Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
巨乳 爆乳

【体験談】色情狂のスケベ女医が診察中にチンポつまみ喰いwwww

お医者様は痴女

数年前、病院へ行った際に巨乳の綺麗な女医に当たった投稿者。その女医、必要もないのに患者の恥部を診察してくるのだが・・・・
誘う女医

三年ほど前のことです。

高校生だった僕はお腹の調子が悪かったので、家の近くの小さな病院へ行きました。

そこの病院は30代後半の女医さん(既婚)が院長を務める内科と小児科をメインにやっている病院で、看護婦は2,3人しかいませんでした。

その日、僕は学校を休んで午前中に行ったので、待合室は空いていて、おばさん2人ぐらいしかいませんでした。

ほとんど待ち時間もなく、僕は診察室に呼ばれました。

診察室に入ると女医さんが何か書き物をして一人でいました。

先生は「どうぞー」と下を向いたまま言いました。

先生はショートカットで細身の結構な美人で、胸も服の上からでも形が分かるぐらいあって、高校生だった僕はかなり緊張してしまいました。

「お願いします。」と言って診察が始まりました。

「どうしました?」と先生が聞いてきたので、僕は、最近お腹の調子が悪いということを言うと、先生が「便の方はどうですか。出てる?」と聞いてきます。

僕は正直に、便秘になったり下痢になったりすると言うと、先生は少し考えて「それはいつから?」と聞いてきたので「一年ぐらい前からです。」と答えると「じゃあ、ここにうつ伏せになって寝て。」と診察台の上に寝るように言ってきたのです。

僕は言われた通りにしました。

すると先生は「ちょっと腰あげてねー」と言って、僕のベルトを外し、ジーパンとパンツを同時に脱がせようとします。

しかしなかなか脱げないので、まずジーパンを膝まで下ろしました。

そしてパンツを脱がす前に先生はゴム手袋をして、水の入ったボールを用意して「ちょっとごめんねー」と言ってパンツを下ろそうとしました。

しかしその時、うぶだった僕は美人の女の人の前で裸になってるというだけで興奮してしまって、チンポを勃起させてました。

勃起チンポにパンツがひっかかってなかなか脱げないのです。

焦った僕は、「すいません」と言い、手でチンポを押さえてなんとか切り抜けました。

すると先生は「あらら」と言って微笑のような困惑のような表情をしていました。

気を取り直して先生は「じゃあ、お尻にデキモノとかできてないか調べるんで、ちょっと我慢してね。お尻上に上げてくれるー」と言ってきます。

僕はワンワンスタイル状態になり、お尻を少し上げました。

すると先生の細い指がいきなり入ってきて、初めは気持ち悪かったのですが、段々気持ち良くなってきて、チンポがさらに勃起してしまいました。

一分も経たないうちに検査は終わりました。

ゴム手袋を捨てて手を洗うと、先生は「どうだった?」と聞いてきました。

僕が「なんか気持ち悪かったです。」とうつ伏せのまま照れながら答えると、「ほんとにー?」と言ってにやにやしながら目の前に近づいてきました。

そして、「ちょっと座ってみ」と言ってきました。

僕は、恥ずかしさを消し開き直って堂々と、勃起したチンポを先生の目の前に見せてやりました。

すると先生は「感じちゃった?」と言い、チンポを右手で握りながら、「立派ねーホントすごいねー、さっきパンツ脱ぐ時、もう起ってたでしょ。見ちゃったのよ。それですごーいと思ってもっと見たくなって、ホントだったらお尻の検査横向いて寝てもらうんだけど、わざわざお尻上げてもらったの。それでお尻に指入れながらチンポ見てたのよ。そしたら更に大きくなるからびっくりしちゃったわよー。」と笑っています。

そして、その気になったらしく先生は「おっぱい見たい?」と聞いてきたのです。

僕が「はい」と答えると、白衣を脱ぎ、ブラウスのボタンをゆっくり外すと、真っ白な肌と予想以上に大きそうな胸がブラジャーから溢れていた。

そして先生は腕を後ろに回しホックを外した。

すると一瞬一センチほど下がったかと思うと、ブラジャーの影からEカップ近くありそうなものがあらわれた。

乳首の色はピンクがっかた肌色、ビンビンに起っていた。

それを見た僕は、我慢出来ず、本能的にチンポを手でしごいて、一瞬で絶頂に達し思いっきり精液をぶちまけてしまった。

それを見た先生は・・・「出ちゃったねえ」

先生は乳首を勃起させたまま、イッたばかりの僕のチンポをしごいてみせた。

「見て」

そう言って先生は自分のおっぱいをいやらしく揉みはじめ、「元気になったら言ってね」と言い、乳首をつねりはじめました。

僕のチンポはすぐに勃起しました。

それを見た先生は「あら、もう、」と言うとすぐに手でしごくように握ってきました。

「何度見てもすごいわねー」と言い、まじまじと真っ赤に充血したチンポを見てきました。

僕は「先生、僕にも触らせて下さい」と言うと、「じゃあ」と言って先生が診察台に座って上半身裸にタイトスカートという、エロい格好で「良いわよ」と言った。

僕はさっきから触りたいと思っていた大きなおっぱいを真っ先に鷲掴みにし、思い切り揉みました。

そしてビンビンの乳首を舌でチロチロと転がしながら、ビンビンに勃起したチンポをタイトスカートの上から、恐らく汁でグチョグチョになっているであろう先生のマンコに押し当てました。

すると、先生は我慢出来なくなったらしく、少し切ない声で「マンコ触っても良いわよ」と言ってきました。

僕はすぐさま先生の足を広げ、案の定グチョグチョに濡れたパンツを一気に脱がし、真っ赤に充血したマンコを必死になって舐めました。

僕がマンコを舐めていると、先生は「あっ、いや、気持ち良い・・」とエッチは声を沢山出してくれました。

そのエッチな声にますます僕は興奮してしまいました。

そして、今度は僕が我慢出来なくなって「チンポ入れて良いですか」と聞くと、先生は「良いわよ」と言いました。

僕はチンポをマンコに入れようとしたのですが、なかなか上手くいきませんでした。

すると先生は「ここよ」と言って、チンポを握りマンコに押し付けてくれました。

やっとの思いで入り口に入り、後は押し込むだけと言う状態になりました。

僕は遠慮なしに思いっきりチンポをマンコの奥まで入れました。

すると先生は「あーあん、あーん大きい」とよがりました。

今度は先生が上になり、狂ったかのように腰を振ってきます。

先生の騎乗位は容赦なく、大きな胸が上下にゆさゆさと揺れてました。

僕が「イキそう」と言うと、「まだダメよ」と言い腰の動きを止めます。

そして射精感が収まるとまた胸を揺らしながら腰を振り出す。

未熟な自分にはあまりにも刺激的で、失神しそうでした。

それからしばらく先生の絶叫は続き「イク、イク、イッちゃうー」と叫んでしました。

先生がイって程なく、僕は先生の胸とスカートと顔に大量の精液をぶちまけました。

「今度来た時はそのペニスの大きさ測らせてね」と帰り際に言われました。

しかしあの胸は、今思い出しても興奮してしまいます。

COMMENT

Your email address will not be published.