人妻 熟女

【体験談】私は痴漢に犯されて悦ぶハシタナイ人妻なんです・・・・

痴漢に犯された話

ご主人から家ではノーブラで過ごすよう命じられている投稿者女性。ある日、ブラジャーをつけるのを忘れて電車に乗ると、痴漢にあってしまい・・・・

痴漢に犯されて感じる女性

私は、二十七歳の専業主婦です。

主人は三十六歳のサラリーマンで、半年前からEDなのです。

EDの人って初めてで、私もどうしていいか分かりません。

手コキをしてもフェラチオをしても、無理やり中に入れてみても、ダメでした。

なんだか私に魅力がないせいなのかと自分を責めてしまうこともあります。

ですから、少しでも主人の力になりたい、なんとかしてあげたいと思っていました。

主人は、どこで聞いてきたのかEDに効くからと言って色んな事を私にさせます。

まずは下着を買いに主人と一緒にアダルトショップに出掛けます。

店に入ると男の人達がチラチラと見てくるのです。

恥ずかしいのを我慢して店内を進み下着コーナーまでたどり着くと、主人がエッチな下着を選んでくれます。

最近よく買うのがレースの透けた下着です。

ブラジャーは乳首が立つとすぐに分かり、時々男性の視線を感じて変な気分になります。

パンティは全面スケスケで紐のTバックを穿くように言われ、下着の色まで赤・黒・紫・ピンクにするように言われています。

服装もミニスカートが中心です。

中には屈むとパンティが丸見えになってしまう丈のスカートまであります。

シャツも胸元が広く開いた服が多いです。

家の中では、ブラジャーをつけることは禁止なので、来客があった時は乳首が立っていないかドキドキして出ます。

この前なんかはアダルトショップで購入したローターとバイブを渡され、主人の前でオナニーをさせられました。

主人は私のオナニーを見ながら、自分でペニスを触っていましたが、やはりダメでした。

私はローターとバイブが気にってしまい、主人の居ない昼間にオナニーをしています。

前は主人のことを想いながらオナニーしてましたが、最近では男性からの視線や他人にレイプされることを想像しながらオナニーしています。

先日の朝、主人が7:00に家を出て7:15にメールがきました。

「机の上にパソコンを忘れた。会議に必要なデーターがあるから会社まで持ってきてくれ。今出れば間に合うからお願い」

私は机の上にあるパソコンが入っている鞄だけを持って家を飛び出しました。

駅に着いて電車に乗ると相変わらずの混雑。

私がOL時代の頃と何ひとつ変わっていないことに驚きました。

その時、目の前に立っているおじさんが私の胸元をチラチラ見ているのに気付きました。

私は急ぐあまりうっかりノーブラで電車に乗ってしまった事に気付いたのです。

私は身長が低いので上から覗かれると乳首まで丸見えのはず。

そう思うと恥ずかしくなりましたが、もう一方でもっと見て欲しい、触って欲しいと考えてしまう自分がいました。

1つ目の駅を通過した頃、お尻に何かあったている感じ。

もしかしたら痴漢かなと思っていたら、案の定ミニスカートの中に手が入って来ました。

先ほどのおじさんとは別のサラリーマン風の男性です。

そしてお尻を撫で回しながらTバックを器用にズラして、アソコに指が入ってきました。

後から耳元で「メチャメチャ濡れているよ?スケベだね、ヒモパン記念にもらうよ」と言われ、抵抗したくても鞄で手がふさがっていて痴漢の人にされるままパンティの紐を解かれ、抜き取られました。

そして、その光景を見ていたチラ見するおじさんまで痴漢に混ざってきました。

シャツの中に手を入れられ胸を揉まれました。

痴漢されているのにアソコはびしょびしょになるまで感じてしまい、何回もイカされました。

2人の男性に前と後ろから延々と痴漢され続けたのです。

電車を降りる時にサラリーマン風の男性から声をかけられましたが、ホームで待つ主人の姿を見ると、逃げるようにして去って行きました。

主人にパソコンを渡して見送った後、私はすぐにトイレに行きトイレットペーパーで濡れたアソコを拭きました。

オナニーがしたくなりましたが我慢して帰りの電車に乗りました。

帰りの電車は空いていたので座席に座れました。

痴漢に遭った事を思い出していたら隣の男性が話し掛けてきました。

「奥さん、さっきの続きやろうか?ノーパンで電車乗るなんて誘ってんだろ?」

驚いてその男性の顔を見ると、途中から痴漢に混ざってきたおじさんでした。

私は次の駅で降ろされて近くのホテルに連れ込まれ、何回も犯されました。

おじさんは主人より年配なのに、ペニスがすごく固くて驚きました。

しかも絶倫というのでしょうか、1度射精してもすぐに復活し、私の中に入ってくるのです。

当然ゴムなんかも付けてもらえず、全て私の中に出されてしまいましたが、私も自分で腰を振りながらそれを受け入れてしまったのです。

恥ずかしながら、私もいっぱいイってしまいました。

フェラチオしている写真や正常位で犯されている写真取られ携帯番号・メールアドレスもチェックされてしまいました。

おじさんは、「奥さん、また連絡するよ。またたっぷりと犯してやる」と言って部屋を出ていきました。

時計を見ると14:00を過ぎており、私はシャワーを浴びてからまたノーブラ・ノーパンで家に帰りました。

主人には痴漢に遭ってその後にレイプされたことは言えません。

あのおじさんからいつ連絡がくるか心配です。

でも凄く気持ち良かった。

また痴漢されてレイプされたいと思ってしまうのです。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。