SM -M男と女王様-

【体験談】オレ氏、M性感で調子のって3Pコースを頼んでしまう

痴女と女王様が同時にやって来る

関東在住のM男さんからの投稿。先日、たまに行くM性感風俗にてふざけて3Pコースを頼んだ投稿者。当然、S女が2人、過激さも2倍・・・・
女王様のヒール
先日、女性二人に犯されました。

まあ、風俗でなんですけどね。

僕はMっ気が強いもんでしてM性感のホームページを見ていると、痴女と女王様の3Pプレイがあるではないですか。

夢のようだ。

体験動画を楽しんでいると、もうどうにも辛抱たまらなくなって、仕事の予定の合間に予約を入れてしまいました。

部屋のドアがノックされ、女性二人と対面してみたところ、決して好みではありません。

少々高齢でしたし。

年齢はおそらく二人とも30代の半ばぐらいでしょうか。

体型もお世辞にもスタイル抜群とは言えず、まあまあぽっちゃりとしています。

風俗体験レポートで言うならば、地雷だなんて表現すべきところなのかもしれません。

しかーし!

良いのです。

肝心なのはプレイと空気。

がっかりなんてしたらお金と時間がもったいない。

楽しまなくっちゃ!

いきなりソファーに押し倒されて、乳首とアソコをさわさわ。

もの凄く痴女的雰囲気を感じたので、すぐにあっちのスイッチが入りましたよ。

キスも凄くいやらしくて、唾を垂らされると思わず受け止めて飲みこんでしまいました。

頭がとろけ出すと、もう一方の方が洗っていないアソコをパクり。

やはりプロだけあって、滅茶苦茶気持ち良いフェラチオで感じまくりました。

やさーしくやさーしく愛撫してくれたのでした。

シャワーで身体を清めた後は、いよいよベッドでのプレイになります。

シャワーでも女性2人にサンドイッチのような感じで洗ってもらい、かなり興奮しました。

プロ特有の声色で言葉攻めをされながら乳首とアソコを代わる代わる休む暇なく口で愛撫され続け、ますます僕の脳は陶酔していきます。

五月蠅いお口ね!と女性のマンコで口を塞がれ、僕は嬉しくなって夢中でナメます。

少しニオイがきつい感じでしたが、それがまた堪りません。

その間、お尻に指が入れられ解されたと思ったら、急に太い物が入ってきました。

顔面騎乗されていて見えませんが、相当大きなディルドに感じました。

お腹が苦しいのを我慢しながら、苦悶の声をあげても太いものを出し入れされ続けました。

私の顔からマンコが離され、寂しい気持ちになると髪をつかまれて鏡に映った僕の姿を見せつけられます。

ディルドというより、ぺニスバンドが挿入されていました。

そんな自分の姿が恥ずかしくて目を背けたその先には、もう一本のぺニスバンドが装着された女性の股間があり、僕は何故かそのぺニスバンドに夢中でしゃぶりついてしまうほどに頭がおかしくなっていました。

今度は、四つん這いにさせられて、後ろからアソコを弄られながら、またぺニスバンドの挿入です。

アソコは気持ち良いのにお腹が苦しくて逃げようとするが、ぺニスがそれを追いかけてきて逃がしてくれません。

あまりにも私が逃げるので、もう一人の女性が私の背中に乗り、逃げられなくされてしまいました。

本気で「もう止めてください。許してください」と泣き声のような声で懇願しても止めてはくれず、そのうちなぜかその苦しみさえも嬉しいもののように思えて来るほどに徹底的にイジメ抜かれました。

「おいマゾ奴隷!ブログに載せてやるから写メ撮っていいかい?」

「ひあっ、いや、ちょっと!あっ、うぐぁっ」

「大丈夫、汚い顔は写さないから撮ってやるよ」

アナルをガンガン掘られながら、その光景を撮影されました。

脳は、苦痛から逃れられないことを知ると、それを喜びとして受け入れるようにしてしまうのでしょうか?

そのままの状態で、連続で二回抜かれてプレイは終了しました。

ぺニスバンドが引き抜かれた後、僕はベッドにへたり込み、しばらく身体を起こすことが出来ないほどに身体が疲労していました。

その後、仕事相手と酒を飲む予定だったので、まずいなーと思ったら、その後の酒は異様に回りました。

家に帰れたのが奇跡です。

後日、女王様のブログをチェックすると、家畜のように犯されている自分の姿が。。

しばらくはこういったプレイは望みそうもないですが、もしかしたらそのうちにまた欲してしまうかもしれません。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    あーー久々にM性感行きたくなったじゃないか!

  2. エッチな名無しさん says:

    風俗で3P頼むのはハードルが高すぎる。コミュ力高くないとキツイ

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。