Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
中出し

【体験談】お腹の子供が上司の子か旦那の子か分からないのです・・・

上司との中出し浮気

投稿者は30代の女性。いつも気になっていた上司と二人きりで残業していると、ご飯に誘われ、それからカラオケへ。そして良い雰囲気になりキスをしてしまい、お互いの身体を愛撫し合って欲望を抑えられなくなった投稿者は上司とホテルへ向かい・・・・

上司とエッチして感じる女性

上司と残業していたときのことです。

オフィスの私達がいるフロアには、二人きりで、他に残業している社員はいませんでした。

上司は36歳既婚で、私は31歳新婚です。

主人とは長年付き合って結婚したためか、新婚なのにレスなんです。

上司は、最近大阪から転勤できたばかり。

単身赴任をし始めたばかりで、さみしいけど自由でいいよと言っています。

その上司と関係を持ちたいとかそういうわけじゃないんですが、素敵な人なんです。

スラッとしていて、清潔感があります。

遅くまで仕事をしている姿を毎日のようにみているせいか、ちょっとだけ意識しているのは間違いないです。

上司はというと、私を一部下としかみていないようですが・・。

当たり前のことですね。

「仕事を早く終わらせて上がりなさい、新婚なんでしょう、相田さん。」と声をかけられます。

「仕事は終わってしまっているんです。明日でもいいようなことを毎日残業してるんです。」と言ってしまいたいところですが、抑えて、「早めに終わらせますね」と返事します。

いつも頑張っているから飯でも奢るよと上司に誘われました。

この時を待っていたんです、私。

期待してしまうのはいけないことだとはわかっていますが、上司と仲良くなりたいとおもってしまっています。

上司が毎晩のように通っているという定食屋さんに行きました。

こじんまりとしていて美味しかったです。

ビールを一、二杯ほど飲んでいい気分でした。

仕事の話などをし、その日は帰宅しました。

次の日も同じように残業し、日々少しづつ距離が縮まっていったと思います。

上司がその日も定食屋さんに誘ってくれて、翌日から三連休だったこともあってかカラオケに誘われたんです。

三連休だというのにお互いに何も予定がないという話をしていたからかな・・。

カラオケに行って同世代ということもあってか盛り上がりました。

相田さん、歌上手いねとか褒められて、いい気分でした。

二人きりの密室で、ドキドキもしていましたし・・。

酔いも回ってきて、つい上司に触れてしまったんです。

横に座っていたんですが、太ももに触れて、寄りかかるように肩に頭を預けました。

上司は嫌がらずに受け止めてくれました。

肩を抱き寄せられて、そのままキス。

軽くキスをしていたんですが、上司の舌が入ってきて絡めあいました。

舌を絡め合いながら、上司の手は私のおっぱいを触ってきます。

もちろん拒否などするわけもなく、その手を服の中に導き、直接おっぱいを触ってもらいました。

しばらくおっぱいを触っていた手は、今度は下の方に下がってきました。

いつもスーツなんですが、スカートの中に手を入れられてストッキングの上から撫でられました。

上司の指先の感覚にゾクゾクしてしまって、私の方から求めるように上司の舌に吸い付いていました。

上司に導かれて、手をあそこに触れます。

少しだけ勃起しています。

私が上司のアソコを触ると、更に勃起して大きくなりました。

ズボンに納まるのが苦しそうで、ズボンのチャックを下してあげました。

上司の指は、ストッキングの上から私の大切な部分に触れるか触れないかくらいで撫でられます。

ショーツが沁みてくるのがわかりました。

上司にもわかってしまったようで、指がクリトリスに目標を定めて触れてきます。

またゾクゾクとしてしまい、太ももに力が入ってしまいます。

カリカリと爪先でイジられて、擦れて気持ちよくて唸ってしまいます。

上司のあそこも大きくなっています。

服の上からあそこが盛り上がっていてこのままではおさまらないだろうなと思いました。

私も火がついてしまっていて、我慢できず・・。

カラオケからラブホテルに行きました。

お互いにスーツを脱ぎ去って、全裸で愛し合いました。

上司に後背位でビンビンになった大きなものを突きつけられて悦んで受け入れてしまいました。

今までに感じたことのない感覚に酔いしれてか、叩いてほしいといってしまったんです。

上司は何も言わずに、お尻をぶつように叩いてきました。

上司に叱られているような感覚で、お尻を叩かれてマンコも犯されてしまっています。

「あぁ。。だめです、イってしまいますうっ・・」と叫びながら、イってしまいました。

上司もそのまま私のマンコでイってしまい、中に出されるのを感じました。

上司の精子の量が凄く多くて、上司がペニスを抜くと、私のマンコから精子が逆流していました。

凄く気持ち良いセックスで、私は上司にお礼のお掃除フェラをしてあげました。

すると、上司のペニスはすぐにギンギンになってしまったので、そのまま口で上司をイカし、上司の精子を飲み干しました。

そのあと、帰宅しましたが、欲求がおさまらず、久しぶりに主人に求めてしまいました。

驚いていたようですが、新婚ですし、久しぶりのことで激しく求めあいました。

もちろん中に出してもらいました。

実は、私妊娠したようなんです。

会社も産休に入ることになります。

上司にはしばらく会えなくなりますが、それでよかったのかもしれません。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA