ナンパ 合コン

【体験談】リア充学生、合コンの王様ゲームがエロ過ぎる・・・・・

王様ゲームで強制セックス

合コンの二次会で王様ゲームをした投稿者。友達と、友達が狙っている女の子のお膳立てをした後は、自宅に女の子を招いてあんなこと・こんなこと・・・・
乱れる男女

大学生の頃の話。

同じバイトの女の子アユミとその子の女子大の友達ナナミ、俺の友達ハルキの4人で飲み会。

一応合コンという形で始まった。

スペックは・・・アユミはアヤパンをもう少し元気にした感じで身長160cm、推定Cカップ。

スラッとしてスタイルは良い。

美人と可愛いの間くらい。

ナナミは有名人で似ている人はいないが、品のあるキレイめ美人で横に広い唇が特徴。

最初はチェーン居酒屋でまったり飲んでて、始まるのが遅かったため、あっという間に終電がなくなり、一番家の近い一人暮らしのアユミ宅で飲み直し。

みんなで近くのコンビニで色々買い込んでアユミ宅へ行くが、女の子の家なので男子二人は玄関前で5分間待ちぼうけ。

ようやく中に入って二次会の始まり。

二次会が始まったのは午前2時くらい。

相変わらず、盛り上がらず盛り下がらずの展開で飲んでいたがナナミ狙いの友達ハルキが突然の王様ゲーム提案。

俺は今後のバイトでアユミと気まずくなるのは嫌なので、あまり乗り気でなかったが、ハルキはやる気満々。

女子達も満更でもなさそうw

それならということで、早速開始。

最初は王様の肩を揉む程度の軽いものだったが夜明けまで時間のないのを焦ったハルキは徐々にエロ系を出し始めた。

酔いの程度は、アユミとナナミはそこそこのフラフラ具合。

男子二人は酔ってはいるもののまだまだイケる感じ。

今回は予定外の王様ゲームのため、男達のインチキも出来ず後はハルキの勢いに任せる事に。

何回かゲーム続けてようやくハルキが王様に。

指令は「ナナミはハルキのほっぺにキス」

性格の良いナナミは少し恥ずかしながらも素直にチュウ。

ハルキは満面の笑みw

次は俺が王様。

とりあえず俺も「ナナミは王様のほっぺにキス」

またしてもナナミは恥じらいながら俺のほっぺにキス。

いい匂い&柔らかいw

女子が王様になった時の指令は男同士のプレイのため省略。

次はハルキが王様。

指令は、「アユミは服着たままブラを外す」

アユミ「え~それは無理。。」

ナナミ「それ可哀想~」

俺達「どうせ見えないからいいじゃん」

しばらく沈黙。。。

雰囲気悪くなるのを感じたアユミは「じゃあやるよ~(泣)」

俺達「やった~早く!」

アユミは後ろに手を回しホックを外す。

片側ずつ肩紐を下ろして、服の下から出して素早く近くの布団の中へ。

男子は凝視、

「ブルーだねw」

アユミ「ちょっと~」

次もハルキが王様。

当然指令は「ナナミは服の上からブラを外す」

アユミ「ちょっとそれ系止めようよ~」

俺達「それ系やんなくて何が面白いんだよ~」

ナナミ「じゃあ。。。」

アユミがやった事もあり、ナナミはそれほどゴネること無くノーブラ完了。

ちなみに色は黒w

俺半勃起。

次は俺が王様。

指令は「アユミとナナミは上か下の服をどちらか脱ぐ」

この時アユミは上はタートルのニット、下はぴったりデニム。

ナナミは上はV字のニット、下は膝丈のデニムスカートに黒のパンスト。

二人ともニットの下にはキャミソールを着ているようだったがノーブラのためニットを脱いだら恐らく乳首丸分かりw

アユミ「じゃあ下だったら布団被ってもいいよね?」

俺達「脱ぐ時はダメ~。その後はいいよ」

アユミ「それなら。。。」

アユミは今度は迷いも無くその場でデニムを脱ぎ始める。

ぴちぴちの為ふくらはぎ辺りでもたつき、その間ブルーのショーツが丸見えに。

俺勃起おさまらず。

脱ぎ終わると素早く布団をかぶせるアユミ。

次はナナミの番。

ハルキ「どっちにするの~?」とニヤニヤ。

ナナミ「じゃあ私も下で」

ナナミはスカートの下がパンストだからかさっさと脱いで布団をかぶる。

下着も黒の為あまり確認出来ず。。

ちなみのこの時の俺達は既に上半身裸、俺はズボンだがハルキはトランクスのみ。

次の王様は俺。

あとの指令はこれしかない。

「アユミとナナミはお互いに上を脱がし合い!」

アユミとナナミ「え~もう無理だよ~」

俺達「ここまで来たからいいんじゃない~」

しばし押し問答。

またしても脱いだら布団を被る条件でOK。

同時に脱ぐのは無理なので、まずはナナミの服をアユミが脱がす。

ナナミは白のキャミソール。

ノーブラなので乳首の突起がバッチリ。

服の上からは分からなかったが、恐らくBくらい。

すぐに布団の中に。

次はアユミの服をナナミが脱がす。

アユミはピッタリしたグレーのキャミソール。

もちろん乳首の突起は確認。

予想通りのCカップ。

もっとあるかも。

女子二人は布団を被って頭だけ出している状態。

次の王様はハルキ。

「ナナミはパンストを脱いでそれを王様の腕につける」

何だそれ?

ナナミ「何で?」

ハルキ「温もりが欲しいから」

アユミ「変態じゃん!」

俺「気持ちは分かる。ナナミちゃんやってよ~」

ナナミ「もう~分かりました。やればいいんでしょ!」

ナナミは布団の中でもぞもぞ。

脱いだパンストを取り出し片足をハルキの腕にはめる。

ハルキ大喜び!

俺「良かったねW」

次俺が王様。

人数少ないから良く当たる。

既に女の子二人ともキャミ+ショーツのみ。

ここまできたらヤルしかないと決意した俺は「ナナミとハルキはトイレに15分」

アユミ「ちょっとなにそれ~。ヤバくない?」

俺「ヤバくないよ~。何するかは知らないけど」

ハルキ「じゃあナナミちゃん行こうよ!」

ナナミ「。。。」

ハルキはナナミの手を取り布団からひっぱりだす。

ナナミはしぶしぶ一緒にトイレへ。

ていうか白いキャミと黒のショーツの後ろ姿エロ過ぎ!

勃起し過ぎで痛い。

俺「15分以上でもいいから!」

ハルキ「おう」とニヤっ。

残されたアユミと俺。

俺「ていうか寒いから服着てもいい?」

アユミ「いいけど、私も着てもいい?」

俺「いいよ」

二人とも服を着る。

俺「もう4時だけどどうする?」

アユミ「あの二人何してんだろうね?」

俺「なんか邪魔になるとあれだから、俺達外行こうよ」

アユミ「そうだね、でもどこ行くの?」

俺「とりあえず外出ようよ」

玄関からそ~と二人で外へ。

トイレの前を通るが特に何も聞こえず。。

近くの公園まできたが特にやる事もない。

俺「俺ん家来る?」

アユミ「寒いしそうする?」

俺「じゃ行こ」

ちょっと遠いのでタクシーで自宅へ。

アユミはナナミにメールをしていたが内容は分からず。

自宅に着いたら眠くて死にそう。

2つ年下のアユミもさすがに眠そうな感じ。

アユミ「シャワー借りていい?」

俺「どうぞ、タオルこれ使って」

ワンルームで、脱衣所もない為俺は一旦外へ。

本日二度目の待ちぼうけ。

15分くらいして玄関が空き、濡れた髪のアユミが

「ごめん、寒かったでしょ中入っていいよ」

俺「大丈夫大丈夫」

部屋着も貸してなかったため、アユミは元の服のまま。

俺は眠くて仕方が無いので、ベッドへ直行。

アユミはタオルで髪を拭いている。

俺「とりあえず泊まってくでしょ?」

アユミ「うん、いいよね?」

俺「いいよ」

クローゼットから布団を出してベッドの横に敷く。

俺「先寝てていい?」

アユミ「どうぞ」

俺「じゃおやすみ」

もの凄く眠いんだかなかなか寝付けず。

アユミは寝支度が終わり布団のところまできて電気を消す。

俺「なんか眠れねえな」

アユミ「あれ起きてたの?もう完全に寝たかと思ってた」

俺「あいつらやっぱ最後までいってるよな?」

アユミ「うん、多分ね」

それからなぜかお互いのハルキ経験話になり、突然アユミが「ていうかさ、シャワー借りたのって。。」

俺(あ、そういう事??)

俺「ベッド来る?」

アユミ「うん」

お互い無言のままディープキス。

さっき見たブルーのブラをはぎ取り両手で揉む。

めちゃくちゃ柔らかい。

やはりCではなくDだった。

乳首を吸うと「はぁはぁ」

デニムをなんとか脱がしてショーツの上からアソコを触る。

既に湿っているのが分かる。

ショーツの脇から中指を入れると濃いめのヘアの奥はヌルヌル。

「ダメ。。」

ショーツを膝まで下ろしてM字開脚、我慢出来ずにクンニ。

しばらくクリを舐めながら人差し指と中指を出し入れしていると息づかいが変わってきた。

「は、は、は、だめ~」

腰が上下して2・3回イッテいるようだった。

もう準備万端。

イッタ後でぐったりのアユミに挿入。

濡れまくりでユルユル状態。

何度かピストンすると「あ~あっあ~ん」とバイト中のアユミからは想像出来ないような乱れ方。

両足を腰に絡めてきて腰元をロックされると、アユミは自ら股間を擦り付けるように腰を振ってきた。

クリにあたるように動いているようで、喘ぎ声がどんどん大きくなっていってやらしかった。

アユミの巧みな腰遣いで持っていかれそうになったが、負けじと俺も騎乗位、バックと体位を変え最後は正常位に戻して高速ピストン。

「イクよ!」

「うんいいよっ」

ちょっと中で出たかもしれないが、ギリギリでお腹に放出。

ていうかヘアに放出。

しばらく二人無言のまま、ベッドでぼーとしていたら夜が明けてきた。

アユミ「明日バイト入ってる?」

俺「うん夜番」

アユミ「私も」。。。

なんとなくいい雰囲気になって自然とキスしたら、アユミがオレのチンコを触ってきた。

触り方が凄くエロくてすぐに勃起するチンコをアユミはそのまま咥えてフェラしてくれた。

絶妙に上手くてやばかった。

「もう1回したくなっちゃった。」とアユミが言い、そのまま騎乗位で挿入。

腰の振り方もやっぱりエロい。

2回目も楽しみ、バックからお尻に発射し終了。

今度は本当に2人ともぐったりで、そのまま寝てしまった。

起きたら昼過ぎで、アユミの置き手紙が。

「昨日の事はみんなには絶対内緒でね!」

次の日バイトで会ったアユミはいつもと変わった様子は無いが、ただ、俺の方はバイト中のアユミの胸やお尻にばかりに目がいって常時半勃起状態。

(よし、次はあの緑のエプロンつけてやろうw)

以上、長文失礼しました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。