人妻 熟女

【体験談】人生ドン底のデブ女が出会い系を始めた結果wwww

おデブの青春

学生時代に彼氏にフラれたことがキッカケで体型コンプレックスを悪化させ引き籠もり気味になってしまう投稿者。寂しさを紛らわせるために出会い系サイトに登録してみると・・・・
ぽっちゃり巨乳
初めて投稿します。

31歳、おデブ主婦です。

大学生の1年生の時、サークルで一緒だった同級生の男の子と付き合いだしました。

私は物心ついたときからのデブで、当時も160センチ85キロありました。

彼は太った子が好きというわけではなかったのですが、私の性格とかが好きだからと良く言っていました。

でも結局、小さくて可愛い後輩に告白され、4年生の時私は振られました。

ルックスも性格も良い子って、いますもんね実際。

独り暮らしだったので寂しくて、私はよくネット上で遊んでいました。

デブなので、当然出会い系サイトをよく見ていたのですが、これまでに4人の人と会いました。

1人とは車中でお話しだけ。

マジメな人で、「怖い」と言ったら何もしないでくれました。

他の2人とは車中で胸や下の方を触られたり舐められたりしました。

そして1人とはホテルでエッチを2回くらいしました。

当時はまだ若かったし、出会い系の中ではまるでアイドルのようにモテました。

色白で胸が大きく、多分デブ好きの人が好きそうな体だったと思います。

その中の一人の男性のことを書きます。

その人は当時34歳とのことでした。

私は21。

車で迎えに来てくれるということだったので待ち合わせをしました。

「こんにちは」と言うその男性は、髪はやや白髪交じりのフワフワとした長めの髪で、ぼってりとして、大人しそうな人でした。

車に乗ると私も緊張して黙り込んでしまいましたが・・・。

車内、当時では珍しい「K-POP」が流れていて「これ、韓国語ですか?」とか話しているうちに、少しずつ緊張がほぐれました。

男性は、「可愛いね」「彼氏は?」「いつから太ってるの?」「バスト何カップ?」など質問をしてきます。

メールでは違和感のない質問も、直接聞かれると顔が強ばってしまう自分がいました。

でも、ちゃんと一生懸命答えてる自分がいました。

車は、人気のない所に来ました。

外は激しく雨が降っていました。

キスをされようとしたとき、私は怖くて拒否してしまいました。

まだ元彼が好きだったんです。

その男性は、私を尊重して無理にはしませんでした。

でもおっぱいを揉まれてしまい、私はおっぱいが物凄く感じてしまうので自分でも分かるくらいに濡れていました。

顔が熱くなり、赤くなっているのも分かります。

「おっぱい見せてよ」と言われ、されるがままになってしまいました。

服をまくられ、ブラジャーを外されました。

「乳首ピンクだね。乳輪も大きいなあ」とおっぱいのコトをいちいち言われるのが恥ずかしくて、興奮している自分がいました。

「あん、あ、」と声が出てしまうと、男性も興奮したみたいでシートを倒して、凄い勢いで両手でおっぱいをもみくちゃにしたり、ちゅうちゅう吸ったり、舌でレロレロと舐めてきます。

私はそんなことは彼にしかされたことがなく、生涯で2人目だったので激しく興奮してしまいました。

雨の音が大きいのあって周りには聞こえないだろうと、私は「あん、あん、」と夢中で喘いでいました。

そしたら段々とパンツに手を入れられ、私も快楽に身を任せて脚を開いてしまいました。

「わ、凄い濡れてる・・・」と言われ顔から火が出そうでした。

私がおっぱいが性感帯なことを悟ったみたいで、おっぱいをずっと舐めたり吸ったりしながら、クリを弄ってきます。

そして私のエッチな汁をお尻に塗りつけられ、それだけで腰が砕けそうなくらい感じてしまいました。

脚をいっぱいに開いて喘いでいたら中に指を入れられました。

凄くキツイと思って下を観ると、中に3本も入っていました。

そして「ほら、3本も入ってるよ?」と言葉責めしてきます。

そんなことされるのは初めてだったのですが、自分のMの部分が目覚めてしまって、「もっとしてください!」って言っちゃいました。

男性はわざと膣に空気を入れるように3本の指で「ぐちょっぶちょっ」とすごい音を立てながら掻き回しました。

それを思い出すと、今でも濡れてくるくらい、凄く気持ちが良かったです。

指を動かしながら、「こうやって指マンしながら乳首吸うと中がぎゅって締まるね。気持いんでしょ?」と言われ、「はい、気持ち良いです」とすっかり淫乱なメスになってました。

多分始まって5分くらいしか経っていないと思いますが、私は我慢出来ずに、「イク!!イク!!」と大きな声で叫びながらイッてしまいました。

指を抜かれると、膣から「ぶび!ぶびび!」とオナラみたいに音が出て、もの凄く恥ずかしかったです。

男性は、引きぬいた指についた汁を丁寧に舐めていました。

私はイッた途端に「私、何してるんだろう!」と我に返り、元彼のことを思うと涙が出てしまって、泣きながら「もう帰ります。帰っていいですか?」と頼みました。

「どうやって帰るの?送ってあげるから」と心配そうに言われましたが、「タクシーで帰ります」と車を降りようとしました。

「じゃあ、タクシー代だけ渡すから」と言われましたが、それをもらうと援助交際のようになってしまうのが嫌で、お断りして、結局一人でタクシーで帰りました。

アパートについて、さっきの出来事は夢かもしれないと思い、シャワーを浴びようと服を脱いだら、胸にキスマークがたくさんついていて、アソコもぐちゃぐちゃに濡れていました。

鏡でそんな身体を見ていると、また思い出し、オナニーしてしまいました。

その後も、その人から何回もメールが来ましたが、連絡を絶ち二度と会いませんでした。

それなのに、味をしめた私は数カ月後、また我慢出来なくなり出会いを求めていました。

その時に出会った男性は32歳の方でした。

もやしみたいに細い人で、それがコンプレックスで太っている人に憧れていたみたいでした。

なんだか凄く共感してしまって、その人とはホテルに行ってエッチしちゃいました。

でも身体の相性があまり良くなかったみたいで、正直あまり感じませんでした。

車で指マンしてくれた男性の方が断然気持ち良くて、結局その人とも長くは続きませんでした。

その後もしばらくは指マンのことを思い出してオナニーばかりしていました。

実話なので、あまり面白くないかもしれませんが、今思うと、知らない人の車に乗っていっただけでも危険なのに、相手の男性が自らタクシー代をくれようとしたりとか、嫌がることをしないでくれたことがホントに奇跡のように思えます。

今は職場で出会った普通の(デブ好きでない)男性と結婚し、平凡な主婦をしています。

今でも思い出すと濡れてしまう私です。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。