Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
処女 童貞

【体験談】処女ですが、言葉責めクンニで毎日イカされてます・・・

彼氏の言葉責め

投稿者は10代の女性。中学2年生の頃、テニス部のOBが学校にやって来る。二人で片付けをしているといきなり抱き締められる投稿者。激しく胸を揉まれる投稿者は気が付けば唇を重ねてしまい・・・・

年上大学生に言葉責めされて感じる中学生

私が中学2年の夏休みのことです。

テニス部の夏連に大学生のOBがやってきました。

身長180センチでスリムでハンサムな彼を始めて見た時から密かに憧れていました。

そんな彼が実はロリコンの変態だったなんて・・。

ある日、練習中に雷雨になり、コーチはすぐに全員を帰宅させ私とコーチの二人で片付けをする事になりました。

倉庫の中でずぶ濡れの私の姿がコーチの理性を奪ってしまったのでしょう。

シャツが肌にぴったり張り付いて、ピンクのブラジャーがカップの柄がはっきり判るほど透けてしまっていた私の背後からいきなり抱き付かれたんです。

「和美・・、ブラがスケスケだよ・・カップの柄までこんなに・・」

耳元に息を吹き掛けながら、昂ぶった声で囁きながら大きな掌で胸の膨らみをしっかり包んで激しく揉まれました。

「あっ・・いや・・コーチ・・だめですよ・・」

誰とも付き合ったこともない私は、男性にいきなり抱き付かれて驚きのあまり、声も出ず、小さな声で囁くのが精一杯でした。

「和美・・こんなに可愛くて細いのに・・胸、おっきいね・・ ブラのサイズは・・Cの65?」

「えっ?やだっ・・恥ずかしい・・」

私の小さな声が彼には甘えているように聞こえたのでしょう。

ますます興奮して、乳房をブラカップごと鷲掴みにされて、左右に揺さぶりられました。

「和美・・可愛いっ!始めて会った時に好きになったんだよっ! 僕を和美の彼氏にしてねっ!」

「ああっ、コーチっ、私も・・好きっ・・」

夢中で彼の首に両手を回してしがみつき、唇を重ねていました。

しばらく夢中で抱きあっていましたが、彼は燃えるような目で私を見詰めて言いました。

「ふたりきりで愛し合える場所にいこうか・・」

私は黙ってうなずきました。

それから彼の車で郊外のラブホに行きドアを閉めるとすぐに裸にされました。

ブラもパンティも剥ぎ取られて、素っ裸にされて明りも消さずにベッドに連れて行かれて、花びらをクンニされました。

汗まみれでシャワーも浴びずに汚れた場所を彼に舐められて死ぬほど恥ずかしく、私は必死で彼に懇願しました。

「やだやだ・・お願い・・シャワーを・・、そこ・・汚れてるのっ!」

「和美っ、僕がお口で綺麗にしてあげるよ」

「いやあっ・・!」

「和美の花びら、ピンク色だね・・処女なんだね・・」

「やぁっ!見ちゃいやっ!恥ずかしい・・」

「お毛々、ぽしょぽしょで柔らかいね・・かわいいよ・・においも最高・・」

縦割れを舌先でなぞられるだけで、感じてしまい気が遠くなりそうでした。

私の体は敏感すぎて、硬くなった乳首を彼がそっと口に含んだだけで電気が走りました。

海老のように体がのけぞって、イッてしまいました。

半失神の私に彼は優しくキスしてくれました。

「和美・・大好きだよ・・いきなりセックスはしないからね・・ゆっくり時間を掛けて女にしてあげる・・」

その言葉どおり、その日は一緒にお風呂に入って、洗いっこして帰りました。

と言っても洗いっこをしている時も彼のいやらしい手つきに私はイってしまったのですが・・・

でも、始めて勃起しきった彼のペニスを見た時は「いつか・・こんな太いものが・・私のあそこに・・」

ちょっと怖くて目を背けました。

彼は私の手をとって、ごつごつした硬いゴムのようなペニスを握らせました。

「すこしづつ馴染んでね・・」

それからたびたび彼のマンションにいったり、ラブホデートしました。

服を着たまま、彼の懐に抱かれて、無修正のセックスビデオを見せられ胸を撫でられ、パンティの上から秘裂をなぞられ、同時に2箇所を愛撫されました。

彼は女の子がいやらしい、恥ずかしいと思うような言葉で責めたり私に言わせたりするのが、一番興奮するらしくまず、ブラのサイズを大きな声で言わされました。

パンティ一枚にされて、クロッチの上からあそこを指でこすりながら「和美・・ここ、濡れてきたみたい・・脱がないとシミになっちゃうよ・・ エッチなジュースのシミ、ママにばれちゃうよ・・裸にしてっていってごらん・・」とか「和美の脱ぎたてパンティの匂いを嗅いでくださいって、言って!」など。

他にも「脱ぎたてパンティの恥ずかしいシミをチェックしてくださいって、言ってごらん!」とか、彼にぬるぬるの割れ目を指先で擦られながら、死ぬほど恥ずかしい言葉を強要されました。

そのたびに、やだっ、いやぁ、と泣きながら声を上げましたが、恥ずかしがる自分に興奮していたのも事実で、彼は本当に言わせようとしているのではなく、私が恥ずかしがる姿に激しく昂ぶって一気にパンティを剥ぎ取り、クンニしてきます。

私は恥ずかしい言葉を言わされてるだけで、既に興奮して十分に濡れていました。

足を広げられ、割れ目に彼の長い舌が潜り込んでくるだけで、身を奮わせて絶頂に達していました。

ある日、お風呂で彼の胡坐の上で、乳房を掬い上げるように揉まれ割れ目を指でなぞられながら、唇を奪われていました。

裸で弄られながら耳元で、彼にオナニーしてるだろうと言われ、思わず狼狽してしまいました。

確かにパンティの上から、そっと擦るような稚拙なオナニーはしていました。

彼に確信があったわけではなく、いつものように羞恥心をあおったのですが私の表情が彼の欲情に更に火を付け、体を拭くのもそこそこにベッドへ連れ去られ嫌がる私の足が大きく広げられ、大股開きにされてしまいました。

足首を取られ、Vの字に股を広げられた私は、髪を振り乱し、激しい羞恥に悶え狂いました。

「いやいやいやぁっ!こんなのいやぁ!」

「もうこんな可愛い子がどんないやらしい事考えてるのっ?教えてっ!」

「美少女はオナニーなんかしちゃだめ!」

「いやらしい気分になったら、いつでも呼んで!ちんちん、硬くして飛んでくるからっ!」

「お口で和美のはなびら、好きなだけ掻き回してあげるからねっ!」

私の股間に顔を埋めて、猛り狂ったように、舌を差込み掻き回してきました。

いやらしい言葉を散々聞かされながら、ねっとりと愛撫された割れ目からエッチなジュースがどんどん溢れて、それを彼が掻き回す度にピチャピチャと今まで聞いた事もないような恥ずかしい音が聞こえて、気か狂いそうでした。

顎を突き上げて、のけぞりっぱなしの私は、自分のちんちんをしごきながら「和美、すごいよ!花びらが開いて、エッチなお汁がたくさん溢れてきたよ!男を迎え入れる準備してるんだね!僕のちんちん、欲しいの?ねぇ!」

「やんやん、言わないでぇ!」

その時は言葉よりもっともっときつく舐めて欲しかった私は、両手で彼の頭を押さえて股間に押し付けました。

そのとき、彼の高い鼻がいつのまにか勃起していたクリトリスに当たって・・。

声も出ず、全身を電気が貫き、海老ぞっていました。

その気持ちよさといったら・・。

私がアクメに達したのを感じた瞬間、私の名を呼びながら彼も精液を大量に放っていました。

肩で大きく息をして、上下する乳房を彼は優しく掌で包みこんで、尖りきった乳首を指先で転がしたり、そっと口に含んだりしました。

初体験までもう少しです。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    マンカスだらけの処女マンコ舐めてくれてありがとうって御礼はしてるのかな?(^-^)
    よかったらオジサンも舐めたいなー

    jam885

COMMENT

Your email address will not be published.