SM -M女とご主人様-

【SM】出会い系でゲットしたドM女を動画にアップしてみましたww

出会い系でSMプレイ

投稿者は30代の男性。出張で大阪に来た投稿者は、出会い系サイトで一人の女性と会うことになった。早速SM器具が揃ったホテルに直行すると・・・・

出会い系でエッチするM女性

36才、サラリーマン、S男です。

大阪に出張したときの話をします。

元々関西出身で就職は東京で決めたもののやっぱり久しぶりの大阪は水があってる感じで伸び伸び感が違います。

仕事が17時に終わって飲み会もなかったので大阪駅前のホテルへチェックイン。

呼ぼうかな、デリヘル。

さっきチラシもらってたな・・なになに、60分27000円だと!?

高いわッ!M性感かっ!

困ったときのPCMAX。

早速駅前のネカフェで裏プロフ見てちゃきちゃきのM女子を探してみました。

うほ、いるいる!

とりあえず6人にサイトメール送信。

・・返事がない、では次の6人GO。

・・無反応、もう一丁6人へ発信。

あかん、もうこのまま新幹線乗って東京に帰ろうかな、と思ったとき!

キタキタ返信来たーっ!!

“今すぐ会えますか?”だってさ。

業者っぽいけど、まぁいいや。

東口の噴水のところで待ち合わせ。

白いブラウスにタイトスカートでセミロングか・・

居ないなぁ、ダマされたかなぁ。。

「あのぉ~」

背後で声がするので振り向くとうわわっ!なにこれすごいやんっ!

年齢は30前後ですらり足長、足首キュッ!

目元キレ長で口小さく、胸はCくらいはありそうなボリュームでうむ、丁度いい!これはイイ!

業者っぽいと思っていましたが、全くの素人さんでした。

顔ももろタイプ、これは稀にみる大当たりです。

和食の店に誘ってしっかり食べて。

名前は梨恵さん、独身だなんてもったいない。

いよいよホテルへと思ったんだけど、駅前のシティホテルじゃあ味気ないし。

堂山町にSMルームのラブホがあるはずなのでそこへ直行しました。

おお、確かに昔のまま営業中でしたよ、嬉しいな。

部屋に入ると壁じゅう拘束器具だらけ。

特にイスはM字開脚完全固定モノが3つも。

見てるだけで興奮しますね。

チラリとセミロングのほうを伺うと、うつむいてほっぺがピンクに。

うっはぁ~、こりゃたまらんわぁぁ!!

この時点でドMであることを確認しました。

「・・シャワー浴びてきていいん?」

「は?」

「・・いえあの、このままやったら、あの、」

「なんです?」

「ニオイ、気になるやん。汗も。」

おおぉ、久しぶりに聞く関西弁やぁ、ええなぁ、もう今夜は最高やわ~っ!!!

関西弁のM女を支配する、これほど幸せなことはありません。

「ダメ。」

「えっ・・」

「シャワーを浴びるの、許しません。」

「えぇ~、なんでやの?そんなんイヤゃぁ」

「それそれ!」

「なによぉ?」

「梨恵さんのイヤがること、したい(ニヤリ)。」

「そんなあほなこと言わんといて、お願いやから、、」

うはぁぁ、ゾクゾクする。

宣言通り、服は脱がしたもののシャワーなしで手かせ足かせ状態にしてM字開脚完全固定イスへ。

脱がしてみると乳首も凄く綺麗で、マンコの毛もしっかりと手入れされていました。

剥ぎ取ったブラとパンティを鼻に持ってきて、くんくんとニオイを嗅ぐポーズを。

恥ずかしさに視線を外す梨恵さん、「もっとどスケベなことするよ。」

梨恵さんの前にヒザを曲げて進み、まさにその股の間に顔を入れてみました。

左右に開かれた脚の間で、毛とともにぷるぷる震えている肉びらが見えます。

M字開脚なのに肉びらはまだ閉じてる・・あ、そうか!濡れているから肉びら同士くっ付いているのか。

その二枚合わさった頂点の部分に自分の鼻先を付けてみて、思いっきり空気を吸い込んでみました。

淫靡なチーズがとろけ出したようなむせ返るニオイが鼻の奥に広がります。

「あああ~っ、は、恥ずかしいぃぃッ」

「匂うやろぉ?クサイやろぉぉ?」

「あかん、あかんて、、」

「汗と、おしっこと、お汁と、、」

「あんもぅ、あほぉぉ~、嗅いだらあかんてッ」

「シャワーも浴びてへんのにぃ汚いやんかぁぁ」

「ひぁぁ、舐めたやろぉ、舐めたんちゃうん?」

「ぁああぁぁっ、舌なんかあかん、舌なんか、、」

クリトリスを剥いて左手の指でつまんでから右手の指3本を割れ目から穴へ。

空いてる小指を根元までアナルへ。

ローションも付けずにそのままズブリと突き刺しました。

「どうだい?」

「・・ぅぅあ、」

右手をゆっくりと出し入れし始めます。

それにあわせて股を閉じようとする梨恵さん、閉じることはできません、絶対に。

動きの激しさを増します。

小指が一度アナルから飛び出してしまったのでまた刺し直して、激しく激しく責め立てます。

「もうあかん、私あかん、」

「割れてない?割れてるやん、パックリ割れてるやんかぁ、」

「指ぃ抜いてぇ、お願いやから、」

「そこから抜いてぇ、しんでしまうぁぁ、」

「早よ抜いて、なんで抜いてくれへんのん?」

抜いてくれへんって言いながら腰振ってる。

こういうトランスしたM女ってしびれるほどイイ。

「抜く前にイクとこ撮ろうか。」

スマホを取り出して動画に設定、床に置いてスイッチON。

「やだぁぁ、撮らんといてぇ~ッ」

「抜くなとか撮るなとか、うるさいな。どっちもする!」

「あああ、ああ、イヤあぁぁ~っっ」

身動きできないもどかしさに体をよじらせてイヤイヤをする梨恵さん。

そうか、まだそんな余裕があるのか、じゃあこうしてやろう。

「いい動画が撮れたよ。ネットの掲示板に貼り付けるね。」

髪を振り乱しながら拒否してるけど、そんなのカンケーない。

「動画の題名は、“梨恵のオメコ姿見てください”にしよう。」

目を見開いてダメやめて!を連呼してるけど、絶対やめない。

「顔もしっかり映ってるし、これは恥ずかしいね。それじゃあ、」

ポチッ!全世界へ配信完了。

泣き叫んでるよ、うほほ、たまらん!たまらんわぁ!

その拘束した体勢のまま、カッチカチに反り返った肉棒で動画の主役を貫いてやりました。

愛液が飛び散り、潮が湧き出して辺り一面ぐしょ濡れに。

子宮の感触が亀頭に伝わって、ゴムし忘れてることに気づいたけれど、時すでに遅し。

精子は肉棒を通り過ぎて亀頭の入り口に達していたのでピストンのたびに少しずつ漏れ、最後のひと突きで栓が外れたようにドバドバと噴き出してしまいました。

子宮に精子が隙間なく満たされていきます。

梨恵さんの口からはヨダレ、すでに意識はなく腰と太ももを小刻みに痙攣させています。

あ~気持ちいい!夜はまだまだこれからで、どうやって責めてやろうか迷ってしまいます。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。