女学生

【体験談】部活中、女子バドのユニ姿に彼が興奮してしまい・・・・

女子バドミントン部

学校で女子バドミントン部に所属している投稿者。部活中、露出の多いバドミントン部のユニフォーム姿を見ようと男子が集まってくるのだが・・・・
部活中の女子
放課後の部活中の事。

私はバドミントン部、彼はバスケ部でした。

その日はちょうど、同じ体育館で練習でした。

男バスと女子バドミントンの他にも、男子バドミントン、卓球がいました。

私の学校の女子バドのユニフォームのスカートは短く、ヒラヒラしていて可愛いと評判で、男子の視線が送られているのが解ります。

でも、私は・・・そんな事は気にせずいつも通り練習しました。

そして、1人だけ休憩を取り部室に行こうとした時、ぐいっと後ろから誰かに引っ張られました。

一瞬ドキッとしましたが、彼だったので笑いかけ、「何?」と聞くと、彼はいきなり男子トイレの個室まで私を連れて行きました。

男子トイレに連れて行られて、恥ずかしいしバレたらどうしようと思って、「宏樹・・・?」

彼の名前を呼ぶと、いきなり激しくキスをされました。

彼とはHもした事あったし、初めてでは無かったのですが、学校でするのは初めてで彼の胸を押しました。

押しかえして彼の顔を見ると、怒ったような顔でした。

「宏樹・・・怒ってるの?」

小さな声で、そう聞くと、「みんながゆり見てんだもん。ゆり可愛いし、ユニフォーム露出多くね・・・?」

彼がそう言いました。

普段は女子に人気でこっちがヤキモチを焼いていたので、彼が妬いてくれるのが嬉しくて、彼の耳元で「いつも男バドに見られてるよ?」と言ってしまいました。

「じゃあお仕置きだね・・・」

そう言って彼が私の唇を塞ぎました。

そして、服の中に彼の手が入ってきて、ユニフォームがブラの上まで捲られました。

ピタッとした服なので手を離されてもブラの上から落ちなくて、とても恥ずかしい格好でした。

「声出したらバレるよ・・・」

耳元でそう言われた瞬間、ブラの中に手が入ってきて私の胸を揉みました。

「ひろ・・っ・・・」

彼を呼ぶと彼はニヤッと笑って、空いてる手でブラのホックを外しました。

ブラを外されると、彼が嬉しそうに笑いました。

「ゆりもシたいんだろ?」

ブンブン首を横に振りましたが、「ここ・・ピンとしてる・・・」

そう言って、乳首を指の腹で愛撫してきました。

私はビクビク感じてきてしまって、なんとか彼を止めるために家でやろうと言ったのですが、彼は愛撫を続けました。

私は乳首が感じやすいので、乳首を執拗に攻められると、段々我慢出来なくて感じてきていまいます。

そのうちに、私の秘部も濡れてきてしまい、私がモジモジしていることに彼が気付きました。

もちろん彼は乳首が感じやすいのを知っているので、彼に誘導されたような感じです。

彼の手が胸から秘部へと下がっていき、割れ目に触りました。

「濡れてる・・・ゆり、下脱ごっか・・・」

彼は嬉しそうにニヤニヤしています。

彼が私のパンツとブルマを脱がせます。

そして、脱いだブルマを私に渡して、私の右足を持ち上げました。

彼には私の秘部が丸見えで、彼は自分の指を少し舐めて秘部にあてがいました。

ヌチュヌチュ動きクリを刺激しました。

「あっ、ひろ、き・・声出ちゃう・・・」

そう言うと、彼は私にキスをしながら指を中に入れてきました。

だめ、だめ、と言ったものの、指は簡単に入りゆっくりと動きました。

アソコには愛液がたっぷりで、クチュクチュといやらしい音が響きました。

「っ・・ぁっ・・っ・・・」

私は口を抑えて涙目で彼を見ました。

「嫌?止める・・・?」

私は首を横に振りました。

そうすると、指を2本に増やして中をグリグリと刺激してきます。

そして、「もう入れていい・・・?」

彼の言葉に頷きました。

彼は指を抜くと素早くズボンを脱ぎ、ペニスを私の秘部にあてがい、ゆっくりと入れていきました。

私もたっぷり濡れていたので彼のペニスはすんなり入り、入れられるとやはり気持ち良いと思ってしまいました。

その時、遠くから男子の声が近付いてくるのが分かりました。

「ひろ、きっ・・・誰か来た・・・」

「シー喋んなよ・・・」

繋がったまま、男子達が通り過ぎるのを待ったのですが、運悪くトイレに入ってきました。

ちょうどその人達は女子バドの話をしていました。

それに彼が嫉妬したのか、彼の腰がゆっくりと動きだしました。

「・・っ・・っ・・・!」

声は出なかったのですが、グチュグチュとした音が結合部からしました。

でも、男子達は話で盛り上がっていて気付いていないようでした。

そしてトイレから出ていくと、彼の動きが止まりました。

「ゆり締め付けすぎ・・・」

「人がいるのに動くからだよ・・・」

私がそう返すとまたゆっくり動き、「激しくしていい・・・?」

そう聞いてきました。

「だめ声、出る・・からっ」

すると、後頭部を押さえられ彼の肩に顔をうずめさせられました。

「汗くさいけど・・・我慢して・・・」

そして、彼が激しく奥を突いてきました。

「んっ、あっ・・ひろ・・・」

「ゆ、りっ・・・」

彼の声も荒くなってきました。

私も限界で彼の服にしがみつきました。

「ひろきっ・・・イクっ・・あっ・・・っ」

そう言ってすぐ、私はイッてしまいました。

そして少し出し入れされた後、彼も私の外でイきました。

2人ともイッた後、すぐ着替えて私は部室に行き、彼は手を洗って汗を拭いて部活に戻りました。

私も、部室で汗を拭いて、ブルマを代えて部活に戻りました。

彼は既に練習を再開していて何事も無かったようにしていましたが、私は明らかに長い休憩だったために部員から「どこ行ってたんですか?」と質問責めに合いてんやわんやでした。

その後の練習でもバスケ部員にまで変な目で見られ恥ずかしかったです。

彼はニコニコ笑ってるし・・・

彼の嫉妬は恐ろしいと思いました。

でも、またしたい気持ちも少しあります・・・

部活もその後引退し、トイレでする事もなくなったのですが、保健室や彼の部屋でオナニーさせられたり、とってもHな彼に振りまわされっぱなしです・・・(笑)

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。