女学生

【体験談】母が連れてきたおっさんとエッチした結果wwwww

おっさんとのセックス

ある日は母が連れてきたおっさんは単なるニート。母が失踪し、おっさんと弟と3人の生活が始まる。そしておっさんと関係を持ってしまうのだが、実はおっさんは・・・・

義理の父とセックスする女子高生

ちなみに女です。

私と弟は、父親と愛人である母親の間に生まれた婚外子。

父親はとても羽振りがよく、当時は父の立てた一軒家に母と弟の三人で暮らしていた。

家に来る度に大きなプレゼントを抱えてくる父親のことが、当時は大好きだった。

おしゃれ好きの母は趣味も兼ねてブティックでパートをしていたけれど、父からの送金で当時は裕福な暮らしをしていた。

小学校四年生くらいから、母のパートが増えた。

父がくれるプレゼントが貧相になって来た。

世の中が不景気になったという事は、子供ながら耳にしていたので、何となく状況は理解できていた。

段々父が家に来なくなり、母は夜もスナックで働き始る。

中学に入る直前の春休み、2LDKのアパートに引っ越すことになった。

父は、引っ越してすぐに一度顔を出したきり。

それから暫くして、あぼんした。

顔も見たことが無い私の兄弟や、昔うちに来てヒステリーを起こした本妻も一緒に。

父の葬式にはもちろん出ていない。

ただ、うちに借金取りが来るということはなかったし、最後の財産である車も手放さずに済んだので、父は私達に非が及ばないよう尽力してくれたのだと思う。

父の49日が過ぎた頃、酔っ払った母が連れてきたのがおっさんだった。

おっさんは当時26才。

それでも、中二女子から見たら立派なおっさんだ。

母曰く役者の卵で、小さな劇団に所属して、竹野内豊を育てた人に目をかけてもらっているとかいないとか。

大層イケメンだけど、家の中ではとてもむっつりしていた。

私とも弟とも話さない。

役者というけれども、舞台の観覧に誘われたことも、どんな仕事をしているか聞いたことも無い。

典型的なニートだった。

おっさんは母から小遣いを貰っていた。

母親の出勤の時間になると起きて、車で職場まで送り迎えをしていた。

それから1日車でぶらぶらして、母と一緒に夜遅く家に戻った。

ある日、突然帰りに雨が降って、急いで帰ったらおっさんと弟が家にいた。

弟は、いつの間にかおっさんの携帯番号を入手していて、迎えに来てもらったそうだ。

その時初めて、おっさんも多少は役に立つんだと知る。

おっさんと弟は仲良くなっていて、一緒にゲームをしたりしていたみたいだけれど、私とは相変わらずだった。

おっさんと同世代の担任が、いかにもロリコンで、その影響から大人の男がキモかった。

クラスメイトに「おっさんと出来てるんだろ」なんてからかわれていた。

まあ、理由は色々だけど、私なりに父親に対する思いもあって、複雑だったんだ。

そんな感じで世間に後ろ指を差されながらも、おっさんは相変わらずふらふらしていた。

母は昼も夜も仕事していたから、よくよく考えると家事はおっさんがやっていたのかもしれない。

食事は私が作っていたけれど、その頃掃除とか洗濯をどうしていたのか全く覚えていない。

でも、家はそれなりに片付いていたし、お風呂にも毎日入っていた。

そう考えると、女1人で二人の子供とおっさんを養い、衣食住を満足に提供してくれていた母は凄い。

仕事が休みの日は好物を作ってくれたし、運動会なんかのイベントにもお弁当を作ってきてくれた。

学校と仕事の休みの日は、親子三人で出かけたりもした。

おっさんはそういう空気を読めるらしく、学校のイベントや親子の外出にしゃしゃり出てくることはなかった。

車もないから、多分うちで大人しくゲームでもしていたんだと思う。

私は母子家庭だったけれど順調に地元の公立高校に進学した。

大学は流石に無理だろうから、アルバイトでもしようと考えていた矢先、母親が失踪した。

高校1年生の、丁度夏服に着替えた頃。

家に帰ると、テーブルの上に30万入った封筒があった。

部活してから帰ってきた弟に、何のお金か聞いても、分からないと。

とりあえず大金でびびったので、お金は引き出しにしまって、二人で晩御飯を食べた。

何となく眠れず、母の帰りを待つが、12時になっても車の音はしない。

1時頃、電話が鳴った。

おっさんからだった。

母親が帰って来ていないかという内容だった。

まだ帰って来ていないというと、おっさんはそっけなく電話を切った。

それから何となく眠れず、弟と二人でゲームをして朝まで過ごした。

明け方4時過ぎに、おっさんが1人で帰ってきた。

おっさんはご飯を食べた後、何度も母親の携帯に電話をした。

スナックに迎えに行ったら、無断欠勤をしていると言われたとの事。

その日は学校を休んで、母のパート先に3人で行った。

パート先の人も驚いて、その休みの人に電話をかけたりしてくれた。

弟を家に帰し、何か連絡があったらおっさんの携帯に知らせるように言いつけて、私はおっさんと母が行きそうな場所を探し回った。

映画館とか、スーパーとか、洋服屋さんとか。

途中公衆電話から、家から持ってきた母の連絡帳に載っている人全員に電話をかけた。

結局母は見つからず、パート先の人の勧めもあったので警察に届け、その日は家に戻った。

家に帰っると、弟が「通帳が無い」と言い出した。

家中の荷物を確認すると、母の旅行鞄や、何着かの服、化粧品類がなくなっている。

置手紙一つ残さず、30万円を置いて私たちを捨てた母の心境は今も分からない。

ただ、当時は母がいなくなったことに対する怒りや寂しさや悲しみよりも、保護者を失ったこと、大黒柱を失ったことによる今後の生活への不安で一杯だった。

自分は高校を辞めて働かなければならないだろう。

自分の稼ぎではこの家に住めないので引っ越さなければならない。

義務教育中の弟はどうすれば良いのか。

30万円で何ヶ月生活できるのか。

ぐるぐる考えている私に、おっさんが一言「明日はゆっくり休んで、明後日から学校へ行け」と言った。

おっさんに言われても・・・という気持ちはあったけれど、言われるがままにお風呂に入ると眠くなったので、部屋に戻って寝ることにした。

ちなみにこの頃2部屋あるうちの6畳をおっさんと母親が、10畳を本棚とかで仕切って私と弟が使っていた。

翌日、再度3人で警察署に。

荷物の話をすると、まず先におっさんだけ呼ばれた。

それから私と弟が同じ部屋に呼び出されて、お巡りさんからとても丁寧に、母親は家出した可能性が高いということを説明された。

分かってはいたけれど、そう言われると一気に現実感が沸く。

ただ、弟とおっさんがいるから泣くにも泣けず、今後の生活の不満についてぶちまけたかったけれど、話すと涙が出そうで何も喋れなかった。

家に帰って、私は蒲団にもぐりこんで泣いた。

弟もリビングで泣いている。

おっさんはどっかに行った。

この時点で、おっさんはもう戻ってこないのかと思っていた。

すると夜、3人分のホカ弁を買って戻ってきた。

食事中、おっさんに「明日からどうすんの? 」と聞くと、「学校に行け」帰された。

「ちがくて、そっちはどうすんの? 」

「オレ? 働くしかねえだろ」

この時初めて、おっさんが私たちを養うつもりでいると言うことに気付いた。

今までニートだったおっさんにそんなこと出来るわけないし、他人のおっさんにそこまでやってもらう筋合いもない。

だけど、学校に行けば先生がいる。

先生に相談してみようと思って、学校に行くことにした。

翌日、朝早く登校し、職員室に行くと、担任に、別室に連れて行かれる。

担任は既に私達の事情を知っていた。

どうやら、昨日おっさんが来たらしい。

なんとか卒業させてくれって、おっさんに頼まれたんだって。

奨学金とか有るし、頑張って卒業しろって担任に言われて、2時間目から通常通り授業に参加した。

クラスの子は、いつもどおり接してくれた。

後々、うちの事情を知っているような言動が言葉の端々から時折出てきたので、多分前日担任から事情を説明されていたのだと思う。

そう考えると、本当にいいクラスだった。

片田舎の公立のの女子高で、うちは就職クラスだったけど、すっごいギャルがいるわけでも、ガリ勉がいるわけでもなく。

女同士の諍いはたまにあったけれど、深刻ないじめがあったわけでもなく、派手な子ともオタクな子とも普通に喋ってたなあ。

学校にいる間は、みんなと同じ普通の女子高生でいられて、すっごく楽しかった。

弟も、部活のメンバーに恵まれていたし。

どんな生い立ちだろうと、家庭環境だろうと、受け入れてくれる人は沢山いる。

それなのに、勝手に子供の将来を不幸だと決め付けて、私の兄弟を殺した父親は最低だと思う。

私は結局高校を卒業出来たし、弟は公立の大学を卒業したのだけれど、母失踪後家計を支えてくれたのは、おっさんだった。

おっさんは、青い縞シャツを着て、小脇に荷物を抱えながらダッシュする仕事に就いた。

刑務所帰りも逃げ出すと言われている例の会社だ。

ちなみに、おっさんと同時期に元自衛官が入社したらしいけれど、その人は半年で辞めた。

おっさんはというと、意外にも頑張った。

毎日6時に起きて、10時くらいまで働いた。

酷い時は日付が変っても。

繁忙期は2,3時間寝に帰るだけということもあった。

休みの日は一日中家で寝ていた。

おっさんは私に毎月15万くれた。

毎月いくら貰っているのかは知らないけれど、自分を置いて逃げた女の子供に払うには、多過ぎる金額だと思っていた。

学費家賃光熱費新聞代何かは別に引き落とされていたから、食費と雑費と小遣いね。

私は必死だった。

いつ捨てられてもおかしくない立場だ。

だって、私達が居なければ、15万毎月自由に使えるんだよ。

15万円あれば、グッチの財布を買えるし、キャバクラにいけるし、もっと良いところに住める。

頑張って家を綺麗にして、毎日縞シャツを手洗いして、出来るだけ美味しいご飯作った。

余ったお金もくれるって言うから、出来るだけ節約して、おっさんがいなくなった時のために貯金した。

だからと言って、おっさんとヤッたのは引き止めるためじゃないんだ。

おっさん、見るからに毎日疲れていて。

イケメンだったのに、急に年を取って。

もう30だったから、やっと年相応になったといえばそうなのだけれど。

今まで暢気にヒモやっていたのに、急に血気盛んな体育会系の世界に放り込まれてさ。

多分、意地悪な先輩に怒鳴られたり、お客さんに怒られたり、何度もあったと思う。

だけど毎月、私と弟に15万くれたんだ。

その日は私もおっさんも休みで、弟は部活。

昼過ぎに、おっさんを起こしにいったんだ。

おっさんは朝立ちしてた。

その頃高校で、レディコミとかBLとか、エロい漫画が流行っていたんだ。

だから、フェラぐらいは知っていた。

とりあえずトランクス越しに舐めてみる。

まあ、所詮私達が目にしていたものなんて、女性作家が女の子のために描いたものだ。

漫画のイメージで咥えてみたけれど、無理。

すっげー汚い顔になる。

つうかトランクスの生地が口に当たって気持ち悪い。

ペニス取り出して、しこしこしながら先っぽ舐めたけど、なんか違う。

漫画だとすぐ出るのに、何にもでないのwww

つうか、ペニス自体初めて見たよ。

なんか、イメージと全然違った。

戸惑って、とりあえず強めに致していたら、おっさんと目が合った。

「何してんの? 」

「・・・漫画のマネ」

おっさんは多分テンパっていたよ。

私はペニスのインパクトでそれどころじゃない。

つうか、初めて見たペニスに興味深々だ。

おっさんは大人だった。

この場を穏便に収めつつ、私が恥をかかない方法を提示してくれた。

言われた通りペニスの上に跨った。

おっさん腰かくかくさせる。

なんか気持ち良い。

最初は服を着たまま、手を中に入れられて胸を揉まれた。

これも初めての感覚。

乳首が感じて立っているのが分かる。

それから服を脱がされて、全裸にされる。

パンツも脱がされた。

おっさんに抱き寄せられてキス。

舌も入れられて、おっさんに大人を感じる。

体触られて、暫く色々した後、ご飯食べた。

それから、弟がいないとおっさんといちゃつくようになった。

結局最後までされたけど、友達より早くエッチがしたい年頃だったから、問題なし。

ちなみに高校二年の頃同い年の彼氏がいたけれど、臆病過ぎてキスより先に勧めなかった。

もちろん私も怖かったし、彼氏はもっと怖がってた。

彼氏から積極的にしてくれてたら、きっと私は受け入れていただろう。

おっさんとセックスしてたことと、彼氏がいることに、何の矛盾も感じていなかった。

家事の一環みたいな感じ。

母の代わりにおっさんが働くから、私が母の変わりにおっさんとするみたいな。

正直私も気持ち良かったし、むしろされて嬉しくなっていた。

おっさんに色々仕込まれて、エッチのテクもだいぶ上達したと思う。

弟にバレないかだけは心配だったが、鈍感な弟は気付いている様子もなく、大丈夫だった。

おっさんとの関係が終わったのは、高校三年生の3学期。

無事就職先の目処が立った私は、車の免許取得や弟の受験に必要な戸籍を取りに行った。

そこで始めて、母とおっさんが入籍していることに気付いた。

もの凄い衝撃を受けた。

おっさんは母親の夫で、だから私の父親。

私は父親とセックスしてたんだって。

母の夫を寝取ったんだって。

駄目じゃん、最悪じゃん、母親帰ってこれないじゃん。

おっさんに聞いたら、母親が出て行く少し前に入籍したんだって。

母に男の気配があったから、おっさんが母を引き止めるために。

仕事に就くことが、結婚の条件だった。

縞シャツの内定は母の出奔前に決まっていたんだ。

おっさん、母はすぐに戻ってきてくれると思っていたみたい。

出て行ってすぐ離婚届が送られてきたけれど、ゴミ箱にポイしたんだって。

母親は今、男と暮らしている。

私や弟も一緒に暮らしたいなら、おっさんと離婚し、男と入籍することが条件だと言われているんだって。

おっさん、だから離婚届を出さない。

離婚届を出さなければ、母は私達と暮らせない。

母は男より子供を取る、だからすぐに戻ってきてくれると思っていたんだ。

だけど、母は私達じゃなく、男を選んだ。

何で入籍のことを黙っているのかと聞いたら、母が話していると思っていたからだと。

私が知らないということに、おっさんはショックを受けていたよ。

本当に自分と結婚したのは、形だけなんだっなって。

別れ話をすることすらめんどくさいと思われていたんだ。

だから、私にも知らせなかったんだろうって。

それから、おっさんは家を出た。

母とは正式に離婚して、転職した。

おっさんが出て行くとき、通帳を渡された。

母が毎月10万送金していたんだって。

私と弟の養育費として。

今までの生活費はおっさんが出していてくれていたんだから、そのお金はおっさんに渡すべきだったかもしれないけれど、弟の将来を考えて、受け取ったよ。

金はいくらあって足りないし。

母とは、何回か会ったけれど、一緒に暮らすという話は出なかった。

私は就職が決まっていたし、弟を転校させるのも可哀想だったし。

母は母で、男との生活が成り立っていたから、今更こっちに戻ってくるわけには行かなかったんだ。

あと、おっさんとやってた手前、どうにも母に対して気まずかった。

母も私とおっさんの関係を感づいてたっぽい。

結局、母もおっさんも出て行った2LDKのアパートで、弟と二人暮らしをすることになった。

私と弟は、念願の一人部屋をゲットする。

弟が20歳になるまでは毎月5万、母からの送金があったし、私の収入や、弟のアルバイトや、貯金で、何とか弟を大学まで出してやることが出来た。

弟の就職を期に、それぞれ1人暮らしを始めたので、2LDKのアパートは引き払うことに。

先日、社畜として成長した弟が、勿体ないくらいのお嬢さんと無事入籍したので書き込んだ

おっさん基本的に水木土日のうち2日が休みだったんだ

土日が休みの日は弟がいない間大体やってた

水木は、学校帰ってから、たまにサボってやってたこともある

おっさん舐め犬だったから触られたことより舐められたことのほうが覚えてるな

とりあえずケツ穴は死守した

バックより騎乗位が多かった気がする

激しいというより、ねちねち系

学校から帰る

スカートに顔突っ込まれて一回イく

晩御飯の下ごしらえ

ペニスの上に跨って素股で一回イく

挿入

お掃除フェラ

こんな感じ

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。