レズビアン

【体験談】小6の頃、レズのお姉さんに性的虐待をされてました・・・

レズビアンに染まった少女

幼少時代、おる友達の家へ泊まりに行くことになった女性投稿者。その友達には歳の離れたお姉さんがおり、投稿者に執拗に付きまとってくるのだが・・・・
苛められる女子

小6の頃に友達の家にお泊りに行った時のことです。

夜になり、友達三人で川の字になって布団にもぐりおしゃべりをしていました。

うとうとしていた私はいつの間にか眠りに着きました。

ふとトイレに行きたくなり部屋を出たのですが、トイレの場所が分からず廊下をうろうろしていると、友達のお姉ちゃんもトイレに起きたらしく一緒に連れて行ってもらいました。

トイレへ着くとお姉ちゃんから「怖いから一緒に入ろうと」と言われ何の疑いもなく入ったのです。

すると、いきなりお姉ちゃんが「おしっこってどこからで出るか知ってる?」と聞いてきたのです

私は黙ってしまい、早く部屋に帰りたいと思いながらも、お姉ちゃんが用を足すのを待っていました。

そして私の番が来てパンツを下ろし便座へ座ると、お姉ちゃんが私の股を広げ覗き込むように見てきたのです。

そして「ここだよ。おしっこの出る穴・・」と、指で割れ目の中を探るように触られました。

びっくりした私は抵抗したのですが、相手は高校二年生、力では適わず足を広げられ、クチュクチュと音を立てて弄くられました。

次第に弄られているのと我慢してるので尿意がピークに達し、お姉ちゃんの手の上に漏らしてしまいました。

するとお姉ちゃんが真顔で「お姉ちゃんの手びしょびしょになっちゃたね」と責めてきます。

私はごめんなさいと謝ったのですがお姉ちゃんは無言のまま、、、

用も足し終わり、ここから逃げたい一身でそそくさと部屋に向かうと、背後から「誰にも言わないからね」と言われその日は就寝しました。

翌朝、気まずい私とは裏腹に平然としているお姉ちゃんを交え、友達と公園で鬼ごっこをしたのですが、またしてもトイレに逃げ込んだ私を追い掛けてきたお姉ちゃんが「一緒に隠れよう」と、、、

身に危険を感じつつ断ることも出来ず一緒に隠れます。

そこは障害者用のトイレで、お姉ちゃんが洋式トイレの所に座り私は手すりの所に座っていました。

すると、「これ知ってる?彼氏にもらったんだ」とローターを取り出してきたのです。

私はその頃まだローターと言うものを知らなかったので「何それ?」と聞きました。

お姉ちゃんは「これね、気持ちいんだよ」と言いながら私の目の前でパンツを下ろし、片足に引っ掛けたまま大股を広げてハアハアしながらローターオナ。

私が唖然としていると、「美優ちゃんもパンツ脱いでここ座って」と言われ、嫌と言ったものの昨晩の流れで強制着席。

「おしっこ出る穴は覚えた?」と指でクチョクチュされ、オシッコしたくなっちゃう!と私が言うと、「もっとオシッコしたくなるとこ教えてあげる」と今度はローターでクリを弄くられます。

自分の身体がビクビクしてしまう事に怖くなり、「お姉ちゃん、ビクビクしてるから!病気になっちゃうからもう止めて!」と、半べそになりながら拒否しました。

でもお姉ちゃんは、「気持ち良くないの?じゃあもっといっぱいしてあげる」と、思いきりマンコを広げら、舐めながらローターを当てられました。

最初は単にくすぐったかった刺激が、次第に今まで味わったことのないほどの快楽に変わり、私はされるがまま股を広げ必死に手すりにしがみ付いていました。

お姉ちゃんも段々エスカレートしていき、マンコにウォシュレットを当てたり、舐めたりローターで弄ったりを続けるのです。

いつの間にか私はヨダレを垂らしながら快楽を貪っていました。

鬼ごっこも終え家に帰る途中、またお姉ちゃんと遊ぶ約束をしました。

この日の快感が忘れらず、私はこの日から自分でオナニーをするようになりました。

お姉ちゃんにされたことを思い出しながら自分で触ってみると、アソコが熱くなり濡れてくるのが分かりました。

凄く気持ち良くて、それからは取りつかれたように毎日オナニーばっかりして、次第にイク感覚も分かるようになりました。

今、私は中2なのですがその後もその公園でお姉ちゃんと遊んでいて、小卒の時にお姉ちゃんに紹介してもらった男の人と初体験を終えました。

同時期に初めてお姉ちゃんとのHでイカせてもらい、今でも連絡を取り合っています。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    お姉さんのマゾ奴隷にされたんですね。是非最近のプレイのお話も聞きたいですな

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。