SM -M男と女王様-

【体験談】童貞M男が連続射精でイクイク叫んで腰砕けwwww

終わりのない連続射精

M男性を調教するのが何よりの趣味という投稿者女性が、可愛い童貞少年と出会ってしまう。少年は無垢な身体に快楽をたたき込まれ・・・・・
誘う痴女

まだ少年と言ってもいいその大学生は、肌が白く、とても滑らかです。

初見の時に、お話を聞いてみると、彼女はいるけれど、最後までエッチをした経験は無いということでした。

一言で言うと、私のタイプの子でした。

お話の際に、連休に会うお約束をして、「セク禁」「オナ禁」をお願いしたところ、1週間も経たない内に、「もう我慢出来ない」と連絡があり、連休の初日に会うことにしました。

ホテルで二人きりになり、上着を脱がせて胸に耳を当ててみると、童貞でもないのに、早くも息が荒く、心臓がドキドキしています。

そんな様子が、年下の男の子の可愛さなのですが、彼の体を確かめるように、下着姿だけにしていきます。

改めて、後ろから抱き寄せて、心臓の鼓動が収まり、男の子が落ち着いてきたら、いよいよお楽しみです。

セクシャルに胸を撫で回したり、内股に指を這わせ、乳首をコリコリと摘んでいくと、ペニスは既にギンギンです。

ペニスが暴発しないように丁寧に洗いながら、アナルにも指先を滑らせると、「アン」と言いながら、ペニスを硬くする姿は、なんとも可愛いです。

私も萌えてしまい、普段、フェラチオをしないのですが、彼の若いエキスを欲しくなってしまい、ペニスの先に口付けをして、裏筋をチロチロとくすぐるように舌を動かしてみます。

袋を揉みながら、袋の裏を軽く掻いて、しごいていくと、睾丸がキュッと締まり、口の中に青臭いニオイが広がりました。

そのまま若いエキスを飲み込み、舌裏で鈴口をくすぐると、若い彼は、身震いしながら感じているのが分かります。

ペニスの先に口付けをしたまま、精管に残るエキスを吸い上げて、口を離してみると、ペニスはそのまま血管を浮き上がらせながら、いきり立っていました。

若いって凄いですね。

目隠しをして、ベッドの上に男の子を横たえて、指が乳首に当たらないように、胸に指を這わせて、反応を楽しみます。

乳首を指先で触れてみたり、脇をなぞっていくだけで、体がビックンビックンと反応していきます。

「君って感じやすいんだね」

「可愛いね」

「こうすると、どうなっちゃうのかな?」と耳元で囁きながら、ペニスを下から上へ指先をかすらせててみると、顔を紅潮させながら感じています。

「体全体を弄ったらどうなっちゃうのかな?」

「君って、Mっぽいよね。」と言いながら、彼の手足をベッドの脚で拘束していきます。

乳首を舐めながら、左手でも乳首を撫で回すと、触ってもいないのに、ペニスがひとりでにピクピク動きます。

「ローション使ったことあるかな?」とローションを手の平で温めて、ペニスを初めてしごくと、また彼の吐息が可愛く感じます。

「いつもどうやって、自分でやってるの?」と意地悪な質問をして、そのとおりに、ペニスをしごいて遊んでみる。

「ストッキングなんか使ったことないよね。」と聞きながら、ペニスをしごいたら、これまでにない乱れ方で喘いでいます。

「一人エッチだと、こんなに感じられないよね。」

そのまま乳首を撫で回したら、「イクイク」と言いながら、彼の顔にまで届くぐらい射精して、イってしまいました。

続けて、ペニス反応に合わせながら、両手でしごいていくと、「ダメ、ダメ、もうダメ。」と言うのに、ペニスを硬くして、再び射精。

何度連続して射精してもすぐに起き上がるペニス。

もう口は半開きになり、トロンとした表情になっています。

次にペニスをストッキングに包み込み、揉むようにペニスをしごいていくと、「もういいから、止めて。」と言いながら、顔を左右に振っているけれど、「あっ、あっ」と言いながら、射精し続けている。

「こんなに感じてるんだから、止めないよ。」

「今まで、こんなに感じたことはないよね。」

「それにね。もういいかどうか、私が決めるの。」

「君って可愛いから、やりたい放題に、いたずらしちゃうよ。」と言いながら、彼の太股にまたがって、動けない下半身を責め続け、ローションと精液で汚れた若いペニスをストッキングで弄くり、もて遊ぶ。

ペニスが赤くなり、フニャっとしたところで、「この辺で、許してあげる。」と止めたところ、淫らな下半身と幼さが残る横顔のギャップが妙にエロっぽかったです。

「こんなの初めてです。」と呟くけれど、射精後の連続射精は、時間をかけて体得したテクニック。

君の彼女では、ここまで君を感じさせられないよ、と内心思いつつ、後戯のソフトタッチでは、ぐったりしたペニスは反応しなくなっていました。

そしてせっかくだったので、女性の感じさせ方をレクチャーしてあげました。

おっぱいの愛撫の仕方や、クリの触り方、クンニの仕方など、どうすれば女性が気持ち良くなるか、私は身をもって教えてあげました。

根が素直で、思いやりもあるのでしょう。

教えたことを忠実にこなし、とてもセンスを感じました。

そしていつの間にか私も気持ち良くなってしまい、自分でも驚きでしたが、イカされてしまったのです。

まだ挿入はしていませんが、なんだか非常に相性の良さそうな予感をしています。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    あーこんな気が狂うほど射精させられてみたいっす。。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。