処女 童貞

【体験談】処女マンコをクンニされて白濁液を垂れ流す女

初めてのクンニ

仲良くなった女の子をホテルへ連れ込んだ投稿者。話を聞くと処女らしく、Hするのが不安な様子。そこでひたすらクンニで気持ち良くしてあげることに・・・・
はじめてのSEX

なつみはSNSで知り合った女の子。

なんとなく会話している内に過去の恋愛話に・・・・

彼氏がいたが、今は別れてフリー。

住んでる所がちょっと田舎・・・・

エッチはしたことがないらしく処女だとか。

そんなことを聞いてる内に俺の話に・・・・・・

過去の経験を話すと急に色々と質問が・・・・・・

みんな痛くないの?

気持ち良いもんなの?

いっぱい舐めてくれる人?等々・・・・・・・・

そんな話をして数日後には会ってみたいと言ってきたものの、なかなか時間が合わない・・・・・・

その間にもどんどん質問してくる。

女の人ってみんな声は出すの?

マンコも舐めるの?

咥え方に上手いとかあるの?等・・・・・・・

そうして、ようやくなつみに会う日がやってきた!

昼過ぎに夜勤明けのなつみを迎えに行った。

ホテルに行く約束はしていたものの、軽くドライブしてホテルへ行くことを考えていた。

なつみは恋愛経験が少なく、、、、、ホテルも行ったことがない・・・・・ということで、車を走らせたが・・・・・。

なつみが30分もすると「ホテルはまだですか??」と言ってきた。

そういうのならドライブは不要と考えすぐ近くにあったホテルへ・・・・・・・。

ホテルに入り、部屋を選び、入室。

なつみはお風呂を見たり、テレビのリモコンでチャンネルを変えたりホテルの設備をみていた。

落ち着いて、ソファに座るとなつみの方からもたれかかってきた・・・・・

すかさず肩を抱いてキス・・・・

そのままディープキス・・・・・

すると、恥ずかしい・・・・どうしていいかわかんないよぉ・・・・・

任せてと言って再びキス・・・・・・・

どうしていいか分からず戸惑うなつみ・・・

構わず、抱きしめて、耳や首筋に軽くキス繰り返していく内にどんどん力が抜けていく。

胸を揉みつつ、時々服の上から乳首を摘まんでみたり・・・・

ん・・・ん・・・・と声を我慢するなつみ。

しばらくそんなことを繰り返すと・・・・・

ねえ、アレしてほしいと言ってきた。

あれ?と思い聞いていく内にクンニのことだと分かった。

なつみのパンティも脱がせた。

仰向けに寝かせ、足を開き割れ目の横から・・・・・・

身体を震わせるなつみ。

足の付け根にかけてて丁寧に舐めていき、時々動きを止める。

そこで一気に動き出す。

最初は声を我慢していたなつみだが、次第に我慢出来なくなっていく。

まだ、肝心の所を舐め始めていないにもかかわらず・・・・・

そして、声が大きくなってきたところで、本格的にクンニを開始した。

なつみを横にした後、周りから攻めていき、いよいよ大事な所へ。

下の先を使って、割れ目に触れるか触れないかの所で下を上下に動かす。

時々、左右の動きも入れながら・・・・・・・・・

なつみは身体をくねらせ、ん・・・・・・・ん・んん・・・・・・・なんて声をあげている。

そんな動きも入れつつ、指で割れ目を広げて、クリちゃんをつんつん刺激する。

ゆっくりゆっくりと刺激していくと、なつみの声はどんどん大きくなっていく・・・・・・

マンコからはザーメンのような白濁液が垂れていた。

これがエロ漫画なんかでいう本気汁ってやつか、と感激。

そんなこんなで指の先も使いつつ、下をフル稼働させ、約30分間丁寧にクンニした頃にはなつみの息はあがる。

なつみはハァハァ言いながらも、「ねえ、入れて」とおねだりしてきた・・・・

なつみの処女マンコはもうふやけてグチョグチョになっていた。

なつみの服を全部脱がせて、自分も全部脱いだ。

まだ半立ちだったので、なつみに触り方を教えて大きくしてもらった。

それから、なつみを抱き締めてキスをした。

相変わらず、なつみのアソコは濡れ濡れで、自分も準備は万全だった。

コンドームをつけて、なつみの上に覆いかぶさった。

ここでようやく本番に・・・・・のはずが、亀頭すら痛がって入らない。

これだけ愛撫をして無理ならば、もう諦めるしかない。

そのまま、また股の間に頭を潜り込ませクンニ再開。

何度も何度もイッてくれた。

挿入はまたトライしようと思う。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    たまに舐め犬とかいるけどクンニだけして何がおもろいのか理解不能

  2. エッチな名無しさん says:

    処女は洗い方も知らねえからクサい!保険の授業で教えろ

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。