Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
SM -M女とご主人様-

【体験談】脱糞調教で人妻の品格を破壊してみた結果・・・・・

M女をアナル調教

投稿者は40代の男性。既婚の同僚女性を調教している投稿者。仕事中からアナルプラグを差し込み、夕方ホテルに直行すると、女性はトイレに行きたいと懇願するのだが・・・・

アナルを犯されて感じる女性

会社でダンナもいる事務員を調教している。

40手前の体のたるみが目立ち始めた女だ。

ふたりで残業しているときに誘ったらすぐ乗ってきた。

セックスレスだというので飢えない程度に相手をしていたら、やたらいうことを聞くようになってきた。

ケツを叩いても悶えるだけで拒否しない。

それどころか股の間から液が垂れている。

相当淫乱なんだろうと、それなら調教し甲斐があるなと思った。

完全にオレの色に染めてやる。

会社で仕事中に必ずケツを揉み穴に差したままになっているアナルプラグをボタンのように押してやる。

ひっ!と小さな声をあげるが、それは2日前からの女の排便が体内に残っているからだ。

昼の休憩のときにキツめの炭酸のジンジャーエールを飲ませてやった。

アルミ缶のだから結構な量だ。

女の腹には炭酸が溜まるし強烈に冷えるだろう。

夕方に顔を見ると、冷や汗をたらたら流していた。

出したくて仕方ないのか。

でも、そう簡単に出させてやらない。

帰宅のとき後ろをつけた。

駅前で声をかけたら半泣きになってるよ。

そのままホテルへ連れて行った。

部屋に入るなり、トイレへ行かせてと懇願してきた。

それは許さない。

何度も泣きついてきて離れないので、スカートの上からアナルプラグが刺さっている辺りを思い切り平手で叩いてやった。

部屋の床に転がりのたうちまわる女。

少し隙間から漏れたらしい、匂いが部屋の中に漂い始めた。

お前、クソ漏らしたのか?と聞いてみた。

「イヤッ・・いやよぉ・・」

自分の匂いを嗅ぐのがそんなに恥ずかしいのか。

ならもう少し漏れるまでこのまま観察することにしよう。

女は服を脱ぎ出した。

脱げとは命令していないが、汚れるのを避けたかったんだろう。

オレが背後に回ろうとすると逃げるようになった。

アナルプラグが刺さったままなのでヘンな腰つきでよたよたと歩いて逃げる。

その姿があまりに不恰好なので笑い飛ばしてやったら、また半泣きになった。

全裸のままバスルームへ放り込んだ。

アナルプラグにチェーンをつないだ。

それを引っ張って、バスルームの中をお散歩だ。

軽く引っ張るだけでも、隙間からオナラと実が噴出する。

とんでもなく臭い。

宿便ってこんな匂いなのか。

お前なに食ってんだよ?と聞くと「イヤ・・いやぁぁぁ・・」

もうこれしか言わなくなっていた。

いきなりチェーンを力任せに引っ張ってやった。

ズボォッ!という音とともにアナルプラグが壁に激突している。

その軌跡を追うように、アナルから大量のクソが噴き出してきた。

勢いが止まりそうにない。

今まで嗅いだことのない吐き捨てたくなるような激臭。

その真ん中に、女はいた。

呆然と立ち尽くしている。

シャワーを全開にして女ごと水浸しにした。

換気扇を回してもこの匂いだけは抜けそうにない。

ケツをこちらに向けさせてシャワーを当てた。

下半身はクソまみれだ。

そういう姿をオレに見られたという事実と、これ以上恥ずかしい醜態はないという自覚が、もう抜けられないところまで来てしまったと悟らせたのかもしれない。

女はオレに従順になった。

というかもうオレの命令なしではなにもしなくなっていた。

これを待ち望んでいた、女はこうなるのかとオレ自身が少し感動していた。

そして、もっともっと改造してやりたいと思った。

何からやろうか?

アナルと並行して何かやってみたい。

やはり、前と後ろを同時にフィストファック。

いや、その前に別の複数の男どもに蹂躙されている姿を見たい。

もちろんその時はビデオカメラを回してやる。

複数の男どもに凌辱されて、中出しをされる瞬間をバッチリとカメラに収めてやりたい。

体中が精子にまみれているときの女の表情、それを想像するだけで勃起してしまう。

女がこっちを見ていた。

おそれ半分、期待半分といったところか。

まずはさっきアナルプラグを抜いた跡を見せてみろと命令した。

後ろを向いてケツを突き出してきた。

おお、デカい穴になってる。

頑張ったら拳が入りそうなぐらいに広がっていた。

勃起したオレの肉棒が容易に根元まで吸い込まれていく。

亀頭が直腸のひだに撫でられているのがわかる。

たまらなくなって激しくピストンをした。

叫び狂う女、お構いなしで突きまくってやった。

あまりの興奮からあっという間に絶頂を迎えた。

射精が止まらなかった。

大量の精子がアナルの中に放出された。

激しいピストンで女もイってしまったようだ。

肉棒を引き抜くとアナルから白い液が逆流している。

それを手ですくって女に飲ませてやった。

最後まで舐め尽くした表情を見ると、視点が定まっていないようだった。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA