Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
OL お姉さん

【体験談】不動産屋だけど、入居希望の家出娘をハメてやったwwww

歌舞伎町の女

投稿者は40代の男性。不動産を経営している投稿者の元に、ある日一人の若い女性客がやってくる。泊まる所のない女性を仮眠室に泊めてあげることになった投稿者はムラムラが抑えられなくなり・・・・

処女膜を破られた女性

新宿の歌舞伎町で不動産屋を営んでいます。

新大久保とかそっち方面で働く男女に、保証人の要らないワンルームを仲介するケースが多いですね。

タクシー1メーターで働く店まで行ける部屋!みたいなリクエストだらけです。

ある日、ひとりの女の子が入ってきました。

見た感じはJK、でも身分証明を見せてもらうと、22才。

「どんな部屋がご希望ですか?」

「・・すぐ住めるとこ。」

家出でもしてきたのか?と疑いましたよ。

2つほど物件を案内すると、「こっちがいい、ここにする!」だそうで、即決即金でした。

「今夜から住める?」

「いやそれはムリですよ。ハウスクリーニングとかしなきゃいけませんし、、」

「掃除はミク、自分でやるから!」

そういう問題じゃないよと、何度説明しても分かってくれません。

「じゃあ今夜はミク、どこで寝ればいいの?」

そんなこと聞かれても答えようがありませんが、近くのビジネスホテルまで送ってあげると言ったら、しぶしぶ納得した様子。

ちょっと変わってる子です。

そしてアンラッキーなことに、どのビジネスホテルも満室で断られ続けました。

どうしようか悩んでいると、「私、ここでいい。」

そう言って指を差したのが、ラブホテル。

「いや、ここはやめておきましょうよ。」

「じゃあどこで泊まればいいの?」

不動産屋の事務所には仮眠室がありますから、とりあえずはそこで!と提案してみると、すんなりOKの返事。

こんなことは初めてです。

当然この子ひとりで置いて帰るわけにいかず、ボクも事務所で一夜を過ごすことになりました。

「え?おじさんはおうちがあるんでしょ?帰らないの?」

「こんなとこにひとりで置いて帰れないでしょ。」

「え、やだ、優しいじゃん!」

先にシャワーを浴びさせて、ベッドへ案内しました。

ニコニコ笑っていてご機嫌です。

どうにもよく分かりません。

ボクもシャワーを浴びて、事務所のソファーを移動させたところに毛布を敷き、横になりました。

「のど渇いた。お水ない?」

なかなか寝かせてくれません。

水を取って戻ってきたら、ボクの寝床であるソファーに横になっています。

「なんでまたそこに・・。」

「あっちのベッド、ひとりで寂しいんだもん。」

「じゃあボクがベッドで寝ますよ。」

「なら私もベッドへ行く!」

本当に後ろをついてきて、ボクの横に滑り込んできました。

「ね、寂しいの嫌なの。ね、お願い。」

これは抱いてくれ!というアピールなのでしょうか。

後々問題になるのが面倒でしたが、ここまでなついてきて体を寄せられると、セックスに至らないほうが不自然に感じてきました。

「そんなに近づいたら、ボクも男だからさ。いきなりやっちゃうよ?」

「なにやっちゃうの?」

ちょっと言うのを悩みましたが、勢いで言ってしまいました。

「やるといえばひとつだよ、エッチさ。」

「・・・。」

彼女、初めて黙りこくっています。

どんな表情しているのか覗き込むと、すごい赤面。

うそでしょ?

やたら誘っておきながら、今さら恥ずかしさ爆発する意味が分かりません。

でもこっちも言ってしまった以上、引っ込みがつかなくなっていました。

彼女の両肩を両手でつかみ、身動きできなくしてやると、少し震えだしています。

「どういうこと?怖いの?」

「・・・。」

「それ、演技なんでしょ。もう我慢できないからキスしちゃうぞ。」

いきなりくちびるに吸い付いてやりました。

んぐんぐ言ってましたが、無視して舌を入れて。

彼女の歯の裏を左から右へ舐めまわします。

口に隙間ができるたびに荒い息を吐いて、そのうち彼女はボクの舌を拒まなくなりました。

それどころか、彼女も舌を絡ませてきて、お互い興奮が高まりました。

キスをしながら、おっぱいを触ると、感じているのか表情が変わりました。

おっぱいはおそらくDカップぐらいでしょうか。

服の下に手を入れて、乳首を触ると、既にビンビンになっていました。

「下も舐めるよ。」

当然反応はありません。

おかまいなしでショーツを脱がし、脚を全開にしてやりました。

ものすごく甘酸っぱいニオイが立ち込めます。

「初めてなの、ミクまだ・・したことないの。」

そういえばボクも、処女を相手するのは初めて。

膜が破れるのってどんな感触なのか、以前から興味がありました。

まさかこんなことで体験できるなんて、思いもよりませんでしたよ。

「どうするつもり?」

「まずは濡れなきゃチンポ入らないぞ。」

「・・・もう濡れてるもん。」

指で確認すると、ネットリとした液体で割れ目が満水に。

かといって、いきなり入れるのも面白くないと思い、指でクリの皮を剥いて、下から上へ擦り上げてやりました。

液体が指の腹に付着し、それがそのままクリに塗り込まれていきます。

彼女は両脚をピーンと伸ばし、引きつったかのような痙攣を繰り返します。

股は全開のまま、痙攣による震えで割れ目から液体がダダ漏れになりました。

ボクはそれを手のひらですくって、自分の亀頭に塗りました。

もうじゅうぶんなんです。

ベッドにあぐらをかいて座り、ボクの股間の上に、抱きかかえた彼女をゆっくりと下ろしていきます。

ニチュッとした感触が亀頭に伝わり、それが亀頭を包み込んで、次に竿の部分まで深々と飲み込んでいきます。

「ああっ、、当たってる、、」

膜に当たったのでしょうか。

ボクには分かりません。

ただ、ズリッ!という感触が亀頭に響いて、すぐに粉のようなものに包まれていくのが伝わってきました。

おそらく膜の破片でしょう。

これほどまで粉々になるのかと、驚いてしまいました。

ズリッ、ズブッ、という感触がチンポ全体を震わせます。

粉になった処女膜が、ボクに強烈な刺激を与え、「イクっ、、イクよ、、、イク、、イクイクイクイクっ、、」と叫びながら果ててしまったのです。

血は出ていません。

でも粉だけは、ベッドの上にも飛び散っていて、彼女の膜が膣内にはもう存在しないことを物語っていました。

「痛くなかったの?」

「うん、全然ヘーキ。」

これもまたボクにとっては理解できず、処女とセックスしたとは到底思うことができないままでした。

彼女も気持ち良かったのか、結局この日はこの後3回も彼女とエッチをすることになり、彼女は何度もイキまくっていました。

POSTED COMMENT

  1. sky casino blackjack fixed says:

    The annual pumpkin patch is a huge fundraiser for that
    church. Generally, a family vacation will be to a beach within driving distance of your own home for fun in the
    solar-generated. A spectacular fireworks show is scheduled
    for 9:00 P.M. http://casino1391.com/online-gambling-and-slot-machines-what-are-they/

  2. online marketing material says:

    It’s a touch like investing in a Ferrari to operate to Tesco’s once full week at 20 miles per hour.
    Now every occurrences make money with this type of marketing. http://bestdealssite.com/what-is-web-maintenance-and-how-much-does-it-cost/

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA