出会い系アプリ

【体験談】唾液たっぷりの焦らし手コキで責めるナマイキ少女

手コキで延々と焦らす

長野県在住の男性からの投稿。先日、娘より年下の若い女と一夜を過ごした投稿者。試しに手コキをさせてみるとネットリ唾を垂らしてプロ顔負けのテクで責めるではないか・・・・
床上手の女

半年ほど前に会った女との話。

相手は出会い系サイトで知り合った女性です。

18歳、短大生。

私は 61歳。禿げ親父。

女性はスタイル顔ともに中の下。

若いだけが取り柄かな。

シャワーを済ませベットに入って、その部分に顔を近づけるとかなり臭う。

「外れだ・・・。」

サービスは中止し「俺のも舐めて!」

仰向けになった。

女はベットに上体を起こし、面倒くさそうに息子を口に含んだ。

女の唇と舌の動きに身を委ねる。

「上手い!!」

歳をとって普通のフェラでは勃起しないのだが、先端に絡みつく舌の動きがネットリとリズミカルで、思わず腰を捩ってしまうほどの快感が襲う。

(す、凄い!)

舌遣いを確かめたくて顔を上げると、女は無表情に息子を手で掴み、先端でリズミカルに指を動かしている。

そして唾をタラーッと垂らすと、手の平で握り直した。

そこから絶妙な力加減、動かし方での手コキが始まった。

そして時々、これも無表情に唇に銜える。

いやらしさのかけらもない。

普通ならその時点で「もう良いよ。」と中断させシャワーを使って帰るのだが、なんとも息子の気持ちの良さが半端じゃない。

女のどの部分で気持ち良くなるかの問題を通り過ぎてしまった。

愛する男を楽しませようと懸命に奉仕しているわけではない、ただただ事務的に手で扱いている様子だが、なんとも素晴らしい手淫。

これが才能ってやつか?

(こいつはプロか?)と思いリサーチを掛けてみる。

「上手いね。誰に教わったの?」

「誰にも教わってない・・・。自分で研究して・・・。」

「彼氏にやってあげるの?」

「いません。」

「時々こんな風に会うの?」

「たまに・・・。」

(この指さばきは たまにじゃないな。)

「みんな 喜ぶでしょう。」

「手だけでやってくれって言う人もいますけど。」

話しながら何度も「ウッ!」と声が漏れてしまう。

説明は難しいけど、ぬるぬるとした感覚が延々と続き、脳天を突くような発作的な快感が小刻みに訪れる。

小娘にいいように弄ばれている感覚だ。

数十分、何度も何度も寸止めを食わされ、もう我慢出来ない所まで来てしまった。

「ね、おっお願いだからイカせて!」

不覚にもお願いしてしまった。

そのまま数回焦らされ続け、再度「ねっ お願いだから。」

女は無表情に息子を銜えた。

暫く舌でいたぶり、片手で竿を扱き、もう片方の手の平と指先で 息子の頭をリズミカルに刺激する。

「うっ、ううっ!」

大きく腰を浮かせて発射。

女はこれも無表情に唇でお掃除をしてくれた。

それなりに女性経験は豊富だったつもりだけど、この女には完敗。

気持良くしてもらったお礼に、中止したサービスを再開した。

ねっとりとしたクンニをしてあげると、女は感じてきたようで、「あっ、いやっ。」と小さな声で喘ぎ出す。

その声がまた可愛くて、今度は指でクリとアソコの中を刺激する。

すでにタップリと濡れており、アソコに指を入れて、激しく刺激をすると、女は「いやっ、ダメ、イクっ・・・」とあっという間にイってしまった。

そしてそのまま正常位で挿入して、エッチを楽しんだ。

帰り際、また会いたいと伝え連絡先交換をした。

それから半年経つが、あれ以来SEXをしていない。

彼女の手コキでしか満足出来なくなってしまった。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。