オナニー

【体験談】人妻の臭唾液をズリネタにする変態臭いフェチ

涎の甘酸っぱい香り

新潟県在住の男性からの投稿。自宅に友人を招いて宴会を催した日の深夜、妻は涎を垂らしながら眠りこけていた。そんな酒の臭いが混じった唾液を狙う輩が・・・・
眠る人妻

奥さんが里帰りした近所の旦那を招いて食事をしました。

話し込んでる内に、妻はテーブルにうつ伏で眠ってしまいました。

起こすとヨダレがダラ~っとテーブルの上に・・・。

妻は酔いのせいで気づかず、私も見てみぬ振りを・・・

妻を寝かせに部屋に向かう途中に旦那さんの『トイレ借ります』との声。

妻を寝かせキッチンに戻ると、テーブルのヨダレ跡が拭った様に消えていました。

ハッと気づいた私は忍び足でトイレへ。

やはりやはり・・・。

トイレのドアからスコスコスコ・・・くちゅくちゅくちゅ・・・明らかにチンポを扱きまくる音。

息を殺し、ドアの隙間から片目で中を覗くと、左手を鼻に上下に擦りつけながら、激しくチンポを扱く旦那の顔が微かに見えました。

こちら側は暗闇だし、わずかな隙間だから気付かれません。

『はぁあ~由香さん、クッサぁ・・・はぁ、はぁ・・・』

女の様な、か弱い声に吹き出しそうになりましたが、妻の唾の匂いでセンズリしてる行為に私自身が激しく勃起してしまいました。

段々と荒ぶる呼吸・・・やがて『由香~っ!イク~~っ!』だなんて声を噛み殺すかのよな声が聞こえ、パチャパチャパチャ・・・と大量の精液が便器に落ちる音がしました。

最後は人の妻を呼び捨てかいっと思いながらもキッチンに戻りました。

しばらくしてトロンとした目つきで出てきた旦那は、御馳走様と言い、帰って行きました。

旦那様、自慢の美人妻の唾の匂い・・・どうでしたか!?

いいんです。

気持ち分かりますよ。

私自身、唾の酢っ臭い匂いがたまらなく好きなんです。

今度はあなたの奥様の唾くっさい匂い嗅がせてくださいよ。

いつもあなたの奥様に鼻フェラしてもらう妄想してるんですから。

なんて思いながら寝ている妻の口に指を入れ、唾液を絡ませ鼻に塗りたくる・・・

すぐに独特のツ~ンとしたあの匂いが・・・・既に激しく勃起していたチンポを扱きあげ、「ん~~くっせぇぇ~~っ」と喘ぎながらドップドップ発射しました。

しかし、オナニーだけではその日の興奮は収まりません。

寝ている妻のズボンとパンツを脱がしにかかりました。

無抵抗の妻。

起きる様子もありません。

そのまま妻のアソコを愛撫してクンニして、湿らせていきます。

「うーん・・・あーん・・・」と言うものの起きる様子はなく、そのまま勝手に挿入をしました。

正常位で突きながら、妻の口元の臭いを嗅ぐと興奮も最高潮になり、そのまま中に出しちゃいました。

異常に興奮していたせいか、いつも以上の精液の量でした。

妻のマンコから溢れ出る精液を指ですくってニオイをかいでるとまた興奮してきました。

結局妻は起きませんでしたが、私はとても気持ち良く満足出来ました。

ただ日に日に近所の奥さんを寝取ってやりたいという願望が抑え切れなくなってきています。

また寝取ることが出来れば是非報告させて下さい。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。