人妻 熟女

【体験談】下着泥棒を性処理に使う淫乱おばさん2人組

童貞さん、下着を盗む

投稿者が学生時代、同じアパートに住むおばさんの下着を盗んでオナネタにしてしまう。その背徳感が病みつきになり何度も泥棒を繰り返すうちにバレてしまい・・・・
アパートのおばさん

ブサ面の僕ですが、昔おばさん達の性処理係にされていた時期がありました。

相手は40代のおばちゃんで、同じアパートに住んでいました。

当時学生の僕は、まだ童貞で毎日おかしくなりそうなほど勃起して、オナニーばっかりしてました。

オナニーのネタはAVが多かったです。

何故だか熟女モノが好きで、同年代やJKとかよりも年配のおばちゃんに興味を持っていました。

友人が頻繁に泊まりに来るので、オナニーも出来ず、ついに夢精してしまうほどでした。

ある日の夜コンビニへ買い物に行くことにして、公園のトイレでオナニーしようと外に出ると、例のオバちゃんが洗濯物を通路の洗濯器に入れていました。

顔に黒子が有り、口が少し曲がっていてるのですが、小柄で普通のオバちゃんです。

熟女好きの自分にはまあまあストライクのおばちゃんで、なんだかムラムラしてしまいました。

洗濯器に汚れ物を入れて部屋に入って行きました。

奥の部屋なので、そっと洗濯物を取り出し、そそくさと建物の裏に行きました。

彼女の窓に明かりでそれなりに見えるので、こっそり洗濯物を広げてみると、ベージュの薄地のパンティーやブラなど数点と靴下がありました。

パンティーだけ手元に残して、そっと洗濯器に他の物を返し、裏でパンティーを広げます。

少し湿っていて強烈なアンモニア臭がしました。

その場でチンコを引っ張り出そうとするのですが、勃起していてなかなか引っ張り出せません。

深く吸い込むと、初めて嗅ぐオマンコのエロイ臭いやアナルの臭いで、20秒もしない内に勢いよく射精が始まりました。

パンティーに顔を埋めながら5回も射精しました。

5度目の射精もかなり飛びました。

もちろん、そのパンティーは精子まみれになり、使い物にならなくなったので、持ち帰って棄てました。

それからは、毎日パンティーを物色して、我慢しながら数枚パンティーがあると全部のパンティーの臭いを嗅いで射精しました。

とにかく中毒です。

調子に乗ってパンティーにも発射しました。

コンパで酔った帰りにもその場所へ行っては発射しました。

自宅でじっくり臭いを嗅ぎ発射したこともありました。

洗濯物は派手なパンティーも有り、毎日楽しませてくれます。

彼女は警備員らしく、夏などは臭さ爆発です。

そのうちおばさんと挨拶する事もあり、その後の一発が又最高なんです。

しかし実はバレていました。

おばさんとその友人らしきおばさんが訪ねてきて、辞めて欲しいと言ってきたのです。

僕は青ざめました。

とにかく謝りました。

警察には言わないで欲しいと。

許してくれましたが、もう洗濯器にパンティーはありませんでした。

そりゃ当然ですよね。

ほっとしたのですが、残念です。

ある日、おばちゃんが1人で訪ねてきました。

汚れたパンティーを持ってきて、コレでよかったら使っていいよと。。。

そしてなんと、おばちゃんはセックスさせてくれました。

童貞の僕には一生の思い出です。

おばちゃんは積極的にキスしてくれたり、フェラをしたりしてくれました。

初めてのフェラ、意外に上手いおばちゃんの舌技にあっという間にイってしまいました。

それから、おばちゃんが上になって、僕の下に腰をおろしてきました。

おばちゃんにされるがままに、僕は童貞を卒業しました。

フェラでイっていましたが、おばちゃんの中が気持ち良過ぎて、またすぐに発射してしまいました。

初めてのエッチで、いきなり中出しをしてしまったのです。

それからは毎日毎日セックスしました。

堀の深い尻で、どす黒いアナルをヒクヒクさせながら僕のチンポを食べていました。

僕をバックで受け入れてくれる時は、パンティーの臭いを嗅ぎながら、何度も来る射精感を我慢しながら突きます。

今度は友人のオバちゃんが来ました。

痩せているオバちゃんで同年代くらいです。

今度はさすがにヤバイと思ったのですが、これもなんとセックスさせてくれました。

「同じアパートのおばちゃんには内緒よ。」と言いながらチンポを引っ張り出し、フェラしながら説教し、上に乗ってズボズボするわけです。

毎日のように交互におばちゃんが家にやって来て、僕のチンコを食べていました。

2人はお互いに内緒で僕と会っているので、バッティングしないよう時間を調節して会っていました。

そのうちお互いバレてしまい、アパートのおばちゃんは引越ししてしまいました。

友人のおばちゃんだけ遊びに来てくれるようになったので、しばらく関係を続けました。

たるんだ身体に老けてしまった顔。

相手してくれる男がいないから僕で処理していたんでしょうね。

おばちゃんのくっさいパンティーとエロいお尻が懐かしいです。

もうこんな事ニ度と無いんだろうな。。。。

最近は相変わらず熟女モノを見ながらオナニーばかりしている毎日です。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。