オナニー

【体験談】配管修理で伺ったお宅の奥さんが淫乱M女だった件

修理業者を誘う人妻

ある日の深夜、水道管修理の仕事をする投稿者の元に一本の電話が掛かり訪問することに。訪問宅の奥さん、何故か顔が真っ赤である・・・・

恥ずかしがる人妻

二年前の話。

恐らく一生忘れることの出来ない体験なのでここに書き残してみる。

夜中1時に待機所で待っていると一本の電話。

「あのぉ~トイレが詰まっちゃったんです!」

料金の説明をしていざ出発。

しかしこんな事三年も繰り返してると正直イヤになる。

水道トラブル、トイレトラブル、24時間365日。

大概、夜の依頼というのは馬鹿な故障が多い。

最近の俺が感じた酷いベスト3はw

1.ゲロで詰まらせた挙句、我慢出来ない大便までしといて「詰まっちゃった」と電話してきた中年おやじ。

2.お湯が出ないと半狂乱になりながら電話してきて結局スイッチが入ってなかった水商売女。

3.一気に5個もコンドームを流し込み洗面台を詰まらせたDQN人妻。

どうせ今回もこんなもんだろうと道を急ぐけど渋滞や検問、工事や雨で到着はどんどん遅れる。

やっと到着したのはある区の巨大集合住宅。

呼び出しに答えた女性は何故だか工具箱もってる俺を「早く!早く閉めてください」と玄関に引っ張りいれる。

トイレに案内されるとそこは綺麗なトイレ。

マットが敷いてあり、便座カバーとかもオシャレ。

良い匂いするし、消臭スプレーとか、ペーパーハンガーとかもこだわりの一品!という感じで高そうだ。

でもなんだかおかしい。

ず~っとブ~~~と音がしてるんだ。

換気扇の音でも無いし、トイレの便器の下辺りから聞こえてくる。

それに便器が微かに震える振動が伝わってくる。

俺は直感した!絶対バイブを詰まらせたんだ!と。

でも知らん顔してとぼけてみる。

水を流すと詰まってなんかなくて、実際流れてしまうんだよ。

「奥さん?水流れますよ?」

「いや・・・その・・・もう少し見てもらえます?」

「良いですけど、何か御流しになりました?」

「いえ、特には・・・」

これがDQN面のクソ女だったら速攻帰るんだけど、一応可愛い人だったんでもう少し見る事に。

顔は芸能人で言えば、乙葉みたいな感じ。

ちょっとぽっちゃりだけど決してデブではなく小さい奥様、というイメージ。

その日は白いエプロンで真ん中にミッフィーとかかいてあるキャラクターエプロン。

下にはジーパン、上はピンクのTシャツ。

胸は盛り上がってる方じゃないけど、程よい膨らみ。

尻はジーパンで隠されて判らないが大きめ。

便器からはブ~~音が衰えなく響き渡る。

奥さんだって判ってるはず。

なのにとぼけてる。

でも顔は赤いし、もじもじしてるし、何か変。

手袋してごそごそと内側を探ると手にブルブルと感触が!おお!これなんだよ?

なんとか掴んで引っ張ろうとするが表面がつるつるしててなかなか取れない。

トイレがガチャっと開き奥さんが「あの、何か詰まってますか?」と聞いてくる。

「今もう少しで何か取れそうなんですが・・・」

「えっ!そうなんですか?」

「えぇ、もう少しです、あとちょっとで・・・」

ガサゴソとなんとか掴んで引っ張るとちゅるんと取れる。

そこに握られてた物は・・・やはりバイブだった。

俺の手袋の中でブゥィンブゥィン唸ってるその物は、先端がキラキラ光るLEDで飾られウネウネと動き、駆動部は完全防水で水さえ寄せ付けぬ高級仕様。

俺と奥さんは固まってたw

同時に「あっ!」と言ったまま止まってしまう。

こんな、こんなバイブをこの人妻がグリグリ自分の股間に押し付けてたかと思うとすごい興奮した。

「奥さん、これでした・・・」

「あぁ・・・そうですか・・・はずかしい」と言うと両手を覆ってその場にしゃがみこんでしまった。

「あの奥さん?すいません、これ処分しますか?」

突っ立っててもしょうがないのですぐさま回転を止めて聞くが、あまりの恥ずかしさで下を向いてしゃがんだまま泣いてる。

「あの~こんな事言うのはなんですが、結構いるんですよ~」(いねーよ!)

とごまかしを言うが反応が無い。

そそくさと道具を片付けて、手を洗わせて貰おうと「水道お借りします」というとやっと奥さんが立ち上がり「今、お茶入れますから!」

「おかまいなく」

「いえ、今、今入れますから」

紅茶を頂きながら話をするも、そのバイブが気になって仕方が無い俺。

そしてそのバイブが発見された事の恥ずかしさに我慢出来ない奥さん。

すごく気まずい雰囲気。

「今主人が出張中なんで」と言い訳がましい事言っているが、何を話してもバイブに話が行き着いてしまう。

(旦那居ない→身体持て余す→バイブでオナニ→トイレに落とす)

「一人だと何にも出来ないんですよ私」

(一人で出来ない→暇→時間持て余す→バイブでオナニー→トイレに落とす)

「歳は私と同じくらいかしら?」

(同じくらい→旦那は年上→夜不満→バイブでオナニー→トイレに落とす)

「パソコンも使い方わからなくて」

(エロサイト見る→我慢できなくなる→バイブでオナニー→トイレに落とす)

「水の元栓すらどこにあるか」

(元栓探す→バイブ隠し場所→そのままオナニー→トイレに落とす)

「この紅茶はインドでも有名なものなんですよ」

この質問で我に返った。

「あぁ~そうですか、とても美味しいです」

「あの・・・」

また俯いたまま話そうとしない。

「先ほどの件なんですが・・・」

「はい」

「そのぉ~軽蔑してますよね」

「いいえ別に・・・確かに興味は無いのか?と言われれば嘘になりますがけれど、大事なお客様ですから、保守義務もありますし、ご安心下さい。」

確かに美味しい紅茶だった。

部屋は綺麗だし、巨大プラズマTV、高級そうなオーディオ。

そして床暖房の面積が廊下まである様な高級なマンション。

それにこの奥さん、言葉使いは丁寧で相手に失礼の無いようにと気を使って話してるし、派手なアクセサリは一切無く、化粧も程よく自分を綺麗に見せる方法を良く知ってるという感じ。

要は生活感の無いモデルルームみたいな部屋だった。

「そろそろ、ご家族の方もお帰りだと思いますので失礼します。ご馳走様でした。」

「えぇ・・あの、お代は?」

「あぁ、そうですね、今明細書きますね」

エロい胸元見てたらすっかり書くのを忘れてた。

「お酒とかはお飲みになられるんですか?」

「えぇ、まぁ軽くなら毎日飲みますよ」

「そうですか、今日はお車ですか?」

「えぇ、営業車なんで」

危なく報告書に「バイブが詰まってた」と書き込みそうになってしまったw

紅茶を片付ける時に尻が見えたんだけど、どうもおかしいんだ。

尻の下、つまりマンコ部分が濡れてる色してるんだよ。

トイレ使えないからちょっと漏らしたんじゃないか?と思ったんだけど・・・

報告書を書いて見せると「まぁこんなにお安く?」

「えぇ、奥さんが綺麗な場合は割引してますw」

「まぁうれしい!」

実際割引してるというのは嘘だけど、まぁバイブの想像もさせてもらったし、お漏らし気味の尻も見せてもらったし。

正直割引して後は自腹でもいいかな?と思った。

「記念にお持ち帰りになります?w」

そんな冗談を聞くとは思わなかった。

「はははw使う相手が居ないんでいいですよ」

普通に返した返事だと思ったんだが・・・

「私で使ってみます?」

「えっ?・・・・・・・・」ぽかーん

「いや、でも、奥さん?」

「あら、そんなにイヤな顔しなくたっていいじゃない?」

「いやぁ~そうじゃないんですw」

一歩一歩近づいてくる・・・手を取られ何故か股間へ。

やっぱり熱い位濡れてる。

ジーパンが湿り気というよりびちゃびちゃだ。

「んんっ!」

ジーパンの上からこすってみたが肝心の穴周りは何かで埋まってる。

ホックに手を掛け脱がそうとすると「お願い、軽蔑しないで!」

小さくコクリと頷き膝下まで脱がす、そして白のレースの中から手を入れると、少な目の毛の奥に割れ目に刺さってる何かに当たる。

ディルド突っ込んでる!

「あぁ、軽蔑した?お願い!軽蔑しないで」

「奥さん・・・いやらしい」

そのままソファに押し倒すとすかさずジーパンを脱がし白いレースの横からまじまじと見る。

肌色のディルドが根元まで突き刺さり、レースのパンツを透けさせるほど濡らしている。

「こんな・・・修理しに来た俺の前でこんなの突き刺してたんですか?それも、こんなに濡らして!なんですかこれ?この刺さってるのは?」

「いや!言わないで!あぁ、ごめんなさい、はしたない女です!私ははしたない女です!修理の人の前でこんな太いのをマンコに突き刺してたいやらしい女です!」

そう言いながらグググっと身体が震えるといってしまった。

この人もしかして変態?というかドM?

旦那には理解されないのかな?

じゅるんとディルドを取るとはぁはぁと息をしている。

「次はあなたの番ね」

ズボンを脱がされ、かちかちのガマン汁が出ているチンポを一通り弄繰り回すと、唇に擦り合わせてカプリとくわえ込む。

中での舌の動きが強弱が付きかなり気持ち良い。

そしてこんなシチュエーションを想像してなかった俺にとって射精させるには十分威力を持っていた。

「奥さん、ディルド入れてご覧よ、オナニーしながら咥えて」

「うん」

自分でディルドを掴むと右手で出し入れしながらチンポを貪る。

「ほら!自分で入れて出し入れしてごらん!」

「そうだよ!奥まで!奥まできっちりはめてごらん!」

フェラの動きもかなり早くなりじゅるじゅると音出しながら頭が上下に揺れる。

咥えながら根本をしごかれると一気に射精感が高まる。

俺もガマンの限界だった。

「奥さん、出すよ!」

「あぁ・・・下さい!下さい!」

「しっかり飲むんだよ!白いの出してあげるから!」

「んふぅ」

頭押さえて喉奥へ。

ドクドクと射精。

大量の精子が口の中に放出されていくのが分かった。

余韻を楽しんでいる最中でも手は止めない。

「いっぱい出た?」

「えぇ、凄く」

奥さんはそう言うと、何の抵抗もなく大量の精子を飲みこんでしまった。

「じゃぁ次は奥さんの番でしょ?w」

「えっ?」

「だって奥さんMでしょ?」

「そ・・そんな・・・」

Tシャツ捲り上げて乳首吸い付き「だってほら、乳首こんなに硬くしてる!」

「いやぁ」

嫌とはいうが腰がクネクネ動く姿は淫乱人妻そのもの。

ディルドをあてがい高速ピストン。

「あぁあぁぁぁ」

「こんなの咥えちゃって、奥さんのすごいやらしい」

「あぁ言わないで!イッちゃう!」

後から後から溢れてくる。

バックスタイルにしてから覆いかぶさるようにしてまたおもちゃピストン。

「おぁそれダメ!それ・・・」

「こんな綺麗な奥さんがこんなにエロいなんて誰が知ってるの?」

「駄目ぇ~」

「ほら?イキたいんでしょ?」

「はい、イキたいですぅ」

「イク時なんて言うの?いつもなんて言ってるの?」

「あやの・・・あやのオマンコぐちゃぐちゃにしてください!」

この時初めて名前聞いたw

仰向けに戻して「そうか、じゃぁしっかり言うんだよ、いいね?あや」

「はい、はい」

この間のピストンは緩めで「ん?どうしたの?」

「あぁ、もっと・・・もっと速くしてください・・・」

「こう?」

ぐじゅぐじゅぐじゅ

「そう、あぁ気持ち良い!」

身体が震えてくる。

汗もびっしょりかいてTシャツはべとべとだ。

「あぁイキます!あやの・・・あやのオマンコ・・・あぁ!ぐちゃぐちゃにして!」

「イク!イクぅ~」

ディルドがぎゅっとしまって加速感が落ちる。

イキながら腰が上に浮いているのがいやらしい。

毛までべとべとに張り付いている。

はぁはぁとソファに横たわると「こんな・・・こんな気持ち良いイキ方初めて・・・」

「じゃぁコレ入れますよw」

チンポを指差す。

ぬれぬれの壁を掻き分け入ると、ぶちゅると汁が湧き出す。

「あぁ・・・だめぇ・・・他の人のおちんちん入れるなんて・・・」

「あやは他人のチンポ好きなんだよな?」

「いやぁ言わないで、言わないでぇ」

正常位のまま腰をかかえてうちつける。

もう興奮状態はピークなので、いつ射精してもおかしくない。

「あぁん、だめぇ、奥までいれちゃイヤ!」

「あやのやらしいオマンコはどんどん吸い込んでいくぞ!」

覆いかぶさって夢中でキスしながら耳元あたりで言葉責め。

「旦那とは違うチンポ気持ち良いのか?」

「気持ち良いです、あぁ気持ち良い」

「何処に出すんだ?ん?中か?顔か?」

「あぁだめぇお願いです、顔は・・・顔はやめて下さい」

ピストンを激しくするともうすぐ射精。

「出す時はいつもなんて言ってるんだ?」

「言えないです」

「そうか、エロいあやは言えないのか?」

クリを片手ではじくとビクンとのけぞり

「あやの中に頂戴って言うんだろ?」

「あぁ、駄目ぇもうイッちゃう」

「あぁ、出すぞ!あや!」

「んんっ、あやの・・・あやのスケベなオマンコに下さい!白いの下さい!」

「ほら!中に出すぞ!あやの中に白いの出すぞ!」

「あぁ、下さい、あやの中いっぱいにしてぇ!」

正直中出しする気なんて全然なかった、だってやばいし・・・

抜こうと思ったんだが、脚が絡みついて抜かせてくれない。

これにはかなりビビッた。

もろに出てしまった。

「あぁ!あや!」

「あぁきて!あやを犯してください!」

「出る!」

跳ね返るチンポ、締まる穴、脈打つ内壁。

頭が白くなるほどに覆われてゆく。

ちゅぽんと抜くと中からドロリと力なく垂れる。

「中に出ちゃったよ」

「あぁぁでもいいの、気持良かった。」

汗だくのあやさんを抱えて立たせると床にポタポタと垂れる。

「あぁごめん垂れちゃってる」

パンツをはこうとしてるのでまた後からそっと忍び寄り「あやの淫乱マンコどうなったか見せてごらん?」

「はい」

ソファに寄りかからせてM字にしてみる。

「自分で開いてごらんよ」

「はい」

「いいよ、クリこすってごらん」

「はい」

しばらくすると声が大きくなり始めクリは大きく勃起している。

あやは俺の目の前で、言われるがままにオナニーを始めた。

「気持ち良いのか?」

「はい、気持ち良いです」

「そんなにクリこすって、いやらしいねあやは」

「あぁぁ」

「またおちんちん欲しいのかい?」

「あぁ下さい。おちんちん下さい。」

ソファの尻にまでべっとりと濡らしながらのぼせた顔で懇願してくる。

そして少し萎えた俺のチンポを口に含んで、唾液たっぷりのフェラチオをしてくると、俺のチンポはあっという間に復活した。

「どこに入れればいいのかな?」

「あやの・・・あやのオマンコにはやく入れてください!」

「よし、良い子だねあやは」ズブリ。

久々の三回戦で張り切りすぎたのかかなり腰が痛い。

あやを上にして今度は騎乗位にしてみた。

「自分の好きなように動いてごらん」

「はい」

髪を振り乱し、俺の胸に両手をついて激しく上下している姿はかなりの刺激が脳を襲う。

下からおっぱいを刺激してあげると、あやの声は一層大きくなって淫らになる。

「出していいのか?」

「あぁ、出してください、あやの中に出してください」

「よし、あやの綺麗なマンコを白いので汚してあげるからね」

「あぁぁ汚して下さい、あやのを汚して下さい」

「あぁ!あや!出すよ!」

再びビクビクと腰が動くような感覚で射精。

「あああ・・・出てる、熱いの出てる・・・」

抜かないでそのまま、しばらくしてるとちゅぽん。

さすがに俺も疲れたし、相手はもっと疲れたみたい。

「もう眠そうですね」

「えぇ・・・」

「あのぉ」

「はい?」

「また修理来てもらえますか?w」

「いいですよw」

帰ってから、いつまで修理してんだよ!と怒られ、お金は自腹。

でも、この体験だけは忘れられない。

それから一ヶ月、ご指名とか笑いながら携帯に電話きて毎回仕事さぼって行ってた。

突然引っ越して会う機会は減ったけど、年に3回位は近くに帰ってくる事があるらしく「あのぉ~トイレが詰まっちゃったんです!」という表題でメールしてくる。

家族で幸せに暮らしているとはいうが旦那さんにはその性癖を一切出していないらしい。

だから会うと乱れまくり。半年分の溜めたものを出すというかドMな女に変身する。

俺の脳裏からどうしても剥がせない女になってしまった。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。