SM -M女とご主人様-

【体験談】野外でのマンコ露出調教に田舎の爺さまが拝み出すwwww

過激な露出調教

とある男性に以前から調教されている女性投稿者。今回は過度に露出した格好でのドライブデートらしく・・・・
露出する女
本当は露出の専門サイトが良いのかと思ったけど、コメ欄が荒れてましたのでこちらに投稿。

今年、9月になっても汗がしたたり落ちる猛暑が続く中、ずっと交流のあるご主人様と田舎へドライブに連れて行ってもらいました。

以前買ってもらった短いヒラヒラの黒いワンピースを着て・・・

もちろん、ブラもパンツも履かずに。

最初は、街道沿いの自動販売機のそばで車を停め、ジュースを買いに行くぐらいだったのですが、ちょっと脇道にそれて何でも屋みたいな小さな店に入りました。

おじいさんが一人で店番をしていたので、「パンか何かありますか」と声を掛けました。

立ったままでもワンピのヒラヒラの隙間から陰毛が見えていて、最初はおじいさんも気づかなかったみたいです。

ですが後ろ向きで前かがみになってパンを選んでいると、もちろん大きなお尻は丸出しになります。

パンを手におじいさんの所に戻ってお会計していると、「おねえちゃん、見えているよ」ってポツリと。

はるみは何のことか分からない振りをして、「え?何が見えているんですか」って。

「スカート短いから、毛が見えているよ。パンツ履いてないの?」と聞かれました。

ちょっと離れた所でご主人様はニヤニヤしながら様子をうかがっていたので、「暑いからパンツ履かないです」と答えました。

おじいさんはビックリしたようでしたが、私はさらに「ワンピース短いから、見えちゃいますね」と言って、裾を思いっきり胸までめくって貧乳を丸出しにしました。

「今年は暑くて暑くて、おじいちゃんも大変ですよね」って。

大きな乳首も短く切ってある陰毛も割れ目も太腿も露わに。

ああ、おじいちゃんに私の身体見せてるって、頭がボーっとしてきましたが、ご主人様の「おい、そろそろ行くぞ」の声で我に返り、ワンピを戻してパンを持って外に出て、車に乗り込みました。

ご主人様は「根性試しは一応合格だ」を褒めて下さいました。

超ドッキドキはおさまらずに、しばらくは、ご主人様の手がはるみの胸や股間をまさぐる快感に酔っていました。

せっかく脇道に入ったのだからと、林や田んぼや畑ののどかな道をドライブしました。

しばらくすると、「ここいらでちょっと散歩しよう」と車を停め、ご主人様に導かれて農道をとぼとぼ。

畑で一人で農作業しているおじさんが遠くに見えました。

しばらく歩いていたのですが、日差しも強くかなりの汗まみれに。

すると、さっきのおじさんが畑の隅で一服しているのが見えました。

ご主人様は「あのおじさん、炎天下でお仕事しているなんて、はるみが労いの声を掛けて上げなさい」って。

農道から一段低い畑の隅でタバコを吸っているおじさんに近づき、「ご労様です、何を育てているのですか?」と声を掛けました。

おじさんからははるみを見上げる格好になるので、もちろん短いワンピのヒラヒラの隙間から陰毛と割れ目が丸見えです。

「おねえさん、こんな何もないとこでドライブかい?」と、おじさんは最初気づかなようで普通に話しかけてきました。

ちょっと脚を開きぎみにして畑を覗き込むようにしたので、ワンピの隙間から見える陰毛と割れ目に気づいたみたいで、ちょっとビックリしたような表情を。

はるみの顔と股間を交互に見ているようで、そのうち陰毛と割れ目をガン見したまま普通の会話を続けました。

さっきのおじいちゃんみたいに話してくれそうもなかったので、はるみは自分から「暑いから、パンツ脱いで履いてないんです」って、何の脈絡もなく言ってしまいました。

おじさんは、こんな若い地味な女がわざとノーパンで・・・とか思ったかな?

しばらくしておじさんから「でもお姉さん、見えちゃってるよ」って。

「パンツ履いていないから、見えちゃってもしょうがないですね」

そう言って少し離れたご主人様を見ると頷いているので、決心しました。

「おじさん、暑いのにお仕事大変ですよね」と、この後を続けるのは勇気がいりましたが、ご主人様の態度を再確認して、思い切りました。

「豊作になりますようにってお祈りしますから、はるみの毛の生えた弁天様をご開帳します」って言って、おじさんの前にしゃがんで脚を開いてマンコが見えるようにしました。

ちょうどおじさんの目の前で、陰毛を短く切って、いやらしい肉薄で中身が丸見えのマンコが開いて、肛門も丸出しに。

外に出て散歩してしばらくたつので、この暑さの中で汗びっしょりになっていましたが、股間の湿りは汗とは別にびっしょりになっていたと思います。

ご主人様から教えられたとおりに、「豊作をお祈りして毛の生えた弁天様を拝んでください」って、そう言いながらワンピの裾を少しずつめくって、貧乳もマンコも丸出しにします。

「おじさん、はるみの身体全部で豊作祈願するので良く見て下さい」と。

もう、頭の中は真っ白で、おじさんが何か言ったのかもしれませんが、「ほお-、驚いたなあ」というのしか覚えていません。

はるみは出来る限りの満面の笑顔でご主人様に指導されたように、「おじさんどうですか?はるみの健康に発育した女子生殖器、毛の生えた弁天様です。じっくりと、よーく、見て拝んで下さい」とお願いしました。

しばらくすると、さっきまで自販機露出の度にジュースを飲んでいから、オシッコがしたくなりました。

ちょっと迷ったけど、ご主人様を伺ったらニコニコしていて安心したので、「おじさん、毛の生えた弁天様からオシッコを出してもいいですか?」

そう言うと、我慢出来なくなって勢いよくオシッコが出ていまいました。

「おじさん、毛の生えた弁天様からオシッコでてるよ、ああ、はるみのマンコからションベン出てる」と、かなり大きな声で叫んでしまいました。

どのくらいの時間が経ったのか分からないくらい、長いようなあっという間のような感覚でした。

「おじさん、ありがとうございました」とお礼を言って、まだワンピをたくし上げたまま立ち上がりました。

胸も陰毛も割れ目も丸出しのままです。

帰り際、またおじさんに向かって、「豚鼻淫乱娘はるみの、毛の生えた弁天様と逞しい身体を、見て拝んでいただいて本当にありがとうございます」とお礼を言い、ワンピを下ろしてご主人様の元に。

オシッコしたままだったので、割れ目から滴が太腿を伝わって、垂れているのが感じられましたが、汗びっしょりということもあって、もうそのままでご主人様と一緒に車のある場所まで戻りました。

おじさんとの会話とか、うろ覚えなとこしか書けませんでしたけど。

秋の猛暑のとある一日の思い出です。

もちろん車に戻ってからは、ご褒美と言ってご主人様に可愛がってもらいました。

おじさんに見られて、既に濡れ濡れだったので、我慢出来ずに挿入をおねだりしちゃいました。

ご主人様もはるみの頑張りが予想以上だったようで、いっぱい喜んでくれて興奮してくれたみたい。

濃厚なセックスをしてもらえて最高の一日でした。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。