で、胸はEカップぐらいあり、ウエストはとても締まっている。

芸能人のようなオーラさえ感じる。

「お風呂は沸かしてある?」

ナナオさんの第一声がこれだった。

偉そうというか上から目線で喋ってくる。

まあこれだけ綺麗な人なら仕方ないかと思うしかなかった。

隣へ座るといきなりタバコに火をつけてプレイ時間を聞いてきた。

(あまり余裕がなかったので)40分コースと伝えてお金を払った。

テレビを観ながら片手間に俺と会話をしてくる。

もう40分のうち15分は経過している。

しかし文句など言えるはずもない小心者の俺、、、

時折、言葉に訛りが感じられたので理由を聞いてみると博多出身らしい。

「お風呂行こっか!」

ナナオさんが立ってワンピースを脱ぎ始めた。

デリヘル嬢は脱いだり着たりを繰り返すので、簡単に脱げる服装が多い。

ブラを取るとカタチの良いお椀型のおっぱい。

プロフィールには29歳と書かれていたがお尻もプリッとしている。

この顔でこの身体なら性格地雷でもナンバー1なのが納得できた。

「さっ、早くお風呂行くよー」

背中をペチペチ叩いてくるので自分で服を脱いで全裸になると恥ずかしながら既にフル勃起している。

「えっwちょっっwwwマジ???」

ナナオさんが俺のチンポを見て目をまん丸くさせた。

そしていきなりチンポを握ってきたと思ったら撫でるようにゆっくりと上下にシゴきはじめた。

「す、スゴかねぇ~、、、女の子にモテるとでしょ君?」

「い、、、いやぁ全然ww」

何故か急に博多弁全開になるナナオさんw

こんな綺麗な人にチンポを握られてると思っただけでビクビクと動いてしまう情けない童貞チンポ、、、

「カリもパンっパン、、デカっ、、ヤバい、、ww」

「は、早くお風呂行きましょうよナナオさん」

恥ずかしくなってきたのでお風呂に向かおうとするとナナオさんがいきなりしゃがみ込んでチンポをパクっと咥えてきた。

「あうぁっ!」

いきなりのフェラで情けない声を出してしまう俺。

ナナオさんは口を裂けるほど大きく開いてチンポを飲み込んだ。

それでも半分ほどまでしか咥えられない。

いや半分も咥えてくれたのはナナオさんが初めてだ。

必死でしゃぶってくれる姿がエロくて可愛らしかった。

「そ、そんなデカいですかね、、?」

「いやwwwあのwww  君、バリデカイけんね!バリ硬いし!」

「すいません、やっぱ疲れますよねデカいと、、、ww」

「ううん!これがいいん!これがいいと!」

そう言うと涙目になりながら夢中で喉奥まで咥えてくれた。

「ふごかねぇ、、おんとてかくて、、かたふて、、、」

咥えながらなので何と言っているのか聞き取れないが、本当に夢中でしゃぶってくれる。

こんな芸能人バリの美女が俺のチンポに夢中だと思うとたまらず射精してしまった。

「ンゴオッ!ゲホゲホッ!、、オエッ!」

喉奥にいきなり射精してしまったからだろうか、咽せながら精液を口からドボドボと溢すナナオさん。

「す、すいません!我慢できなくて」

「り、量もスゴかねぇ~!馬かよwww」

咽せて涙を流しながらも嬉々としている。

「そ、そこ、、そこ座って!」

ナナオさんは俺をソファーに押し倒すと上に跨がってきた。

「すごかねぇ~、、イッたのに勃ちっぱなし、、、」

そしてそのままチンポを握ってズブリとマンコに挿してしまった。

「あっ、ああぁ~~!スゴかぁ~、、、」

何もしていないのにベットリと濡れているオマンコは俺のチンポを半分まで飲み込んだ。

俺にしてみれば脱童貞を果たした瞬間だったが、え、本番していいの?という驚きが大きくて感動している間もなかった。

ナナオさんはそこから一気に腰を下ろして、チンポを根元まで飲み込んだ。

「デッ、デッカい!デッカい!あぁ~~何これぇ~!!」

ちょうどその時、テーブルに置いてあったナナオさんのスマホが突然鳴り出した。

40分コースなのでもう時間なのかもしれない。

ナナオさんが俺に跨がったまま手を伸ばして電話を取った。

「もしもし、、はい、、、、あの、、延長いけますか、、?、、、はい、、あの、、ひゃ、120分です、、。すいません、、  体調不良ってことでキャンセルにしといてください、、、、はい、、」

どうやら勝手に時間延長しているらしかった。

そんなお金などない俺は必死に電話で話すナナオさんに向かって「無理無理!」というジェスチャーをした。

ナナオさんは電話を切ってから放り投げると、俺に抱きついてディープキスをしてきた。

「大丈夫、お金は貰わんけん、、」

そう言って腰を激しく上下に動かしてきた。

ビタンビタンと音を立てて打ちつけてくる。

「んぁーーー!ヤバッ!これヤバいっっ!!ああーーーーっ!!!」

背中を痙攣かせながら叫び続けている。

さすがに演技じゃないことは俺にでもわかる。

もう呆気にとられて傍観するしかなかった。

ナナオさんが奥までチンポを挿した状態で腰を前後に動かしだすと、先っぽにコリコリした感触があった。

これがカリを刺激してきてヤバい。

フェラで一度抜いた後じゃなかったらもうイッてたと思う。

「ナナオさん、、、  さ、先っぽに何か当たって、、ヤバいです、、w」

「そ、それ子宮、、子宮に、、オチンチン刺さってるけんね、、、ああっ!!、、、アグァッ!  ウゴッ!!  ンアアアーーー!!!」

とてもセックスをしていると思えるような声じゃない、さすがにホテルの人も110番するんじゃないかと不安だった。

しかしナナオさんのオマンコは気持ち良い。

どんどん熱くなってきてチンポに絡みつくようだ。

たまらずナナオさんの腰を掴んで下から突き上げた。

「ンアアア!!!!、、、シヌっ!、、、ンオオッ!  ヴヴヴぅぅぅ、、、!!!」

「スッ、ストップ!出そうです!ナナオさん!出そう!」

必死に訴えてもナナオさんは操り人形のように叫びながら腰を振り続けた。

そして俺が我慢できずに中出しすると同時に、ナナオさんは口から泡を噴いて倒れこんでしまった。

慌てて頬を叩いて起こすとフラフラになりながら目を覚ますナナオさん。

「だ、大丈夫ですか?」

「ヤバいね、、コレww  こういうこをチンポに墜ちるって言うんだねw  スゴっ、まだ中で勃っとう?」

「それより、、すいません、、中で出しちゃって、、、あの、、」

「ああ大丈夫ww ピル飲んどるけんねww、、、他のお客には中出しさせたりしとらんとよ?誤解せんでねww」

そう言うと立ち上がってフラフラとベッドまで歩いて行った。

四つん這いになって真っ赤になったオマンコにこちらに向けてくる。

「ねえ、、まだできると?ww 後ろからもされてみたいwww ねえ挿れて?」

部屋に入ってきた時の無愛想な女はどこにいったのか、甘えたような声でおねだりしてくるのがめちゃめちゃ可愛かった。

「できますw何回でもwww」

俺が枕元にあった備え付けのコンドームを手に取ろうとすると爆笑するナナオさん。

「そんなん(ホテルのコンドーム)が君のに入るわけなかろうもんwww  え、、ほんと童貞なん??マジ?w」

「いや、、あの、、はいww」

「やばっ、、可愛いw ハマッてしまうかもわからん、、、」

ナナオさんがまたこっちまで歩いてくると俺をギュッと抱きしめてキスしてきた。

そのあと更に3回エッチをして帰り際に電話番号まで渡された。

それからナナオさんとの付き合いが始まり、呼ばれるたびに高級な焼き肉やお寿司に連れてってもらってその後にホテルへ行っている。

もちろん毎回中出しさせてもらって、ナナオさんも失神するほどイキまくっている。

ナナオさんと付き合いだして少し自信がつきました。

続きもあるのでまた今度投稿しますw

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    コピペじゃないし実話?マジ最高です。続きも!

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。