恋人 夫婦

【体験談】痴女ですが、乳首開発でM旦那をイキ狂わせてみた・・・・

M男のチクビ開発

奈良県在住の既婚女性からの投稿。先日から旦那の乳首開発をはじめた痴女奥様。今ではもうペニスに触れることなく射精するまでになったらしく・・・・
スケベな奥さん

男性の性感開発についてお話したいと思います。

女性の皆さま乳首舐めは、どのようにされていますでしょうか。

それぞれの好みもありますでしょうが、私は、音を立てずに乳首舐めをするのが好きです。

その方がエロティックに感じられますし、音を立てるよりも上品に感じるからです。

ペニスに触れながら乳首舐めをすると、明らかにペニスが固くなっていくのが分かりますね。

ペニスを触る手もフェザータッチで、亀頭を撫でる時も、触るか触らないかで焦らせていきます。

乳首舐め、乳首摘み、亀頭のフェザータッチで、男性はペニスも心もトロトロです。

男の思いは、「早く握って欲しい、早く出したい」という思いでいっぱいです。

男性の耳元で淫語を囁き、乳首を甘噛みしながら、ペニスを握ってみます。

乳首を甘噛みして、乳頭を舌先でかすらせるようにすると、亀頭はパンパンに膨れているのが分かります。

亀頭が一瞬大きくなったかと思うと、ペニスをビクビクさせながら、男は、大量に精液を射精し続けるのです。

精液を絞り出すようにしながら、男の耳元で囁きます。

「乳首を舐められて、お漏らしをして、まるで女の子みたいだね。」

ほとんど乳首だけで出してしまうのですから、乳首舐め、奥が深いです。

私は去年から旦那様の乳首開発を始めました。

開発といっても、SMのように何か特殊な器具を使ったりとかではありません。

ひたすら、舐める、弄ることで感度を良くしていきます。

始めた頃は乳首を舐めると、くすぐったいなんて言ってましたが、両腕を押さえつけて逃げられなくした状態でひたすら舐めてあげます。

乳頭は残して、脇から乳輪まで舌でなぞる。

次はおへそから乳輪。

くすぐったいと言っていた旦那様、唇を噛み締めながら身悶えてます。

触りもしてないペニスはピクピクと痙攣する始末。

その快楽のピークで、乳輪を唾液たっぷりで舐め回してあげるのです。

乳首にはなるべく触れずに、乳首の回りから焦らしてあげるのがポイントです。

もし、乳首に毛が生えている人であったら、全部剃ってあげたほうが感じやすいので、覚えておいてください。

男性の乳首の毛を剃ってあげる、これだけでも一つのプレイになりますね。

そして、乳首の回りを執拗に攻めたあとで、いよいよ乳首を刺激していきます。

音を立てて、唾液をいっぱいに含み刺激を加えていくのです。

旦那様は乳首のみで射精。

乳首だけで射精させるのって以外と難しくありません。

根気よく責め続けると、あっさり射精するものですよ。

それ以降、旦那は乳首快楽の虜になってしまったようで、今では抓られても吐息を漏らします。

そして指で撫でるころには我慢汁がタラタラと垂れだし、舐めると同時に射精。

玩具のような身体になってしまいました。

次はアナルでも開発してしまおうと思います。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。