SM -M女とご主人様-

【体験談】女にお湯浣腸しながら首を絞めたら壊れた・・・・・

首絞めでイク女

投稿者は30代の男性。最近知り合った女性をイカすことが出来なかった投稿者。別れを切り出すと、首を絞めて欲しいと言われ、早速首絞めプレイを始めてみると・・・・

首を絞められて感じる女性

最近知り合ったM女は、どうもおかしい。

縛って責め立てても反応が鈍い。

全身舐めようが太いディルド突っ込もうが喘ぎ声程度なのだ。

女をイカせることが出来ない。

これ以上の屈辱はないと思ったし、身体の相性が悪過ぎるのだと思った。

だから別れようとした。

本人に伝えると絶対別れたくないという。

やっぱりどこかおかしい。

そのことを伝えたら意を決したかのように女は「首、絞めてください・・」と言った。

うわ、やったことないな、とは思ったが死なない程度に絞めるしかないと考え直した。

何故なら、この女のアクメをまだ見ていないからだ。

見てみたい、首を絞められてイク姿や表情を。

今夜は浣腸の量を増やすことにしよう。

風呂場へ連れて行き裸にした。

相変わらず見事なプロポーションだ。

お湯にグリセリンを溶いて太いシリンジに吸わせていく。

そのままアナルに突き刺して直腸に流し込んでやった。

みるみる下腹が膨れてくる。

もう1本、さらにもう1本。

女の顔が苦痛に歪んでいく。

この苦痛に歪んだ表情を見るのもやはり最高だ。

アナルプラグを取り出してフタをしてやった。

これで抜かない間はずっと直腸に溜まり続けることになる。

下腹の膨れが全部大便に変わるのだ。

へその辺りから下を強く何度も押してやった。

女の口が開いてダメ、許して、と乞うがやめるつもりは毛頭ない。

女が叫んだ。

排出が始まったのだろう。

アナルプラグに押し返されて直腸がパンパンに腫れあがっているに違いない。

この状態で女をよつんばいにして、後ろから肉棒を挿入した。

根元まで入れてから腰を回してやった。

女の叫びが止まらない。

アナルプラグを押しながら肉棒を上下に動かしてやった。

これでもイカないのか?そのほうが不思議だったが、床にあお向けにして再度挿入。

そして、いよいよ女の首に手を回した。

見開いた目でオレを見つめる女。

待っていたのだろう、涙を流している。

親指と人差指にグッと力を入れアゴに向かってこすり上げるように首を絞めてやった。

いきなり白目になり泡を吹いた。

全身を痙攣させ潮を撒き散らしている。

イッたのか?いや、これはイキ続けているんだと感じた。

少し首を絞めただけでこんな反応になるのは驚きだった。

腰を動かしてピストンしてみると、その突きに応じて泡が吹き出る。

動脈を絞めて軽く落としてやろう、そう思ってアゴの骨の下辺りを強烈に締め上げると、なにかひと言吐いてから女は気を失った。

まだオレの肉棒はビンビンだしアナルプラグも・・そうだ、このままプラグを引き抜いて、アナルに肉棒を突き立ててやろう。

思い切り引っこ抜くと、辺り一面に大便が飛び散った。

ニオイがたまらないが、綺麗な女の排便ほど興奮するものはないのも事実だ。

シャワーで全部流してからぽっかり開いたアナルにオレの肉棒を入れた。

その衝撃で目を覚ました女は、オレをずっと見ていた。

そうか、もっと首を絞めてほしいんだな。

今度は背後から両手を回し、こちらへ引き寄せるようにして締め上げてやった。

するとまた泡を吹きながら、潮も一緒に吹いて白目になってイっていた。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。