中出し

【体験談】還暦未亡人、10年ぶりの肉棒を味わう

60歳のセフレ

高校時代に母親ほどの歳の女性と初体験を済ませて以来、根っからの熟女フェチになった投稿者。今のセフレはなんと60歳のおばあさんだとか・・・・

年老いた未亡人

俺の初体験は熟女、といっていいのか、36才の人妻さんでした。

当時高校生だった俺は、その人妻さんに鍛えられ、熟れた身体に魅了されたのでした。

同年代の女の子とも付き合いましたが、熟れた身体がどうしても忘れられず、20才過ぎから出会い系で熟女を漁り、40代バツイチとも付き合いました。

その後はなかなか出会いに恵まれなかったんですが、今は60才のセフレがいるんです。

きっかけは地区公民館で行われている、麻雀クラブです。

広報の部員募集をたまたま見て、公民館に問い合わせたところ、お年寄りの集まりですよと笑われたんですが、見学させてもらいました。

50代~70代男女数人、俺はそのとき、こいつだ!と思った熟女がいて、クラブ参加を決めました。

しかも都合の良いことに未亡人の一人暮らしと、絶好のターゲットでした。

邦子、色白で豊満な肉体、卓の向かいに座ると、ついヨダレが垂れてしまうくらい、きっかけを探ってました。

邦子、60才の誕生日、クラブで還暦祝いしてやろうと飲み会を企画され、俺も参加しました。

回りはみんなお年寄り、その中で孫みたいな俺一人です。

まだ若いとか、適当に邦子を持ち上げ、俺邦子さんの彼氏になりたいなとか。

酒の席ゆえ、邦子も真君彼氏なら嬉しいなとなり、場を盛り上げました。

飲み会終了、酔った邦子はみんなから若い真君に送ってもらいなさいよとなり、タクシーで邦子宅まで送ることになりました。

介抱するふりして玄関まで、俺は玄関でさっき飲み会で言ったことは本気なんだよと迫りました。

最初は笑っていた邦子、でもキスしようとしたら、真顔で軽く拒否されました。

でも本気の拒否ではなく、戸惑いといった様子から、俺は押しました。

邦子にも欲求というのがあったようで、結果は同意してくれました。

その趣味がない人にとっては、邦子は単にデブったおばさんかもしれません。

白い肌にどこもかしこも丸々した身体、おっぱいも引力に負けてました。

でもその迫力は素晴らしく、邦子の裸を見ただけでイキそうでした。

邦子は本当にこんな私で良いのか、何回も念を押しました。

俺はパンツを下げ、イキそうなくらい勃起したチンコを見せました。

これが答えですって気持ちでした。

邦子は目を丸く見開き、驚いている様子でした。

ご主人を亡くされて6年になることは知ってました。

セックスから何年遠ざかっているかを聞いたら、10年近くと邦子は答えました。

俺は邦子を抱きしめました。

フカフカな身体はお酒が入ってるためなのか、それとも興奮からなのか、熱をおびてました。

キスすると、邦子はチンコを手にしました。

そして優しく握り擦ってきました。

邦子を寝かせ、乳房を寄せあげて両乳首を一気に舐めました。

おうっ!

オットセイかアザラシみたいな、唸るような邦子の声が響きました。

乳首が敏感ながら、乳首を舐めるとアザラシのような唸り声が更に大きくなり、興奮させられました。

そして無我夢中で乳首やマンコを刺激してやりました。

おうっおうっおうっ!

今まで経験のない、独特な邦子の喘ぎ声に、俺は更に興奮しました。

邦子は愛撫されながら、とにかくチンコを触りたがりました。

でもあまり触られると、早々に出てしまいそうな俺でしたから、なるべく触られないよう、ちょっとした攻防がありました。

お臍まで隠れるようなベージュのパンティを脱がすと、大きく盛り上がった、というより垂れたようなモリマンが現れました。

陰毛は痩せ細り、ほぼパイパンのような感じです。

そして無臭。

ちょっと濡れにくいかな、と思いながらも、次第に量が増していき、もうペニスを入れても良いかなと思って、邦子に確認しました。

ゆっくり優しくお願いしますと言われて、挿入しました。

おうっ!

一際強い唸り声、中は温かいを完璧に通り越してあっついくらい、そして更に驚いたのが、ブヨブヨした身体に似合わない締まりの良さでした。

チンコをマンコでギッチリ掴み取られたといった感じでした。

あまり早すぎると邦子に笑われるんではないか、焦った俺は、物凄くスローなペースで、チンコを出し入れしました。

邦子の独特な唸り声は潜め、多少息を荒くしてる程度、このままではダメだと思いました。

邦子さん、めっちゃ中締まり過ぎる、とりあえず一回出してしまっても良いか、聞きました。

うん。

スローペースから一気にギアを上げました。

おうっおうっおうっ!

邦子さん出ます!

中にドバドバと吐き出しました。

おう~~~!

犬の遠吠えのような声でした。

惨めなくらいの早漏でした。

大量の精子が邦子さんのマンコの中に放出されました。

身体を密着させ、俺は邦子の耳元でつぶやきました。

「早すぎた、申し訳ないです。」

邦子は俺の背中を労わるように、さすりました。

「そんな良かったの?」

「締まりがハンパじゃないですよ。」

「そうなの?子供二人いるんだけど。」

「今だってキッチリ捕まれてるみたい。」

「意識してるつもりはないけど。」

俺は密着状態から身体を起こし、チンコを抜きにかかりました。

その時だって、絞り取られるような、抜かれたくないみたいな、抵抗力を感じながら抜きました。

中に出たはずの物が出てこない、指で開いて、ドロロっと出てきました。

邦子にフェラをお願いしました。

さっきは愛撫中、チンコを触りたがった邦子、好きにさせました。

舐める、しゃぶる、吸う、触る、しごく、久しぶりのチンコを堪能してるみたいな様子でした。

邦子のフェラは今までされたフェラの中でダントツに一番上手くて、あっという間に復活してギンギンになってしまいました。

今度は邦子に満足を与えなければ、妙にプレッシャーを感じました。

とにかく邦子に、おうっおうっを何回も言わせる、最初からハイペースに飛ばしました。

おうっおうっに、時々おほっという唸り声が混ざる、邦子の乳房、腹がブルンブルン揺れるくらい飛ばしました。

バックからすると、邦子のお尻を打つ、パンパンとした音が響き、邦子の垂れた乳房は布団に擦りつけられてました。

ちくしょう、本当に還暦なのかよ、付き合った同世代の女より締まるじゃないか、反則技だよ、邦子、早くイケよ、俺がまたイキそうだよ、などと思いながら突きまくりました。

おうっおうっ!おほっ!おうっ!

邦子の中の力が更に力強くなりました。

あっ!こら!そんなにしたらダメ!

そう思った瞬間、邦子に聞きました。

「絶頂にイケそう?どう?」

「おうっ!おほっ!イ、イ、イグ~!イグ~!」

ドバドバッ!

おう~~~!

前のめりに崩れました。

もうグダグダでした。

うつぶせに寝て、しばらく動けませんでした。二人共汗びっしょりです。

少しして、邦子がうつ伏せのまま、俺の方を見ました。

にこっと笑いました。

俺も微笑み返しました。

「そんなに私の中って凄いの?」

「凄いなんてもんじゃない、俺、年近い女の子二人と付き合ったことあるけど、その子達に負けてない、いや邦子さん勝ってるよ、間違いなく。」

「旦那にも言われた、子供生んで体型変わっても、ここは変わらないなって。」

「やっぱり、旦那さん、沢山求めてきたでしょ?」

「うん、癌発覚して闘病生活になる直前まで、ほとんど毎週だった。」

「ほんとにそれ以降はしてないの?」

「言い寄ってきた男性はいたけど亡き旦那に悪いなって思って。」

「どうして俺は良かったの?」

笑いながら答えてくれました。

「そりゃさ~、若い真君から言い寄られたらさ~、こんなおばさんでもコロッとなっちゃうよ、こんなチャンス、ないんだから。」

「旦那さんに悪いって気、今もある?」

「・・・ちょっとだけ、ある、かな?」

邦子は身体を俺に寄せてきました。

そしてまたチンコを触りました。

チンコの触り方も絶妙で、男のツボを良く心得ているようでした。

三度、ムクムクと勃起した俺、それをにこにこしながら邦子は見てました。

「若いわね?まだまだ足りない?おばさんはもうクタクタ、眠いけど。」

「寝かせないよ。」

「んもう!」

流石に合計四回、終わった段階で邦子がギブアップして終了しました。

邦子に言われたことがあります。

「こうゆうのって今の若い子はセックスフレンド、セフレって言うんでしょ?私はそれで全然構わないから、若い彼女出来たら、そっち主体にしてね?私はそのおこぼれ程度でいいんだから。あとね、クラブんときは分けて考えて、クラブの方々とはいいお友達でいたいから、ばれたくないの。」

感度の良さ、締まりの良さ、垂れ巨乳、避妊必要無しの中出し特典、顔射口内射特典、未亡人一人暮らしの利便性、邦子の自宅が使えてホテル代はあまりかからない、たまにホテル使っても、金には困ってない邦子は割勘と言うし、こんな便利なセフレ、他に類を見ないと思います。

プレー上のNGは、野外やカーセ、アナル責め、ちょっと手を縛るとか目隠し程度ならいいけど、SM系がダメなくらいです。

実は前回セックスした時、終わった直後のぐったり邦子写メを一枚パシャリました。

怒って消去しろと言われると思ったら、「こんなおばさの裸撮って面白いの?」

それだけでした。

最初からパシャパシャ撮ると、拒否反応出そうなので、次回様子見ながら出来たらまた撮りたい、拒否反応ないようなら、パシャパシャ撮りまくりたい、ハメ動画とかにもチャレンジしたいと、夢膨らませています。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    俺もババ専なので還暦女とは何人もハメてきたけど、びっくりするほどマンコは無臭だし身体が柔らかい
    たまんねぇんだよな

  2. エッチな名無しさん says:

    ババアとか無理っす!(^-^)

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。