Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アナル

【体験談】愛し合うカップルによる汚物塗れのスカトロ交尾

ウンコ塗れの恋人たち

体臭、汚物など汚いものに興奮してしまうスカトロ性癖の投稿者。現在付き合っている彼女も同じ性癖らしく、2人のSEXはそれはもう凄まじいことに・・・・

彼女の排便

彼女といろんな遊びがしたくなり、初めの週はカップルさんとホテルで相互鑑賞(私たちがずっとセックス見せてました)

次の週は野外セックス(彼女が生理だったのでアナルセックス)

また次の週、都内の知り合いのマンションで乱交、など3週間に渡りやりましたが、イマイチ物足りず、悶々としてました。

やはり、私たちはマニアックなプレイが好きと言うのを再確認した感じに。

二人で話し合った結果、3日間くらいお風呂で下半身と脇は洗わない、パンツ、パンティーも替えないでとにかく汚れた状態でお互い見せ合い、嗅ぎ合い、舐め合いをしたいと意見が一致しました。

2人の性癖として、匂い、唾液、オシッコ、スカトロ、イラマ、アナルセックスが大好き、もちろん普通のエッチも大好きですよ。

考えられるプレイのため準備万端で当日を迎え、朝から逢い、ホテルに行きました。

二人とも下着姿になりベッドで抱き合いながら唾液交換をしながらのキス。

興奮して顔中にお互いの唾液を付け合い、匂いを嗅いだりスリスリしたりします。

特に彼女は顔に唾液ヌリヌリスリスリが大好きです。

その後、彼女が上になり私に唾液、ツバをかけながら顔中舐めたり、キスしたりしながら脇の匂いを嗅がせます。

私は大好きなワキガの匂いにギンギンになり彼女も私も股間を擦り合わながら下着を汚しながらオナ。

二人とも我慢が出来なくなり69の体勢で下着の匂いを嗅ぎます。

私は夢中になりクンクン、スーハースーハー。

彼女は、「くさ~い!匂うね!今日は一段と匂うよ。くさ~い!でも好き!もっと嗅いでいたい。」などなど…

彼女の股間の匂い、いや、身体全体、メスの匂いで頭の中真っ白になる興奮匂いなのですよ。

分かち合える人と語りたいくらいです笑

10分くらい夢中で嗅いで落ちつき彼女の股間から離れ覗くと、彼女が私の股間や股の匂いを嗅いでニヤニヤしながら、「イイよね~。気持ち良いね。硬いね。」など独り言。

いや~興奮しますよ。変態ですなぁ~笑

数分後、「ねぇ!我慢出来ないよ~見ていい?舐めたいの!いいでしょ~!」と甘えた声で言ってきます。

でも、まだ儀式が。

彼女も脱いでお互いにパンツ、パンティー交換をして嗅ぎ合いながら興奮してる姿を見せ合い。

女性のそういう姿ってなかなか見れませんよね。たまりませんよ。

彼女の性欲、変態な姿は私をその気にさせます。

恥じらい無しに夢中にクンクンしてくれるのです。

「この匂い好き、ここの匂いって何?どこの匂い?」など、彼女の表情は可愛いいっす。

私は「このクロッチ部分、臭い!たまらない。」など言いながらチンポビンビンにしながらシゴいたりして見せます。

そんな状態が数分続くと彼女は、「舐めさせてよ~!お願い。」と切ない声を出してせがみます。

「この臭いチンポ舐めたいの?超臭いよ。」と言うと、「うん、その臭いチンポがいいの。」と言い、ゆっくり時間をかけて舐めてくれます。

最近、やっと覚えてくれたのです。ゆっくりフェラを!

彼女はフェラが大好きで初めの頃はすぐ夢中になり、全開フェラになって困ってました。

過激すぎて私が耐えられないのです。

彼女も私も舐め好きなので、舐め合いは30分くらいしてしまいます。

慣れ始めるとお互いに弱いポイントを攻撃し合い、「気持ち良いよ~、逝く~」など69の体勢でジタバタしてます。

コイキング2匹がジタバタしてる感じかなぁ~(^^)

彼女は逝く時に潮噴きするようになったので、69で彼女が逝く時口の中いっぱいに出されます。

いつもは溢したり受けるだけだったのですが、「今回は全て飲むからね。」と言ってたので頑張って飲みつづけました。

思った以上に69の体勢で飲むのって大変でした。

そんな私の姿(ゴクゴク音がする)を見て「ゴメンね。ゴメンね。」と彼女は申し訳なさそうに言うのですが次々の波が来てまた、「逝く!また逝く~!」と言いながら噴いてました。

私は興奮の限界になり体勢を入れ替え、無理やりチンポを押し付け挿入すると入り口は潮噴きでキツく、彼女もウッ!となります。

「入れるからな!俺のオモチャだろ!」と言うと「はい!好きにしてください。オモチャにしてください。」と言い、ガンガン突いてやりました。

彼女は「痛いけど、いいの!」

痛いけど、と言うので、「抜いて欲しいの?好きなんだろ!この汚いチンポが!」

彼女は「ハイ!好きです。突いてください。汚してください。気持ち良くなってきた。ああ~いいの!奥まっで入るの。」

ガンガン突いて抜くとピューっと潮噴きするので、私の腹と股間はびちょびちょになるのです。

「こんなになったじゃん。」と言うと、ゴメンなさい。と言いながら身体中舐めます。

「全部綺麗に舐めるんだぞ。」

彼女は半泣きで舐めながらゴメンね~と言います。

その姿に興奮して、彼女をマングリ返しして強引にアナルに入れます。

「そっちはダメ!汚い、いっぱい我慢して溜まってるから!」

アナルは強引に入れたいのですが、彼女のアナルはかなり締まるのでなかなか入りません。

何度か当てがい、少し入れては抜いてツバを塗りまた入れるを繰り返すと、あるところを過ぎるとヌル~と入るのです。

何でしょうね。あのヌルヌルしたモノは。

彼女は「ハウ~!ヒー!入るよ~奥まで入るの、いい~痛気持ちいい~!お尻キモヂイイよ~!」と言い、アッと言う間に痙攣し逝ってしまいます。

その姿をみながら、「こんなチンポで逝くんだ!変態女!ペッ!」とツバをかける。

「もっと汚して、好きにして~!」と言いながらアナルを突かれ、ツバをかけられながらも何度も逝きまくります。

私は出し入れしながらも亀頭にウンチが付かないかとみながら、出し入れしたり角度変えたりしながら突きます。

出し入れして亀頭を触り指の匂いを嗅いだりするのも大好きです。

少し付いたのを見て、指で亀頭を触り匂いを嗅ぐと彼女のウンチの匂いが!

好きなんですよねー私のとはまた違う匂いで。

「〇〇のウンチ臭いわ~!ほら!」と彼女にも嗅がせながら自分も嗅ぎます。

そして2人で匂いをクンクンし欲情し、自然とその指を舐め合いながら舌を絡めるのです。

舌を絡めながらチンポはアナルの奥までねじ込みお互いに気持ち良くなるのです。

この時は2人とも訳のわからない事を言いながらアナルセックスしてるんですよね(笑)

何度かその姿を撮影しましたが観ると何を言ってるのやら。

硬いウンチの時は亀頭をチクチクと刺激が走り挿入角度を変えて砕いていきます。

砕いた粒が竿の横に来て出し入れする時は少し痛いかなぁ

柔らかいウンチが溜まっている時はアナル内も亀頭も私の理想的な感じになります。

何度も出し入れして少しずつウンチが付いてくると、彼女も「中がヌルヌルするよね。あ~気持ちいいよ~!逝く逝く!」と何度も痙攣するので奥まで入れてやります。

「自分だけ気持ちよくならずに俺を気持ち良くするんだよ!奥まで突くから踏ん張れ!出していいから。ウンチ出せよ~!」と言いながらガンガン突きます。

彼女は逝きながら叫びながらでも出来る時に踏ん張ってくれます。

行為中にこういう気持ちがリンクする瞬間ってヤバいですよね。アッと言う間に射精したくなります。

それをじっと我慢、ヤバいよ。出そう、痙攣止めてと言い、彼女をガシッと掴み抑えるのですが彼女にはその掴まれる行為までも逝くに繋がるのでギリギリで抜き我慢、耐えるのです。

亀頭は茶色に染まり先端は半射精ぽいのがタラタラ、必死に出るのを我慢して落ちつくと彼女がゆっくりと「大丈夫?舐めていい?」って。

その時は、「ゆっくり、ゆっくりだよ。舌だけでゆっくり綺麗にして!咥えないで!」とお願いしてます。

「大丈夫、ゆっくりするね。」と彼女が笑顔で汚いチンポを私に見せるようにゆっくりと舐める姿はいつも複雑な感じになりますね。

申し訳ないような、抱きしめたくなるような、犯してやる!って気持ちやら、最後の気持ちはあるけど出そうだから気持ちだけですが(笑)

ちなみに今回はチョイと付くくらいでした。

落ち着くまでゆっくり舐めてもらい、その後浴室へ移動、浴室にマットが付いているのでそこで2人で汚し合います。

シャワー浣腸をお互いにして我慢するのです。

彼女は浣腸上級者なのでかなり我慢できるし、お腹痛いのを我慢するのが大好きだから多めに入れるようにしてます。

私はあっと言う間に我慢できなくなるんですよね。ヘナチョコです。

初めの頃は彼女だけに浣腸してたのですが、彼女も私ので汚して欲しいと言うのでいまはお互いのを掛け合いしてます。

かなりの確率で私が先に出してしまいます。

我慢出来ない!と伝えると、「何処にだしたいの?好きな場所にかけてイイよ~!」と超興奮する所なんでしょうが、私には余裕がなくて彼女の豊満なオッパイ辺りに大量に出してしまいました。

彼女は喜んで身体中に塗ろうとします。

でも、私的には待って!って感じです(涙)

出来たら彼女のを塗り私的には乱れたいのですよね~。

なかなか難しいものですよね。
私も彼女もお互いのを塗られる事で興奮するのはわかっているのですが…

なので、すぐ彼女を私に跨らせ股間又は胸から顔あたりに出してもらいます。

下から見るその光景はたまりませんよ。

彼女と目が合いながら彼女は、「出すよ?いい?」

「出して、思いっきり!出していいよ!」

ジャーッとまずはオシッコが。

彼女は慌てて、「オシッコ出ちゃう、顔にかかってるゴメン!」とどうにかしようと位置をずらしたりします。

私は「思いっきり出しなよ!」と強い口調で言うと、うん!と思いっきり踏ん張り、アナルからもドバドバ~と大量に出て、私の身体中、ウンチだらけになります。

暖かく、そして自分とは違う匂いに何とも言えない興奮に包まれます。

1分くらい呆然としてますね。楽しんでるのですが自分的には!

彼女はいつも私の凄い状態の姿を見て半泣きでゴメンね~!と言いながら申し訳ないと言う顔をします。

その顔がまた、たまらないのですよ。

さっきまでウットリって感じだったのに完全にスイッチが入ります!

私は来いよ!と強い口調で手を引いて、自分の汚れた身体に座らせると彼女に私の出した固まりをオッパイに擦り付け、口元近くまで塗り、彼女がウットリとして何か言ってるのも構わず、「ほらほら!感じるんだろ!お前は!」とお腹に塗ります。

最後に股間に擦り込みます。彼女はそれが一番興奮するみたいで痙攣して「イヤ~!ヒー!」と叫びながらも腰を動かすのです。

私は「マンコに入れてやるよ。この臭い糞を!」と彼女の腰の動きに合わせて塗り込んであげます。

彼女は「イグ~!気持ちいいよ!ハァ~!
イク~!」と何度も叫びながら腰をガクガクさせます。

私は、「まだ、気持ち良くなれよ!変態が!」と彼女の顔にツバをかけながら塗りまくります。

彼女は何度も叫びながら逝くのでガンガン責めて動けなくなるまで続けます。

失神状態に近い彼女に抱きつき、オッパイを噛むと、彼女はまた復活!

「強く噛むと気持ちいい!オッパイもっと噛んで!もっと噛んで!オモチャにして~!」と叫びながら痙攣し何度も逝きながらお漏らしします。

完全にトランス状態になりますね~!

私は最近は慣れて大丈夫ですが初め初めの頃は頭の中で俺のを舐めながら噛むのか(涙)何で彼女のを塗ってないんだ。みたいな感じでしたね。

いまは一緒にトランス状態の彼女に強制的にイラマさせたり、マンコ、アナルに挿入して2人で訳のわからない状態になります。

彼女は全く覚えてない感じになりますね。

絶頂状態が続いてるらしいのですが。

私は何度も出そうになりながらも耐えて限界、休憩。落ち着くと彼女もハァハァ言いながら復活して、「凄いよね~ヌルヌルしてるね。臭い~!でも好き!」と言いながら自分の身体中を触ったり私に抱きついてキスをします。

彼女に「俺ももう出したいよ!」とお願いすると、「どんな風に出したい?言って!何でもしてあげるから」とウンチ塗れなのに笑顔で言ってくれます。

本当は押し倒して挿入してガンガン突きたいのですが、触られるだけで出そうな感じになってるのを彼女もわかっているので、これでいい?とウンチ塗れのチンポに私が好きな唾液を沢山垂らして軽くゆっくりシゴいてくれます。

「気持ちいい?痛くない?勃ってきたね~ココ?好きでしょ!ココも!」みたいな感じで私が感じてる姿をみながらシコシコしてくれます。

あっと言う間に、「出るよ、出る!見て、出るところ見て!」

彼女は、「うん、見てるよ。出して~!いっぱい!ほらほら!」と全開手コキ!

ドピュ!ドクドク!と大量に出しながら私は叫びながら真っ白に!

我に戻ると彼女が「気持ち良かった?大丈夫?」と。

「うん、大丈夫だよ、気持ち良かった~!ヤバいよね!このプレイは!」と言う

彼女は、「たまらないのですよ~うんうん、イイよね~!楽しいよね~!」と小さくなり、茶色と白のドロドロ状態なチンポをツンツンしながら「舐めていい?」と笑顔!

好きにして!と私も笑顔になるのです。

下手くそな文で申し訳ありません。

カップルさんに見られながらしてみたいなぁ!

COMMENT

Your email address will not be published.