処女 童貞

【ヤリマン】風俗嬢の姉と初体験をしたのですがユルマン過ぎて・・・

姉との初体験

投稿者は10代の男性。投稿者には1つ年上の風俗嬢の姉がいるのだが、ある日二人でお酒を飲んでいると、エッチの話になり童貞であることを姉に告げると・・・・

誰とでもエッチするヤリマン女性

えと、姉が風俗嬢なんです。

俺が2歳の時に両親は離婚して俺と1つ年上の姉は母子家庭で育てられました。

姉の人生が狂ったのは付き合う友達が良くなかったんだと思う。

姉が中2になった頃からヤバい人たちと遊ぶようになって朝帰りや家に帰ってこない日が増えはじめた。

髪の毛も金髪になっていったし、ピアスも自分で何か所も開けて、どんどん派手になっていった。

ある日、学校で知らない先輩から、「お前の姉ちゃんとヤラせてもらったわ。ご馳走さん」と声を掛けられてスゲえショックを受けた。

姉がいる人なら判ると思うけど、やっぱり家族だからそういうのショックなんだよ。

なんか、姉は毎晩ヤリ部屋みたいな場所に出入りしてて酒を飲みながら誰とでもヤッてたらしい。

中3になったころには町で有名なヤリマンお姉さんみたいな存在になってて、その弟の俺もヤンキー達に色々声を掛けられたりした。

姉が高校に進学してすぐに妊娠して学校を辞めた。

結局中絶してニート生活。

働いてもないのにブランド物のバックとか財布がどんどん増えるのでまあ援交してたんだと思う。

しばらくするとソープで働き出した。

ヤリマンの姉にとっては天職みたいなものだろう。

姉はそれを隠そうとしないので地元では誰でも知ってたし母親も公認してる。

ホテル住まいをはじめたらしく全く家に帰ってこなくなった。

2年後に突然帰ってきたときには赤ん坊を抱いていた。

誰の子?とは聞けない。

それからまた姉は赤ん坊と実家で生活をはじめた。

当時俺は高校3年。

ある日、母親が夜勤でいない日にリビングで姉と2人で夕飯を食べていた。

無礼講ってことで2人ともお酒を飲みながらね。

しばらくすると突然、「彼女はいるの?」って聞かれたので首を横に振る。

全くモテないし当時まだ童貞だった。

「女の子とエッチはしたことあるんでしょ?」

「ね、ねえよ」

「ふぅ~~ん」

しばらく沈黙が続く。

「何とかしてくれよ~」って冗談ぽく言ってみた。

もちろん深い意味はないが、勘違いした姉が、「相手してあげるよ」と言ってテーブルの上に座りだした。

そしてM字に股を開いてスカートを捲ると、パンティーをズラして俺を見つめてきた。

「いやいや!そういう意味じゃないよ!いいよ!」

初めて見るマンコだし、しかも姉のだしもう混乱してヤバかった。

「女とヤリたいんでしょ?好きにしていいよ」

「えっ・・・あ・・・うん」

もうセックスの誘惑には勝てなかった。

立ち上がるともう勃起してズボンがこんもりしてるのを見て笑う姉。

姉の前に立って震える手でクリトリスを触り出すと、「そういうのいいから。そのまま挿れな?」と言われパンツを脱ぐ俺。

姉がチンコを持って入り口まで誘導してくれたので、そのまま腰を前に突き出すとマンコにずぶずぶと入っていった。

中は湿ってはいるが濡れてはいなかった。

その時は初めてだし判らなかったが、今考えると何故入ったのか不思議だ。

ゆっくり腰を動かしはじめるも、全く気持ち良くない。

それから経験を積んだ今なら判るが姉は相当なガバマンだった。

風船にチンコを入れてるようで中はスカスカ。

それでも初体験だった俺は興奮して腰を振りまくった。

ちょっと角度を変えるだけでガバマンの隙間から空気が漏れて、「フシューー」とマン屁が鳴っていた。

姉は股を広げながら無表情でテレビを観ていた。

そんなに気持ち良くないのか?とショックを受けるアホな俺。

「男とエッチしてる時いつもそんな感じなの?」

「うん、まあ・・・・」

姉が地元の男たちからどういう扱いを受けていたか知っていたので、それを聞いてすごく哀しいというか、虚しい気持ちになった。

気持ちは萎えるしマンコはゆるゆるだし、童貞のくせに20分以上腰を振ってるのに全くイケる気がしなかった。

姉も全く気持ち良くないみたいで、声の一つも出すことはなかった。

せめて演技でも喘いでくれたらイケたのかもしれないが・・・。

途中で姉が半ギレになってマンコからチンコを抜き取って手で扱きだした。

めちゃめちゃ乱暴で痛かったけど、やっとそれで射精できた。

それが最初で最後の近親相姦。

なんか中途半端だけど一応姉で童貞卒業ってことになるのだろう。

あれから7年ほど経って俺はもう結婚して独立した。

姉はまだ風俗で働いてるみたい。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。