寝取られ

【痴女】姉には勿体ない彼氏だったので誘惑して寝取ってヤッタwww

姉の彼氏を誘惑する妹

投稿者は20代の女性。姉の彼氏がイケメンだったため、寝取りたくなってしまった投稿者。ある日、家で姉の彼氏と二人きりになり、早速彼氏の上に跨ってアソコを擦りつけてみると・・・・

姉の彼氏を寝取る女性

姉の彼氏にちょっかいだしちゃった~。

ついに姉に彼氏ができたと思ったら、某大手企業勤めのイケメンくんだったので、寝取っちゃいました。

私は女子大生で、姉は2年目のOLです。

姉はどちらかというと大人しいタイプで、ぐいぐい引っ張ってくれるイケメンくんに押されて付き合いだしたらしいです。

私好みの日に焼けた筋肉ムキムキ系のイケメンです。

エグザイルにいそうな感じ。

だから、姉がこういう人と付き合うとは思っていなかったので、びっくりしたの。

両親が出かけているときに、私を紹介してほしいって言われたらしくて、実家で会うことになりました。

気さくでめっちゃ喋ってくれるし、話もおもしろい。

姉にはもったいないなと思いました。

エッチ大好きな私は、ハンターになっちゃいました!

丁度、アイスコーヒーがなくなっていたので、姉に買いに行ってもらっている間に、彼氏クンとお話し。

なんで姉と付き合ったのかとかいろんなこと質問攻めしちゃった。

姉は何でも言うこと聞いてくれるらしいです。

なんとなく想像できちゃった。

わたしもなんでもしてあげるし、ちょっとでも若くてかわいい方がよくない?って言って、ソファで隣に座ってる彼氏クンにボディタッチしまくり。

びっくりして、目が泳いでる彼氏クンの上にまたがって、対面座位みたいな形でギューってして、オマンコ押し付けるようにグイグイって擦り付けちゃった。

それから彼氏クンの乳首をツンツン攻撃して、耳に息を吹きかけて誘惑しました。

「ちょっとだめだよ」とかいう彼氏クンに、「えーでもここおっきくなってるよ?」って、おちんちんのあたりをさわさわタッチして、感触を確かめました。

どんどん硬くなってくるおちんちんを触りながら、「ねー、したくなってくるでしょー?」って上目遣いできいてみたら、満更でもない表情をする彼氏クン。

チュって口に軽くキスをして、首筋にも軽くキス。

そうしたら、我慢できなくなったのか彼氏クンのほうからぶちゅーってキスしてきました。

すごく激しいキスで私もテンションが更に上がって、舌を絡めて応戦しました。

キスをしながら胸を触ってくるので、私も負けじと彼氏クンのあそこをまさぐりました。

それからは彼氏クンに押される形で服を脱がされ、全裸になって絡み合いました。

姉が帰ってくるかもしれないので、あまり時間がなかったんだけど、すでにぴちゃぴちゃと濡れている私には丁度よくて、まだカチカチになっていないおちんちんを「いれてー」って言って、近くに用意してたゴムをかぶせて、即挿入。

彼氏クンがちょっと戸惑いながらも、少しづつ興奮して火照っていく顔がたまらなくて、めちゃめちゃ腰振っちゃった~。

凄く気持ち良くて、あともう少ししたらイッちゃいそうに・・・。

でもそしたら、車の音が聞こえてきて、「あ、ヤバイ~お姉ちゃんくる~」って言ったら、すぐにおちんちん抜かれちゃって、終わっちゃいました。

なんだか不満の残るエッチになっちゃって、私の性欲も中途半端に・・・。

きっと彼氏クンも同じだったんだと思います。

私は自分の部屋に戻りオナニーで慰めました。

姉の前では、平然とした素振りを見せていましたが、彼氏クンが帰宅してからメールをもらいました。

『今度ウチにくる?』っていうお誘い。

姉には悪いけど、もちろんOK。

予定の合う日に、彼氏クンのお家に行って、満足するまでエッチしちゃった~。

姉と比べて、断優奈ちゃんのほうがいいよって言われてしたり顔になっちゃったよ。

そんな話をしながら、騎乗位で腰振りまくって、アンアン感じながら何回もエッチしちゃった。

「優奈のおまんこのほうが気持ちいいでしょ~アンッ」って感じで。

乳首を彼氏クンにイジられながら、上下に擦り続けてイっちゃった・・・。

まだまだカチカチになっているおちんちん。

最後は正常位で彼氏クンもイっちゃいました。

姉はマグロで全然動かないんだって。優奈ちゃんのほうがエッチでいいな~って言われたけど、「こっそりするから気持ちいんだよ~」って「背徳感があるほうが燃えるでしょ?」ってたしなめて、その日はお別れしました。

姉とは毎日顔を合わせるけど、普通にしてます。

全然気づいてなさそう。寝取っちゃったなんて話したら、倒れちゃうだろうなー。

姉から話を聞きだして、これからもっと彼氏クンが私の虜になったらいいな~なんて考えちゃってます。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。