Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
SM -M男と女王様-

【体験談】家畜M男、搾乳の如く手コキで精子を搾り取られる

女王様の手コキ

1人の中年マゾ男性を飼育している投稿者。玩具のように扱われ、過酷な調教に耐えきったご褒美には至福の手コキが待っている・・・・
女王様のピンヒール

「全部脱ぎなさい。」

夕日に映える男の裸を、ホテルの窓を背にして眺めている。

男は目隠しされて、そこら辺に、衣服を脱ぎ捨てていく。

対象物が、きれいなモデルのような子であれば、美しい絵にもなっているけれど、「はい、気をつけ。」と男を直立させると、その男はすでに勃起していて、腰の辺りにペニスの影を落としている。

裸になっただけで勃起しているということは、「何か」を期待して、興奮していることを意味しています。

「この男は、明らかに変態だ。」と直感した瞬間です。

「見てあげるから、そのままオナニーしなさい。」と命じると、躊躇もなく、ペニスをしごき始めた。

見ていると、感じそうになると力を抜いているのが分かる。

「手加減しないで、オナニーする。」とハッパをかける。

「もうイッちゃいそうです。」と泣き言を言い始める。

「イッタら、今日は、これでおしまいだよ。ご苦労さん」と言うと、男は、本気で感じ始め、何度か射精感を乗り切ったようだった。

ブランデー・グラスを片手に、夕日に映る変態男をオナニー鑑賞。

たまには、いいものです。

少年のような子だったら、どれくらい遠くに射精させることが出来るかが見ものですけれど、もう、ウブな年頃でもないので、射精感を乗り切る痴態を鑑賞する。

やはり変態は、変態としての扱いをしていかなければ、失礼に当たると思い、オナニーさせながら、首輪をかけて、壁際まで連れて行く。

男を壁際に押し付けた時にも、まだオナニーを続けさせる。

ここで男の首の後ろで、手錠をかける。

そのまま、口に含んだブランデーを、口移しに男の口腔に注ぎ込む。

「飲み込むな。それから、吐き出すな!」と命令してみる。

もうヌルヌルに濡れているペニスに、さらに唾を吐きかけて、ペニスを上下にしごいていくと、男は、唸りながら感じている。

「次は、空気椅子。」

「そのまま、腰を下げる。」

男を壁を背につけたまま、腰を下げさせて、

膝が90度のあたりで止めさせた。

早くも膝が、プルプル震えている。

「電気椅子みたいだね。これを喰らったらどうなるのかな」とアナルにディルドを差し込んでみると、男は「う~」等と唸っている。

ディルドをグリグリ回しながら、亀頭を揉み回したりすると、男は、顔を真っ赤にしながら、更に「う~う~」呻いている。

「絶対、飲み込むな。絶対、吐き出すな。」と命令を繰り返す。

「アナルを犯されて、こんなに亀頭を弄られたら、もうたまらないよね~。この変態。」

電気椅子が限界になり始めた頃、男を立たせていく。

「よく頑張ったね。ご褒美だよ。」と言って、男を背にして、素股でペニスを挟む。

「それでも、飲み込むな、吐き出すな。」と厳命して、内股からはみ出した亀頭を、高速で揉みクシャにしていく。

男は、私の背中の後ろで、尋常な状況ではないらしく、悶えながら、呻いている。

「アハハハハ、変態さんってこんなに感じるんだね~」と哄笑が収まらない。

私が疲れた時に、止めてみたら、男は感じ疲れていた。

「今日は、いっぱい射精して、気持ちよくなりたいんだったよね。」と確かめてみる。

男をベッドで、四つんばいにして、後ろから乳搾りをするように、ペニスをしごいていく。

ペニスを上下に扱くたびに、亀頭が赤紫色に変色していく。

M男は四つん這いのまま膝を痙攣させ、アナルをヒクヒクさせる。

血がでるほどに唇を噛み締めて耐えるマゾ男。

まもなく、乳白色の液体が噴出して、それを搾り出すように、空のグラスで受け止める。

「ずいぶん一杯出たね~。飲んでみようか?」と聞いてみる。

ブランデーグラスに入った精液をブランデーで割って、甘みを出すために、メイプルシロップを入れてステアする。

「いい香りがしてきたね。」

「高いお酒なんだよ。私のお酒飲めるよね。」と話しかけ、男の鼻を摘まんで、精液カクテルを口の中に注ぎ込む。

「はい、変態さん。ゴックン!」と命令すると、男は美味しそうに飲み込んだ。

ご褒美に足を舐めさせてあげると、男は嬉しそうに指先をしゃぶっていた。

それから男の顔面に跨って、男の口に私のアソコを押し付けると、一生懸命ニオイを嗅いでいた。

「変態くんなら私のオシッコ飲めるよね。」と聞き、男の返事を待つまでもなく、私は男の口をめがけてオシッコをした。

「絶対こぼすな、全部飲み干せ。」と命令する私。

男は本当にこぼさずに全部飲み干していた。

変態との夜は、まだまだ続く。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    こんな性処理ペットみたいに扱われたいです!誰か調教してくださいお願いします。容姿は悪くはないです

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA