ナンパ 合コン

【体験談】俺氏、王様ゲームで片思いの子にチンポを弄られるwwww

青春の王様ゲーム

大学生の時の甘酸っぱい思い出。友達から誘われて家にいったら、当時好きだった女の子が。お酒が進むにつれ、王様ゲームをする流れになって・・・・
酔って脱ぐ女

去年の夏のこと。

大学2年だった俺は、11時ごろ近所に住む大学の友達から誘いを受け、友達のアパートに行ってみた。

行ってみると知り合い男女7人が飲んでた。

女子だけ簡単に紹介すると、チアキ:顔は可愛いく肌は色白。

出るとこは出ててむっちり色っぽい体。

もてる。

というか、1年の時告白して断られた。

大学2年、俺と同じ学科。

カオリ:顔は普通。

巨乳でとにかく明るい。

大学2年。

ショウコ:明るく元気な大学1年生。

顔は可愛い。

サークルの後輩。

ジュリ:残念な見た目。

大学2年。

性格は良い。

俺も混ざってしばらく飲んでた。

小一時間飲んだ頃、男タイヨウが「一回王様ゲームしてみようよ」と提案。

しかし、普段からあんまり羽目を外さないグループで、女子は拒否。

一瞬期待した俺はがっかり。

男子4人でしつこく誘ってると「やりたいなら男子だけでやりなよ、見ててあげるw」とショウコ。

「いいねいいね」と盛り上がる女子。

半ばヤケクソで、でももしかしたら途中で女子も参加するかもと淡い期待を抱き、とりあえず男子4人で始めてみた。

最初はイッキとか暴露話だったが、途中から脱ぎ系の命令が出始めた。

シャツを脱ぐ時とかズボンを脱ぐ時には、女子も盛り上がってくれた。

で、しばらくすると、男タイヨウがトランクス一枚の状態で脱ぎ命令を食らった。

「えーっ、どうするの??まじで脱ぐの?」と顔を赤らめながらも盛り上がる女子。

俺達のグループは普段脱いだりすることはないので、俺もどうするんだろうと思った。

するとタイヨウ、立ち上がって「じゃー脱ぎます!」と宣言し、パンツに手をかけた。

「えー!ウソ、マジで!」

「キャーほんとに??」と騒ぐ女子の前でさっとパンツをおろした。

チンコがこんにちは。

「やだーもうー信じらんない」という女子の黄色い声に興奮。

チアキを見ると、顔を真っ赤にして笑っててエロかった。

というか、うちの女子もこういうので引かずにキャーキャー騒ぐんだってことにちょっと戸惑いつつ萌えた。

タイヨウが脱いだことで熱気を帯び、ゲーム再開。

次は10秒間のキス命令。

誰も得をしないわけで、ただ女子を盛り上げるためだけの命令。

当たったのは俺と男タイヨウ。

男タイヨウは嫌がって女子からぶーぶー言われてたが、この空気を壊したくない俺は無理やりタイヨウにキス。

女子は喜んでくれた。

このあともキスやら脱ぎやらがあって何回か後に、パンツ一枚の俺に脱ぎ命令が。

俺は当時童貞で女子に裸を見られた経験はゼロ。

かなり恥ずかしかったが、今更拒否もできない。

意を決して立ち上がった。

チアキを見ると、やっぱり顔を赤らめて笑ってる。

チアキに見られるのか、俺はチアキの裸を見られないのに、と思うとなんか悔しくて軽く屈辱的な気持ちになった。

ショウコから「ストリップみたいに脱いでください!」と言われたので、俺は後ろ向きになり、パンツを半分くらい下げて半ケツにしたり、元に戻したりして焦らしてみた。

これが好評だったので今度は前を向いて同様にちんぽが見えるか見えないかのところで何度か行ったり来たり。

女子が盛り上がってくれたので、ついに人生初脱ぎ。

思い切ってパンツを膝まで下ろした。

みんなキャーキャー騒いでくれた。

チンコを晒す一瞬、体がふわっと浮く感じがして、ちょっとだけ脱ぎたがりの気持ちが分かった。

チアキは恥ずかしそうに笑ってた。

自分に告白してきた男のチンコを安全地帯で眺めてどう思ったんだろうとか考えてると興奮した。

この後男は全員チンコを晒し、男同士でキスをし、胸を揉んだりしたわけだが、段々ネタがマンネリしてきた。

女子を巻き込もうと思った俺達は、命令だけ女子に考えてもらうことにした。

これには女子も賛成で楽しそう。

結局女子用の割り箸くじも作り、王様印をつけた。

女子の命令は、○番が○番の胸を舐める。

○番が○番のお尻にキス。

○番が○番とベロチュー。

○番と○番がお風呂で洗いっこ。

などなど。

俺は男ツヨシとお風呂で洗いっこするはめに。

みんなが見守る中、風呂場でパンツを脱ぎ、ボディーソープをお互いの体に塗りあった(ホモネタすまぬ)。

カオリから「大事なところも!」と要望があり、股間も洗い合う。

これがやばかった。

女子に裸を見られる興奮とツヨシからの刺激で半勃ちしてしまった。

引かれちゃうと思った俺は必死に隠そうとしたが、カオリに見つかり指摘される。

幸い引かれることはなく、爆笑されただけですんで良かったが、半勃起まで見られてしまうとはと、鬱半分興奮半分。

この後も女子からの命令は続いたのだが、ショウコが王様の時、「○番は王様以外の女子にお尻を揉まれる」というのが出た。

ついに女子巻き込みに成功、ショウコナイス!カオリ以外の女子からは当然ブーイングが起こったが、男子全員がショウコを援護。

しぶしぶ納得する女子3人。

男タイヨウがケツを出して寝転び、女子三人が同時にタイヨウのケツを揉む。

チアキが別の男の体に触るのはいい気がしないが、それでも男のケツを触ってる姿に興奮してしまった。

鬱勃起。

次の王様はジュリ。

ジュリは仕返しとばかりに「○番は王様以外の女子に乳首を舐められる」

○番は男ツヨシ。

これも鬱勃起。

髪を書き上げながら男の乳首を舐める姿はエロかった。

次の王様はショウコ。

「○番は王様以外の女子に陰毛を1本ずつ抜かれる」という謎の命令。

○番は男タイヨウ。

「そんなとこ触りたくないよ!!」と女子たちの大ブーイングがあったものの、「抜かれる俺のほうが辛いんだよ!!」というタイヨウの発言で一蹴され、抜くことに。

「いっせーのーで!」で一気に陰毛を抜かれて、タイヨウは言葉にならない声を上げていた。

想像したらちょっとしぼんだ。

この後、女子達は王様以外の女子シリーズを封印する協定を結んだようで、しばらくは男子が男子にシリーズが続く。

まあ、そうすると段々盛り上がりに欠けてきて、ちょうど時間も時間だったので、最後の一回をやっておしまいにしようとなった。

男子は最後くらいは女子も入って普通の王様ゲームをしようと懇願したが、これは受け入れられず。

ただ、王様以外の女子シリーズの復活だけは約束してもらった。

男子最後のくじ引きが済み、女子のくじ引きへ。

王様はショウコ。

この時点でチアキに何かしてもらえる可能性があるので喜ぶ俺。

カオリ「じゃーぁー、3番がー・・・」

きた!俺3番!全身の血が頭に上る感覚があった。

「女子全員にー大事なところを指でツンツンされる!」

おおおーっとどよめく男子、「ええーっ、やだー!!」と叫ぶ女子。

男ツヨシの「3番は?!」の声に俺が「はいっ!!」

「やだ!絶対やだ!」と叫ぶ女子。

カオリと男達「だめー!王様の命令は絶対!」とここでジュリ、「ちょっと待って!」

なんかめんどいこと言い出すんではなかろうかとドキドキな俺。

お前には別にやってもらわなくてもいいんだよと毒づく(ジュリごめん)。

するとジュリが「さっき、王様以外のって言ってなかったからショウコもやるんだよね!?」と。

みんな「あっ」と気づき、そうだそうだの大合唱。

カオリ慌てて撤回しようとしたり命令を反故にしようとしたりするが男子から「王様の命令は、、、絶対」と諭され、しぶしぶ諦める。

それで「ショウコもやるんなら」ってムードが生まれて、女子達も納得。

結果的にジュリナイス。

毒づいてゴメン。

というわけで俺、空気が変わらないうちにと立ち上がり、パンツに手をかけてスタンバイ。

周りに膝立ちで集まる女子4人。

女子との間隔は数十センチ。

パンツを勢いよく下ろすと半立ちのチンコがポロン。

うわー「チアキにこんなに間近で見られてる」と思うと7分立ちくらいになった気がした。

「じゃーせーので触ろうよ」とジュリ。

「ツンツンでいいんだよね?」とチアキ。

「ちゃんと見てるからな、触ってないやつは握らせるからなw」と男タイヨウ。

「せーの」という掛け声と同時に4本の指が俺のチンコへ。

出来るだけチアキの指と顔に神経を集中。

ヒンヤリとした4つの感触。

全員カリより下の棒の部分だったが、チアキはカリ寄りの部分をツンツンしてくれた。

チアキの顔はほんのりピンク色でエロかった。

触り終わった後上目遣いのチアキとちょっと目が合ったが恥ずかしくて俺のほうから逸らしてしまった。

この後女子たちは緊張の糸が切れたようできゃーきゃー大騒ぎ。

「触っちゃったよーw」とか「なんで私らこんなことしてんのーw」とか聞こえてきた。

しばらくぼーっとしてしまってチンコ出したまま突っ立ってるとチアキに「パンツはきなよw」と言われて、慌ててパンツはいた。

これでお開き。

「面白かったけどもう絶対にしない」というのが女子たちの感想でした。

後日談ですが、実はチアキとエッチするこに成功したんです。

お酒の力をだいぶ借りましたが、人生最高の瞬間が自分にも訪れました。

需要があれば、その時の体験についても書かせて頂ければなと思っています。

本当にチアキの身体はエロくて最高の初体験になりました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。