浮気 不倫

【体験談】ショタの精子を絞り取るアラサー淫乱妻がこちら・・・・

無垢な少年を筆おろし

投稿者は30代の女性。親友の息子を預かることになったのだが、ある日投稿者がソファーで寝ているとその息子が投稿者に覆いかぶさってきて・・・・

親友の息子とエッチして感じる女性

去年の事です。

故郷の親友の息子(中学3年生)が夏期講習で、我が家に来た時のことです。

彼は東京の高校を志望しているため、お願いされたのでした。

私は30半ばの既婚でしたが子供はいません。

そんな事こともあり、彼を我が子の様に見ていましたが、彼にとってそうではなかったのです。

でも、私はそんなことに気づく事はありませんでした。

夏休み初日、彼は家に着くとすぐに、夏期講習の受付にでかけました。

私は彼の帰りを待っている間、私はソファーでウトウトしていました。

どれくらいウトウトしていたのかはわかりませんが、何か人の気配を感じ目を覚ますと彼が隣に座りじっと私を見ています。

「どうしたの」

「おばさん、僕」

「何?」と、突然、私に覆いかぶさってきました。

「だめよ、こんなことしちゃ」

彼の手は服の上から私の胸を触っています。

「おばさんがずっと好きだったんだ」

私はびっくりしましたが、とっさに彼を抱き締め、彼の唇を奪いました。

これには逆に彼が驚いたようですが、私が重ねた唇から舌を差し込み、彼の舌と絡め合わせて、ディープキスを時間を掛けて交わすと彼の体から力が抜け、股間のオチンチンは硬く大きくなっていきました。

「落ち着いた」

「うん」

唇を離し、私の問いかけに彼は頷きました。

彼に私を襲うとした理由を聞くと、私の事を小さい時から好きだったのと、母親の自分に対する重圧が相当なストレスとなっていたらしく、寝ている私を見てついムラムラとしたみたいです。

「ごめんなさい」

謝る彼を私は可愛いと思うと同時に愛しさがこみ上げてきました。

「ううん、かわいい公平君が私のことを好きだといってくれたんだもの。私もあなたの事が好きよ。だから、そんなに悲しい顔をしないで」

「ねえ、公平君、キスとか初めてでしょ、私が相手でよかったの」

「うん、初めてがおばさんでうれしい」

「ありがとう。じゃあ、おばさんが公平君の初めてを全部奪ってあげる。私に公平君の童貞を奪わせて。その代わりに好きなだけ、生で中出ししていいから」

「いいの」

実は夫とは30代になってからはずっとレス状態でした。

私は欲求不満解消の為に11歳から16歳くらいの男の子を誘惑し、私のマンコで童貞を食っておりました。

だから、彼に襲われたても、対処できましたが、ここ1年はうまくいかないので久しぶりの童貞が食えるので嬉しくてたまりません。

「もちろんよ、さあ、ここではなんだし、ベッドに行こう」

私は彼を連れて、寝室に行きました。

寝室に行くと再び、ディープキスをしました。

私は彼の服を全部脱がせました。

跳ね上げられるように彼のオチンチンがが出てきました。

今まで体験した少年の中で一番大きかったです。

それを両手で持ち、ゆっくりとしごきました。

気持ちよさそうな彼。

ついで先端部分を優しく舌で刺激すると液体が出てきます。

すっぽり口に含み、数回上下すると、彼はうめき声と同時に私の口の中いっぱいに精液を放出しました。

私はそれを飲み干し、さらに舐りまわし、3回も口の中に出させ、もう1回舐めまわして大きくしました。

我慢できなくなった私は、彼をベッドに寝かすと全裸になり、跨りました。

「さあ、公平君の童貞を奪ってあげるね」

「うん」

彼の返事と同時に、私は自ら彼を体内に迎え入れました。

さすがに3回放出しているので長持ちしました。

上下左右に腰を回転させ、私は親友の息子の童貞のオチンチンを堪能しました。

腰を振りながら、彼とキスをしたり、彼の乳首をチロチロとしてみたり、自分でもいやらしい女だと思うぐらいに乱れました。

彼の手を私の胸に導き触らせてあげると、「やわらかい。」と言って無我夢中に触っていました。

「おっぱい舐めてもいい。」って彼が聞き、私は「いっぱい舐めてね。」と言いました。

おっぱいを舐められて興奮した私は、更に腰の動きを激しくします。

イキそうとの叫び声。

「いいよ、中に出しなさい。私のこと好きなんでしょ。好きな女の中にいっぱい出して」

彼の物はドクドクと大量の精液を吐き出し、私は子宮で受け止めていました。

さらに彼が満足するまで、セックスをしました。

「ねえ、公平君、約束して。夫やあなたのお母さんはもちろん誰にもしゃべらないと。それからしっかり勉強をして、東京の高校に入ると。約束を守るなら、夏休みの間、ずっとセックスしてあげるから」

「本当、僕、頑張るから」

こうして夏休みの間、夏期講習から帰ってきたら、すぐに彼とセックスをし、私の膣内で精液をすべて吐き出させました。

彼と私の体の相性はばっちりで、最初は私のペースでしたが、夏休みが終わる頃には彼にペースを奪われ、大きなオチンチンで私の膣内を味わってセックスをするようになりました。

もちろん、約束どおりに勉強に集中し、彼の成績は夏期講習の間、ずっと10位内に入っており、二学期中旬には高校の推薦入学を勝ち取りました。

二学期なので一旦故郷に帰りましたが、冬休みに高校の下見のためにと我が家を訪れ、夫も出張でいなかったので、二人でセックス三昧の日々を送りました。

高校に入ると我が家に彼を下宿させています。

もちろん、毎日、学校から帰るとすぐに、夫が出張でいない週末は一晩中、彼と愛し合っています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。