Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人妻 熟女

【体験談】五十路熟女で筆おろし、閉経マンコに雄汁を注ぎ込む

熟女の肉壺

女性に縁がなく30歳を過ぎても童貞の投稿者。ある日、職場で残業中に同僚の熟女さんとエッチな会話が始まり、不覚にも勃起してしまう。それが熟女さんにバレてしまい・・・・

職場の熟女

昨日、30代半ばにしてやっと童貞を卒業しました。

相手は職場の50代前半の人です。

私を含め6名で小さな倉庫で働いているのですが、私以外5名はパートさんで男1 女4でシフトを回しています。

その中に40代後半の女性、仮名で昭子さんが2年ほど前から来て頂いているのですが、なかなか良いお胸の方で、夏服の作業着にはついつい目が行きがちです。

性格も明るい方で、初日からでも結構話す方でしたし、仕事帰りにはちょくちょくパチ屋に行く女性です。

離婚をしてから再婚も無く、1人息子も他県で寮生活の為、昭子さんは1人暮らしのようでした。

昨日、倉庫内の棚卸しで昭子さん含め何人か残業のご協力をして下さってくれました。

男性の方は数日前から風邪気味で体調不良で定時上がり。

残業してくれた女性達は大雪もあって夕飯作りの為、長い時間の残業はお願い出来ず…

それでも大部助かりましたが、昭子さんはまだ残れるとの事で私と2人で小休憩を取り、残りの作業に取りかかりました。

昭子さんと離れてもくもくと作業をしていたので倉庫内は無言です。

近くに来れば軽く話す程度でしたが、昭子さんの近くで棚卸しをするようになった時から日常会話から話しが盛り上がり、途中からちょっとずつエロい会話になり…。

普段からでもエロい話しに乗ってくる昭子さん。残業で2人だけって事もあったのかな?昨日は普段よりなかなかエロい内容の話しに盛り上がりました。

昭子さんと話してると何回勃起したことか…。

集中出来ず何回数量を間違えた事か…。

昭子さんも動揺していたのか昭子さんも間違えるしまつ。

昭子さんとエロい話しにかなり盛り上がって、途中から内心ヤらせてくれるんじゃ?と1人妄想していました。

お互いしゃがんで話しながら作業中、昭子さんからいきなりチンコを触られ、私はビックリしました。

驚きのあまり私は「どこ触ってんの?!」と言うと昭子さんが「やだ~ウブ~顔真っ赤にして~可愛いいんだけど~。○○君、硬くなってない?」

仰るとおり、エロ話のおかげで半勃起でした。

昭子さんに勃起してた事がバレて、メチャクチャ恥ずかしかったです。

昭子さんが「え?ウソでしょ?何で硬くなってんのよ~ ほんとウブなんだから~からかうの面白い~。話してて起ったとか?もしかして溜まってるんじゃない?」みたいな事言われました。

棚卸しも終わり、事務所に戻ろうと昭子さんと並んで歩いていた時にお返しにと昭子さんのお尻にタッチしてみました。

昭子さんは「あー 今お尻触ったな~」

私をからかうような口調でした。

私は「さっきのお返し。ほんとは昭子さんのオッパイ触ろうと思ったけどジャンパーが邪魔で無理そうだったからね」

昭子さんは「もう…オバチャンの垂れたオッパイ触って何になるの~」

しまいには昭子さんから「したい?してみよっか?な~んて冗談」とまたからかって来たので、私は「じゃ、してみっか~」と言ってみました。

何分か昭子さんとそんな交渉をしていました。

結局、軽く済まそうって事になり倉庫の隅でする流れになりする事になりました。

初めは手コキだけって事だったんですが、以前にみんなとのエロトークの時に昭子さんが閉経したとか聞いて知っていたので、その話しを昭子さんにしたら本番までする流れになりました。

倉庫の隅っこに行って昭子さんがジャンパーのチャックを開け、作業着のチャックも開け、中の私服を、一気に捲りあげます。

ブラの上からでも解る見事な胸。

昭子さんは少し恥ずかしそうに「寒いから早くね」

私は緊張で震える手で昭子さんのオッパイを揉んでからブラを上にずらして乳首をコリコリしたり舐めたりと…

たっぷりと昭子さんのオッパイを一時堪能した後、代わり番で昭子さんのフェラになりました。

私の勃起したチンコを見て「カチコチ…○○君の初めてがオバチャンで良いの? 何かこっちが申し訳なくなってくる…」

「全然問題ないよ」

昭子さんの温かい口の中…手と違う気持ち良さ…馴れた感じでさすが経験者だなと思いましたね。

お互いにしばらくは、ほとんど会話も無くイチャイチャしていました。

30分?くらい過ぎてから昭子さんがラックに手をついて「そろそろ…」

お尻を向けて来ました。

私は昭子さんのズボンを膝まで下ろし昭子さんをパンツ姿にしました。

薄い水色のパンツで割れめ辺りに小さくシミの跡が。

私は何も言わず昭子さんのパンツを下げてプリっとした真っ白な昭子さんのお尻に密着して、最初は入れる位置に苦戦しましたが挿入してからはひたすら腰を動かしました。

昭子さんの膣内はネットリとしていて、チンポに肉が絡みついてくるようでした。

倉庫内は昭子さんの可愛い声とお尻を打ち付ける音が響いていましま。

私は2分もしないで昭子さんの中に射精を。

昭子さんには「はやくない?」って言われました…

引き抜いたら昭子さんの中から溜まっていた私の精液がトロトロ昭子さんのパンツの中に…

私はまだ勃起がおさまっていなかったので、すぐにそのまま同じ体位で挿入。

「も、もう!?」と驚く昭子さん。

2回目はしばらくもって少しは?昭子さんも満足したかな…

パンツに精液垂れてしまったと昭子さんに言ったらティッシュで拭き取り、パンツの中に数枚ティッシュを入れてそのまま何ごともなく履いてお互い退社しました。

帰宅後、昭子さんからメールが届きました。

今度はホテルでゆっくりしたいとの事です。

中出しもできるし、閉経後の熟女は最高ですね。

COMMENT

Your email address will not be published.