処女 童貞

【体験談】小6の頃、母親の友人のJカップを堪能してた俺wwww

ショタ、女体にご満悦

幼少期からAVなどを観て性に興味津々だったマセガキ投稿者。たまたま自宅で母の友達と二人きりになる機会があり・・・・
胸の大きな女
俺の初体験は小6のGWでした。

相手は母親の親友のモモさん(人妻)です。

今思うとショタコンだったとしか思えない。

モモさんは当時30過ぎで身長は160くらい、そして胸がめちゃくちゃデカかった。

その頃、友達から借りたAVとか見てたのでセックスに興味津々。

オナニーも毎日のようにしていましたし、早くセックスがしてみたいとずっと思っていました。

ももさんはデカパイに触ってもあんまりきつく怒らなくて、冗談でキスしたりデカパイ揉んだりしてました。

さすがにももさんから触ってくれることはなかったのですが、ももさんのことを想像しながら何度もオナニーはしていました。

小6のGW、バツイチシングルの母親は彼とデート。

俺は一人でゲームしてたらモモさんが母親に会いに家に来た。

俺が一人で留守番してると知るとゲームに付き合ってくれた。

モモさん、熱中して暑いからって上着脱いでやりだしたせいで、キャミから胸の谷間が見えて、もう堪らなくて触った。

「も~!しんちゃんダメよ」と優しく叱るモモさん。

「モモさんのオッパイ柔らかい」と揉み続けると、「Hに興味ある年頃なんだ」と言われました。

素直に「うん」と頷くと、「ちょっとだけだよ」とブラをずらして生チチを見せてくれた。

ボロン!と音が聞こえてくるような勢いでブラから溢れ落ちる爆乳。

今考えると、マジでJとかKカップはあったんじゃなかろうか。

デカパイに似合わない小さめの乳首に吸い付くと「あっ!ダメ」と言いながらあまり抵抗しない。

もう狂ったかのようにそのデカ乳をむしゃぶり続けた。

右乳首の横にホクロが2つあったのが何故か印象的だった。

乳首を吸いながら手を下の方へ動かすと流石に「そっちはダメ!」と止められた。

でも当時、オレは170/65と体格よかったから俺の方が力強くてね。

強引に下着に手を突っ込んで生マンコ触ったらモモさん、びちゃびちゃに濡れてた。

濡れてることをモモさんに告げると、凄く恥ずかしそうな顔をして、それがたまらなく可愛らしかった。

モモさん、感じてんだって思ったら止まらなくなって、指で弄ってたら「あん!しんちゃん!ダメだって!止めなさい!」って叱りながら甘えた声出して。

「モモさん、セックスしたい!」って言ったら、「それだけはダメ!最初は好きな子としなさい」なんて言ってたけど、乳首舐めと手マン続けてたら欲しくなったんだろうね、「お母さんには絶対内緒よ」って入れさせてくれた。

AVを何度も見ていたら、挿入もスムーズに出来て、正常位で合体した。

初めての女性のマンコは暖かくて、気持ち良過ぎて最高だった。

ゴムとか持ってないから生で入れてさ、「出そうになったらお腹に出してね」って言われたけど、ぬるぬるマンコにスルッと俺の子供チンコが包まれて・・・なんとも言えない快感にすぐ出てしまったよ。

「ごめん。出ちゃった」って言ったら「え~?!ダメじゃない。も~・・・彼女とする時は中で出しちゃダメよ。ちゃんとコンドームつけるのよ!」って言って許してくれました。
(速攻で風呂入って洗ってた)

1回やったら後はちょろいね。

時間ない時はフェラしてもらったり、受験でイラついてる時はむちゃくちゃに犯したり、高二で彼女が出来るまで楽しませてもらいました。

初体験が爆乳の年上熟女さんだったから、どうも年上のデカパイに目がいきます。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。