SM -M女とご主人様-

【体験談】〇才の頃、監禁されて飼育調教されてました・・・・

少女の監禁飼育

まだ若かった頃、とあるオフ会に参加したことがキッカケで心にトラウマを植え付けられてしまった投稿者。恐怖と絶望に満ちた数日間の出来事・・・
誘拐された少女
最初にレイプされたのは1〇の時。

当時、私には6歳上の遠距離彼氏がいた。

滅多に会えなかったけど時間さえあれば連絡くれたので、寂しく感じることもなく過ごしてた。

けど厄介だったのが超束縛男な事。

そのストレスがつもりに積もって彼氏が寝てる時間に内緒でチャットしてた。

やり始めて3カ月過ぎた頃にはチャット内にお兄ちゃん的な存在も出来た。

その人をアキオとする。

アキオはすぐに口説きにかかってアドレス等を聞いてくる男達とは違い、チャット内で私を妹と呼び、相談等もきちんと聞いて大人の対応をしてくれてた。

だからアキオは信頼出来ると思い男だけどアドレス交換してた。

ある日、彼氏の束縛内容が酷すぎて電話で大喧嘩。

私は電話を切り彼氏の鬼電を無視してアキオに相談。

そしたら「今からオフ会やる予定なんだけど気晴らしに恵那も来ない?」 というお誘いをもらった。

場所を聞いてみたら意外な事に近距離。

場所は詳しくは分からなかったが、アキオが車で迎えに来てくれるということだったので受けることにした。

彼氏と付き合って初めて羽が伸ばせると浮かれたのが間違えだった。

アキオが来て初対面。

爽やか系の中肉中背のお兄さんだった。

チャットで数ヶ月も話してたせいか実際に会って話しても違和感なくて楽しくて、あっという間に目的地に到着。

「着いたよ」と言われた場所はどう見てもマンション。

訳を聞いたら一度ここで集まってから、みんなで移動するって事らしかった。

アキオは車から降りると回りをキョロキョロ。

「実はここ会社の男子寮で女子は入っちゃだめなんだ」と小声で伝えてきた。

「えっ!?じゃ私はどこか別のところにいるよ」と言おうとしたらアキオはそそくさと前を歩いていて、ある部屋の前に立った。

そして鍵を取り出して扉を開けると私を見て手招き。

私は戸惑ったが身を小さくしてささっとアキオの元に。

すぐに部屋に入れられ鍵を閉められた。

「ドキドキしたね」なんて言われながら奥の部屋に進むように促されて進んだら、そこは6畳くらいの部屋で別途と小さいTVとカラーボックスが置いてあり、収納しきれない荷物で溢れかえっていた。

ここに人が集まれる?なんて傾げていたら、いきなり姿勢が崩れ視界が歪んだ。

思考が追い付かない時って咄嗟に声って出ないものだね。

私は別途に押し倒されてて、口の中に布を詰められて口をガムテープで塞がれた。

そして、両手首を掴まれて縛られて、頭の上の何かに繋がれた。

そこから記憶は飛んでるんだけど、次に記憶してるのは、服をおっばい上まで目繰り上げられててクルクル巻かれている状態。

そしてブラのホックは外されてておっぱい丸出し。

下半身は何も履いてなくてアキオが私の足の間で右手にビデオカメラ、左手で私のおっばいを持ちながら腰を振ってる状態だった。

私、レイプされてるだ・・・なんて漠然と思い、私に起こってることなのに私に起こってることではないような変な感覚にもなった。

アキオは時折、ビデオカメラを降ろし早く腰を打ち付けて来た。

そして中にドクンドクンとするような感覚がすると、また動き出し、しばらくするとまた早く打ち付けてを繰り返していた。

中出しされてる!?と不安に思うが口が塞がれてて確かめようがなく、こんなに連続して出来るわけないよね、ただのちょっとした休憩だよね、と自分に言い聞かせ、ただただ耐えていた。

次第に中や脚の付け根が痛くなってきて、早く終わってって気持ちが強くなって、どうにか訴えようとするんだけど、気持ち良いと勘違いされたっぽい。

抵抗をみせるほど、攻めは激しくなっていった。

段々意識は遠退いてって、気づくと全裸で空の浴槽内にいた。

首輪をされて鎖の先はユニットバスのトイレのパイプに繋がれてて、手は後ろで縛られて口はタオルで塞がれていた。

マンコが開きっぱなしでヒリヒリする感じがして、浴槽内は精液の臭いがして、自然と涙が溢れてきた。

やはり中出しをされたみたいで、マンコのあたりに精液がついているのが分かった。

30分くらいたったくらいにアキオが入ってきてビデオカメラを私に向けながら、「騒ぐなよ?もう俺に逆らえないことは分かってるよな?」と聞いてきた。

私は首を縦に振るしかなかった。

口のタオルを外されて誓わされた、アキオの精液肉便器になることを。

誓いの証拠にアキオの精液を飲まされた。

泣き叫びたいぐらい嫌だったけど従うしかなかった。

アキオは薄気味悪く笑っていた。

その日は3連休の1日目。

アキオに再び犯されながら親に電話して外泊の許可を取り、餌はトイレの蓋の上に置かれ犬のように食べ、排泄はがに股でするように言われビデオカメラで収められて、入浴は水をかけられて終わり。

アキオの体を隅々まで洗わされて、寝床は浴槽。

朝ションを浴びせられ、また犯されるのを繰り返した。

当然のように中出しされると、中出しした後はお掃除フェラまでさせられる。

更に中出し精液をほじくりだして、それも口に突っ込まれたりした。

犬みたいに扱われ、二日目あたりからは頭が混乱してきて、私ってホントは犬なの?みたいな錯覚をしてしまう。

いつ出れるか解らない、そんな恐怖で思考能力なんてなくなってしまう。

3日目の夜にようやく帰してもらえ解放されたが、アキオはほぼ毎日、私を呼び出す。

車に乗り込んだらすぐに人気のない所に車を止め、気が済むまでエンドレスに犯して帰っていく。

たまにデートスポットに出掛けることがあるけど場所は問わず、人がくるかもしれない場所でも犯してくる。

そして最初から場所指定してきたらレイプ。

その場にボロボロの状態で放置される。

でもそれはまだましかな。

1番嫌なのは彼氏の側で犯してくること。

早く私に飽きてくれないかな・・・。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    彼の側で犯されてるプレイを投稿しろよ能なし!

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。