レイプ

【体験談】寝たきり祖母の隣で介護ヘルパーに犯される人妻

台所で犯されて

富山県在住の専業主婦からの投稿。祖母の介護をしながら専業主婦をこなす投稿者。週2回の訪問ヘルパーの時間は投稿者が唯一介護から解放されるひとときだったが・・・・・・

青年に犯された専業主婦

私は35歳の主婦です。

祖母の介護をしながら専業主婦しています。

最初の頃は介護に対して前向きな気持ちがありましたが、あまりにも身体的、精神的な苦痛が多く、祖母よりも私が先にダウンするのではないかと心配になり夫に相談しました。

そして買い物やその他の用事をする為に週に2回、ヘルパーを頼んでいます。

我慢せずもっと早く利用すれば、と今になって思っています。

今までは女性の方に交代で来ていただいていたのですが先月からたまに男性の若いヘルパーさんが来られるようになりました。

昨日は特に買い物や外出の用事もなく、ヘルパーさんが来る時間に家にいました。

いつもの様に祖母の身体拭きや着替え、シーツ交換等をやっていただいている間、私はキッチンで夕食の準備をしていると、ヘルパーさんが「すみませ~ん」とキッチンに入ってきて「は~い」と振り向くと急にキスしてきました。

あまりにも急で何が起きたか分からないまま舌を入れられ、服の下から胸を揉まれ、もう一方の手はスカートの中に。

ほんとに早業でした。

身体のいたる所を一度に触られているようで、抵抗するどころか快感が押し寄せ、力も入らずなすがまま。

上の服を脱がされ、ブラも取られて、あっという間に恥ずかしい恰好にさせられてしまいました。

その状態で、おっぱいを揉まれ、乳首を摘ままれ、私の身体は完全に敏感になってしまいました。

すぐにパンツも下ろされてしまい指でかき回され「グジュグジュッ・・」っと恥ずかしい音が・・・

やっと口を離してもらえた時には、私の口からは「ああっ、はあん」と女の声しか出ませんでした。

休む間もなく、スカートも脱がされてしまい、全裸にされてしまいました。

恥ずかしいとか感じている間もないほどです。

次の瞬間には私の両手をキッチンにつかせて、後ろから一気に一番奥に反り返ったモノを突き立てられました。

もうそれからは激しく突かれたことしか覚えていません。

覚えていることは、間違いなくこれまで入れられたモノで一番大きくて固かったということぐらい・・・

隣の部屋にいる祖母に声が聞かれないように、必死でこらえながらイってしまいました。

私がイってもまだ激しくピストンは続き、私が2回目の絶頂を迎える頃「ああああっ!」と小さく叫びながら中に出されました。

終わると「すみませんでした。奥さんのことが抱きたくて・・本当にすみませんでした。」って服を直してくれた。

ポタポタとキッチンに垂れた、彼の精液も綺麗に拭いてくれていました。

なんだかあまりに素直に謝られてしまい・・呆然。。。

でもまた来週にはその人のシフトがある。

来るのかな・・来たらどうしたらいいのかな・・

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。