Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
レイプ

【体験談】ご近所にAV出演バレした人妻さん、町内の肉便器になる

素人がAV出演した末路

仕事帰りにアダルトショップで一本のAVを購入した投稿者。帰宅後にそれを見てみると、出演女性にどこか見覚えのあるような・・・・・

アダルトビデオに出演する女

いつも行ってる、私のアパートの向かいにある小さなスーパー。

会社帰りに寄りますが、夜のパートでレジに入ってるのが、名札から名前が榊さん。

年齢はだいたい50前後でしょうか。

ほとんどノーメイクで、色白で、ややぽっちゃり。

特に胸が大きいのが制服の上からでも分かります。

大体ここで、夕飯(とはいっても、缶チューハイと適当につまみになるおかずと)を買って帰ります。

榊さんとは特に会話もないのですが、ほぼ毎日行くので、顔を合わせると、「いつも、ありがとうございます。」と、やさしく返してくれます。

そこから私はレンタルビデオ店に行くのですが、たまたま手に取ったAVが熟女物のオムニバスで、面白そうなタイトルだったので借りて帰りました。

家に着いて晩酌しながら見ていると、2人目に榊さんに似た女優さんが・・

店で手に取ったパッケージでは、写真が小さい上に目線が入ってましたし、映像でもメイクしてるし髪を降ろしているので、パッと見は雰囲気が違ってて気づきませんでした。

最初は似てるだけかと思ってたら、声も似てるし、髪をかき上げた時に見えた右耳の前にある大きなホクロが、いつもレジで見るのと全く同じなので決定的でした。

作品としては近親相姦のイメージで、息子役の男優さんとの絡みで、最後は中出しされていました。

やはり、特徴の大きな胸も全開で、男優さんのペニスをパイ擦りしたりして、次の女優さんとの作品との合間では、入浴シーンがあり、シャワーの後に立ったままカメラに向かっての放尿シーンも。

まさか、あの榊さんが、こういうことをしてるんだと思うと、いつもより多くオナニーしてしまいました。

ネットで調べたら、単発で2本ほど見つけ、何かこれをネタに落とせないかと考えました。

土曜の夜、雨で他の客がいない時に行動に移しました。

ネットからパッケージ写真をプリントしたのを用意し、適当に商品をかごに入れ、榊さんの居るレジに。

会計を済ませ、レジ横の台へ移動する前に榊さんにプリントしたのを見せ、「これ、榊さんじゃない?」

それを見た彼女、「あっ・・・あの・・・これは・・・」と慌てた様子。

私はすかさず、「向かいの**ハイツの○号室、私の部屋なんで。終わってから来てくれます?」と告げて、店を出ました。

閉店時間後、しばらくして、部屋のチャイムが。

出ると、私服姿の榊さんが立っていました。

彼女を迎え入れ、適当に座ってもらうと、「あの・・・あれは誰にも黙っててください。」

「それは、公言するつもりはないですよ。いろいろ事情もあるでしょうし。でも、それは榊さん次第ですよ。」

「私次第?」

「大人なんだし、分かりますよね。別にお金で口止めしようとかじゃないんです。前から気になってたんですよ。」と、彼女の後ろに回り、胸を揉む。

「あぁ・・・ダメよ・・・」と言いながらも拒む感じはありません。

キスしても受け入れ、積極的に舌も絡ませてきました。

「じゃ、脱いでもらおうかな。」というと、恥ずかしがりながら脱いでいきました。

憧れの巨乳も露わに。

テレビで見たままの乳輪に乳首。

ただ、年数が経っているせいか映像のよりは若干垂れている印象。

「じゃ、AVでやってたみたいに今度は俺のをしゃぶって」

そういうと、榊さんは私のズボンとパンツをずらし、ペニスを咥えてきました。

「美味いか?」と聞くと、眉間にしわを寄せ、私を見つめて、咥えながら頷きます。

普段のレジの時と違う、淫靡な雰囲気で、更にこっちも興奮してきて、勃起度も最高に。

榊さんも、時々口を離し、「硬いわ・・・美味しい・・・お汁もいっぱい出てきたわ・・・」と言いながら、ジュルジュルと音を立ててしゃぶっていました。

今度は69の体勢になり、彼女のアソコを舐め回します。

AVじゃモザイクで分からなかった割れ目は、思いのほか色素沈着が少な目です。

ぷっくりした大陰唇周りのお肉を指でかき分けると、小さなクリトリスが露わに。

小ぶりなクリトリスに吸い付くと、「んっ・・・うーーーー!!」と感じて、私の唾液以外の愛液もどんどん溢れ出てきました。

私が榊さんに口で逝かされそうになる前に、身体を起こして、彼女を四つん這いにしてバックから挿入。

「あぁーーー!いいわぁーー!」と言って感じています。

一応AV出演していたので、演技も出来るのかもしれませんが、角度変えて突いてたりすると、時々身体を硬直させ、潮かお漏らしか分かりませんが、床にシミがいっぱい出来ました。

最後は正上位で、「い・・・イクぞ・・・」

「あぁん・・・来てーーー、いっぱい頂戴!!」

そして、私は榊さんの中にたっぷり射精。

しばらくそのまま抱き合って、萎えるまでキスし合っていました。

中出ししても平気な日だったのかと聞くと、なんでも数年前に子宮筋腫の手術をしたのでもう子供のできない身体だそうです。

ペニスを抜いて、精液が出る様子をスマホで撮り、そして彼女は私のペニスを愛おしそうに舐めて綺麗にしてくれました。

その後、彼女のアソコもティッシュで拭いて、しばらくマッタリしてました。

話を聞くと旦那とは長年レスで、一度喧嘩して家出した時に、たまたまスカウトされ、家出の時のホテル代とか手持ちがそんなに無かったし、ギャラ即金だったので、勢いでAVに出演したのだそう。

ただ、出演は私が調べた2本だけで、まさか知り合いバレするとは思ってもみなかったそうな。

私に見せられて焦ったそうだけど、これ以上口外しないと約束して、肉体関係を継続し、時々彼女は仕事終わりに私の部屋に寄っては、SEXして帰ります。

まあ約束はしたものの、近所の仲良しさんに話してそのAVを渡しました。

頼むから混ぜてくれと懇願されたので、1度3人でまわしたいと思います。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    マンさんは将来どうなるとか、家族にどう迷惑掛かるとかのリスク管理ができないのよね。政治家に向かないわけだ

  2. エッチな名無しさん says:

    これだけ素人がAVに出てる国も珍しいよ。いかに日本の人間レベルが下がってるかの象徴だね

COMMENT

Your email address will not be published.