Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
レズビアン

【体験談】人妻レズビアンの初アナル、夫にも触らせない痴穴

人妻の不倫相手は女性

栃木県在住の既婚女性から投稿。バイセクシャルで女性との経験も数回ある投稿者は、旦那とはセックスレスで欲求不満気味。そんな時、いきつけの花屋さんでイイ女を見つけてしまう・・・・

不倫する人妻

28歳の主婦です。

過去に何回かレズ経験があります。

といっても恋愛関係じゃなく、ただ一瞬の快楽を味わいたいだけ。

同性にイカされる、同性をイカす屈辱的な快感。

男じゃ味わえないんですよね。

結婚はしたものの、やっぱり女性との体験は忘れることができず、同性愛系のHPを見ては、悶々としています。

同性愛の出会い系も興味あるけど、なんか怖くて・・・

とあるショッピングセンターのお花屋さんにたまに顔を出します。

そこには同じ歳の亜紀子ちゃんがいます。

気さくで良い感じ。

『同じ匂いがする・・』

お花屋さんに行く時は、ちょっと挑発的な服になっちゃいます。

結構鉢植えの花など、低い場所に置いてあるので、緩めのタンクトップなんか着てしゃがんで花を見ていると横で立って見ると胸元は丸見えになりますよね。

亜紀子ちゃんを挑発しています。

この前はホットパンツ攻撃。

「裕美さんって綺麗な足してますよね~」

『(よし!いける!)そんなことないよ。なんだったら触ってみる?』

「いいんですか~?ホントに触っちゃいますよ!」

『いいよっ!』

「冗談ですよっ!」

軽く誘いながら、亜紀子ちゃんが今度うちに遊びに来る約束をしてくれました。

10日後の朝9時。

気温はもう30度を超えています。

「おはようございます!差し入れもって来ました。」

冷え冷えの缶ビール。

程よくクーラーで冷えた部屋で朝から2人で宅呑み。

「裕美さん、旦那さんいるんだ」

『でも、Hはしないよ、ほとんど』

「裕美ちゃんって、女の子好きでしょ!最初にお店来た時から絶対そうだって分かっちゃった」

この時には私の太ももを亜紀子ちゃんは触っていました。

『やっぱ、分かるんだよね。同じもの同士。私も亜紀子ちゃん、そうだって分かったよ』

「しても、いいよ」

女の子とするのは5年ぶり。

酔いが回っているので、大胆になっています。

やっぱ、女の子とのキスは最高です。

柔らかい唇が気持ち良すぎて、濃厚なキスを楽しみます。

舌も絡め合って、情熱的なキスに早くも感じてしまいます。

それから、お互い服を脱がして、全裸になりました。

亜紀子ちゃんの身体がすごく綺麗だった。

おっぱいはDカップぐらいで、ウエストもしっかりくびれていて、同姓ながら良い女だと思った。

そんな亜紀子ちゃんの全身を舐めてあげて、感じる場所を見つけ、集中的に首を攻めてあげました。

亜紀子ちゃんのあそこはグッショリ。キラキラ光っています。

アナルを指でなでていると、「ねえ、穴吸って~!お尻の穴吸われると・・・・」

亜紀子ちゃん曰く、内臓まで吸い出されそうなくらいの快感を得るらしいです。

私もお尻を舐めたことはないけど、女の子のならとチューチュー吸ってみます。

亜紀子ちゃんは相当気持ち良いみたいで、エッチな声をいっぱい出していました。

そこからシックスナインの格好でお互いのアナルをベロベロ。

私も初めてしてもらったけど、これは気持ち良いよ!

舌がアナルを通るたび、おまんこにまで電撃が走るようでした。

アソコに指を入れながらのアナル舐め。

気持ち良すぎて何度も何度も二人してイキまくりです。

一旦、寝室へ移動して旦那が昔買ってきたローターやらバイブを取り出し、お互いをそれで責め合い。

最後はキスしながら、お互いのアナルを指で弄りながら、一緒にイキました。

その日から、亜希子と付き合うことになりました。

お花を買った次の日は、「明日、遊びに来てね」のサインです。

その花をリビングに飾って亜紀子を迎えます。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA