レイプ

【体験談】高校時代、不審者に強姦されて背中が挽き肉状態に・・・・

犯されたあの日

高校時代、自転車で田舎の学校に通っていた投稿者。ある日の部活帰り、1人で自転車を漕いでいると不審なスクーターにつけ回され・・・・
レイプ現場

高校生の時でした。

部活の帰り道、近道なので薄暗い農道を自転車で通ってると、前から原付バイクがゆっくり走って来ました。

速度がゆっくりなので怪しく思いましたが、小さな犬を散歩させてた若い男性で私は安心しました。

が、すれ違う時に原付の男性は私をジロリと見つめてきたのです。

怖くなったので私は自転車を速く漕ぎだしますが、原付バイクはUターンして私を追い越すと自転車の前を塞ぎ、私は自転車を止められました。

男性は犬を原付に繋ぐと、驚いてる私に近づいてきて「ねぇ?高校生?」と突然聞いて来ました。

私が怯えながら「はい!」とだけ答えると「今から遊ぼ!」と言ってくるのです。

私がなんとか断ろうとアタフタしていると、その後ろを自転車が通りました。

同じ部活の同級生の男子でした。

私が助けてもらおうと声を掛けようとしましたが、私をチラ見してそのまま行ってしまいました。

原付の男性は、同級生が行くとまたしつこく誘ってきます。

私が断り続けると、男性は少し怒った表情になりポケットからカッターナイフを出してきました。

そしてそれを私の顔の前に近づけ、「おい!言うこと聞けや!」と脅してきます。

私が恐怖で悲鳴すら出せないでいると、男性は私の右手の手首を掴んでぐいぐい引っ張ります。

そして少し離れた農機具を入れているような小さな小屋の裏に連れて行かれました。

そこで私が少し悲鳴をあげると、男性は私の口を塞ぎカッターナイフをチラつかせながら「大人しくしてろ!」と怒鳴ります。

私はもう膝が震え、立っているのがやっとです。

お構いなしの男性は、私のブラウスのボタンを外し始めました。

直ぐにブラウスは脱がされ、ブラをずり上げオッパイに吸いついてきました。

私は男性に裸を見られたのは初めてでした。

恥ずかしさと怖さでいっぱいでした。

男性はニヤニヤしながら、おっぱいを舐めたり揉んだり・・・凄く気持ち悪かった。

男性は直ぐにスカートの中に手を入れてきて、部活の時に履いていた体操服のハーフパンツの中に手を差し入れてきます。

私が咄嗟に脚を閉じると「開けよ!刺すぞ!」と怒鳴りながら私を地面に押し倒しました。

スカートを捲り、ハーフパンツとパンツを手荒に脱がしてきます。

男性は私をスカートとブラだけの姿にすると私に覆いかぶさり、私の頭を持ち上げて無理矢理キスしてきました。

私にとって初めてのキスでした。

口も凄く臭いのに、無理やり舌を絡められて、吐きそうになってしまいました。

その時、建物の外に車のエンジン音が聞こえたので、私は逃げようと思い男性を突き放そうとしました。

しかし思いの他男性の力は強く、私は逆に首を絞められる態勢に。

「殺すぞ!ジッとしてろ!」と言われ私は抵抗出来なくなると、男性は車が通り過ぎるのを待ってから、ズボンを脱ぎだしました。

そして私の脚を開くと、男性器を押しあてて入れようとし始めました。

既に男性のアソコは大きく固くなっていて、我慢の限界だったのでしょう・・・。

でも中々入らないようで、何度も膣の入り口にググッ!ググッ!押しつけてきます。

辛抱しきれなくなった男性は、私の両足を抱え全体重を上から掛けて一気に私の中に押し込んできました。

私は強烈な痛さに「痛い!」と叫び逃げようとしましたが、男性は私に構うことなく激しく動いてました。

息も荒く、まるで獣のように腰を振り、目も血走っていて凄く怖かった。

私は下半身の痛みと地面に擦れる背中の痛みに耐えていました。

強烈に記憶に残っているのが摩擦熱による背中の強烈な痛みです。

「痛い!背中が焼ける!」と泣き叫ぶも、男は意味が理解出来ずにキョトンとした顔で腰を動かし続けました。

どれくらいの時間か分かりませんが、男性の動きが止まったと思うと私からペニスをゆっくりと抜き離れていきました。

どうやら中に出されてしまったようでした。

私が呆然と寝たままでいると、直ぐズボンを履いて原付に乗ってどこかへ行きました。

私は男性が居なくなると涙が止まらなくて、しばらくはその場で倒れたままで居ました。

それから服を着て自転車に戻ると、さっき通った同級生が何故かいて「大丈夫?」と声を掛けてきました。

たまたま通りすがったのか、それとも一部始終を見ていたのかは判りませんが、「何でもないから!」とだけ言って逃げるように帰りました。

帰宅後、制服を見ると背中部分が血で染まっており処分しました。

妊娠していなかったのがせめてもの救いでした。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。