オナニー

【体験談】マイチンポ、好きな女子に唾液手コキされてご満悦wwww

あの子の手コキ

大学時代、片思い中の女子を含め数人で宅飲みをしていた投稿者。夜、ふと目が覚めると一緒に寝ていた友達カップルがセックスしていて、たまらず隣の部屋でオナニーをはじめると・・・・
好きな女性
大学一年の春、好きな子ができて告白したのだがフラれた(故郷に遠距離の彼氏がいるそうだ)。

未練タラタラのまま時が過ぎ、やがて二年になった。

夏頃だったか、同じ専攻の数人で俺の家で集まって飲むことになった。

その中にその子もいた。

かなり遅くまで飲んでて、気がつくとその子と俺とカップル一組の四人だけになり、四人もやがて俺の部屋でいつの間にか眠ってしまった。

夜中、ふと目を覚ますと、ベッドで寝てたカップルがイチャイチャしてた。

しばらく寝たフリしてたが、俺にとってはすぐ側のソファに片思いの女の子が寝てる訳で、どうにもムラムラを抑えられない。

カップルはエロいし、もしかしたらそれを片思いの女の子も見てるかもと思うと理性がふっ飛びそうだった。

このままだと自分を抑え切れないと思った俺は、こっそり抜け出し隣の部屋に移動。

しかし、襖で区切られてるだけなのでカップルの音は聞こえる。

俺は一人になったこともあって、オナニーを始めた。

カップルの音を聞きながら、片思いの女の子を想像しながらシゴいてた。

かなり気持ち良くなってきた頃、突然肩をトントンと叩かれた。

飛び上がりそうなほどびっくりして後ろを振り返ると、その女の子だった。

「なんで私だけ置いてくのよ~」と声をかけられ動転する俺。

モゴモゴ言ってると、「・・・一人でしてた?w」とバレバレでした。

片思いの女の子にオナニーを見られるという絶体絶命のビンチのはずなんだけど、人間て不思議だね、俺凄い冷静だった。

「うん。興奮しちゃった」と素直に答えたら、彼女「だよね、私もドキドキしちゃったよ」と。

更に「続き、いいよ」だって。

俺、うん、じゃあ・・・と答えてシコシコ再開。

冷静に考えると有り得ないんだが、その場ではそれが自然な流れだった(気がする)。

羞恥心なし。

真っ暗な部屋とは言え、片思いの女の子の前でオナニーする俺。

女の子は、何も言わないし、動かない。

さっきはカップルのセックスにドキドキしたって言ってたな。

俺のオナニーを前に、少しでもドキドキしてくれてるだろうか。

そんなことを考えているうちに少し息が上がってきて、俺の吐息が漏れてしまう。

いつの間にか、シコるスピードも速くなってきて、さする音も響くようになっていた。

すると突然、抱きつかれた。

「私のこと、今でも好きなんでしょ?」

「うん」

「嬉しいけど・・・彼氏いるから。ごめんね」

そう言いながら、俺の股間に手を伸ばし、勃起しきったチンポを握ってきた。

手が冷たくてひんやりするのと、驚いたので腰を引いてしまう。

「うん。付き合えなくてもいいよ俺・・・」

「ごめんね」

彼女は俺の目を観ながらゆっくりと手を上下しだした。

シコシコシコ・・・・

それからしばらく無言。

シコシコされ続けた。

乾燥してカサカサだったので、俺の唾を手の平に溜めてチンポに垂らしてみた(汚くてすまんw)。

唾液が絡まってねちゃねちゃ音がするようになった。

すると、彼女もチンポの上に顔を持って行き唾を垂らしてくれた。

あんなに清楚で可愛い彼女が俺のチンポに唾を垂らす、この瞬間は最高にエロくて印象的だった。

ねちゃねちゃがいっそう大きくなり、俺の我慢も限界。

てか、彼女の手コキが絶妙で気持ち良過ぎた。

彼女に「イキそう、イッちゃう」と告げると、彼女「付き合わないけど好き。今日のこと、忘れてね」。

それを聞きながら、彼女の手の中で大量にフィニッシュ。

彼女は嫌な顔一つせずに俺の全ての精子を受け止めてくれた。

そして最後にほっぺにキスをしてくれた。

ドロドロの股間を残し、彼女は手を洗いに。

一人放心状態でティッシュで拭いた。

しばらくすると、帰ると言うので送っていった(徒歩10分)。

何も出来なかったよ。

もしかしたらエッチまで持ち込めたかもしれないのに、へたれな俺・・・。

部屋に戻るとカップルも寝てたので、俺も寝た。

という感じ。

彼女とはその後何もない。

彼女を諦められなかった俺は大学時代恋人無しだった(彼女だけが原因ではないけどw)。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。