人妻 熟女

【体験談】37歳の人妻ですが、セフレは高1男子なんです・・・・

高校生との不倫

ある真夏日、お隣の息子さんが汗だくだったので冷たいジュースを出してあげた投稿者。しかし家に入れた途端、後ろから抱きつかれてしまいそのまま・・・・

人妻の足先
主婦(37歳)です。

いつもこのサイトを見て、私にはあまり起こりそうもないことだと思いつつ、興味深々で興奮してます。

昨日、とうとう私も皆さんと同じように経験してしまいました。

隣の高校生としてしまいました。

お隣の洋子さんの息子さんで汗だくで学校から帰ってきた姿を見かけたので、冷たいジュースを飲みなさいと家に入れたのが間違いのもと・・・。

リビングでお話して、台所に向かいコップを洗っているとき後ろから抱きつかれて・・・。

若い男の子の汗に匂いに思わずキューとなって・・・。

「止めなさい・・」といっても、荒々しく私のお乳やお尻をさすって、ズボンには固くなったペニスが張りだし、お尻に押し付けてきて・・・。

じっとしていると、ブラウスを脱がされて、ブラジャーをはずされて、痛いくらいにお乳を揉んで、乳首に口をつけ舐め回されて・・・。

思わず、僕ちゃんの頭を抱えてしまった・・・。

スカートをずらされて、パンティーの上から私のあそこを揉んできて、さっとパンティーを下ろしたかと思うと、膝をついて私のあそこに口を埋めて、ペロペロと舐め回された。

少し固い床にそのまま寝かされて、僕ちゃんの固くなったペニスを入れられてしまった。

僕ちゃんのペニスは強引にねじこまれて、必死に突いてきます。

どうしよう・・これから、既成事実をつくられて、これから僕ちゃんとの関係がずるずる続くのかしら?

洋子さんやうちの主人にばれたらどうしよう・・・。

でも、若い男の子ってとのセックスの虜になりそうで・・不安。

また昨日のようなことを待つ自分と後悔する自分がジキルとハイドのように私の中で葛藤する どうしよう・・・。

私もこんなことになるとは思ってもみなかった・・・。

翌日、また僕ちゃんが私のうちに来て、断りきれずに家に入れてしまいました。

玄関に入るなり、僕ちゃんは狂ったように、今日もまた私の身体をまさぐり、抵抗しようと思ったんだけど・・

今日は寝室にまで連れて行かれて、明るい昼間なのに、ベッドの上に寝かされて・・・。

僕ちゃんにあそこをピチャピチャとまた舐められているうちに我慢出来なくなって、私も僕ちゃんのペニスに手が行ってしまい、頬張ってしまいました。

今日は、四つん這いにされて後ろから若い種馬のような僕ちゃんに突かれているうちに、もう離れられないのかなって思いました。

いけない事だと分かっているつもりだけど・・・。

火か点いたっていうか・・・。

身体が燃えてきて、まるで愛し合う恋人達のようにお互いを貪るようにセックスをしてしまいました。

そんな風に年の離れた高校生と初めてしてしまったというのに、その日もまたしてしまって・・私に隙があったんでしょうけど、でも私もまだ女としての部分が残っている。

若い男性にもまだ女として見られるところがあるんだ・・・。

でも、どうしよう。

いつかバレてしまいそうで、怖い・・・。

このまま、毎日昼間に若い男の子とセックスをする日々が続くのか・・。

僕ちゃんが高校を卒業するまではセックスをすることになるんだろうか 求められたら断れないくらい、何故か溺れてしまいそうになっている。

どうしよう。

その週末は主人がずっと家にいたので、お隣の僕ちゃんの攻撃には遭わなかった。

翌週の早朝、洋子さんに呼ばれて自宅へ伺い、いつものように世間話をしました。

あなたの息子さんと私、何度も何度もセックスしちゃったのよ。と心の中で想いながらも、意外と平静な顔でお話してたんじゃないかなあ?

僕ちゃんが学校に行くときに「おはよう」って声かけると、「今日は試験で半日だから、今日もいいでしょ?」と小さな声で囁かれた。

ああ、今日も昼間から若い男の子に私の身体を弄ばれるんだわ・・・。

キューンと胸が・・・。

期待しているもう一人の私・・・。

こんなに淫乱な自分が怖い・・・。

今日は、自分から積極的に僕ちゃんを責めそうで、上になって悶える自分を想像しちゃいました。

朝から、変な気分。

そして、NHKの昼の連続ドラマを見終わった頃、玄関のチャイムの音・・・。

隣の僕ちゃんだった。

「試験上手くいったの?」

「おばさんのことを考えて試験に身が入らなかった。でも、最低ラインは大丈夫だと思う」と普通の会話・・・。

「ねえ、忠志くん、この間のことは、もう忘れましょうね。おばさんと忠志くん、2人ともどうかしてたの・・・。あんなことは忠志くんがもっと大きくなって、大人になって、好きな人が出来たらその彼女とすることなの・・・。ね、判った?」

私は僕ちゃんに諭すように話した。

「おばさん」

でも、僕ちゃんはまた私に抱きついてきた。

僕ちゃんの手首を握り抵抗しようとしたけど、若いといってももう大人の身体をした僕ちゃんに振りほどかれ、スカートをたくし上げられ、パンティを引き摺り下ろされ、僕ちゃんの指が私のあそこに・・・。

私の身体を何年も前から知っているように、私の感じる部分をナゾッテ、「おばさん、濡れてるよ」なんて・・・。

もういっぱしの熟練したジゴロ気取り・・・。

確かに、僕ちゃんに弄られ、いたぶられる私のあの部分は、私の意識のコントロール外の状態で・・・。

僕ちゃんの背中に手を回してしまった。

私の理性は吹き飛んでしまい、僕ちゃんの学生ズボンのジッパーに手を伸ばして引き下げ、ブリーフから僕ちゃんのペニスを出して扱き出す。

リビングにソファーに僕ちゃんが横になったので、ズボンを全部脱がしてペニスを頬張る。

固くなったペニスがピクンピクンと脈打つ頃には、ワンピースは着たままパンティだけ脱ぎ捨て僕ちゃんに跨ってしまっていた。

僕ちゃんのペニスを握って自分からあそこへ導くと、ゆっくりと腰を降ろして繋がった。

僕ちゃんの気持ち良さそうな顔を上から眺めながら腰を前後に揺らし、次第に高まり大きな声をあげてしまった。

僕ちゃんのペニスはまるで木の様に固く、下から思いきり私の腰を引き寄せながら突き上げてくる。

僕ちゃんが突き上げるたび、ビシャビシャと音を立てながらいやらしい愛汁が溢れ出てくる。

ズボンだけ脱いだ僕ちゃんと、ワンピースを着たままパンティだけ脱いだ私が、あの部分だけ密着させて・・・。

セックスだけの繋がり。

思わず私は、一旦ペニスを抜いて口にもって行き、根元から先まで猫のように舐め回した。

そして私はあそこを恥ずかしげもなく僕ちゃんの顔に近づけ、僕ちゃんの鼻に擦りつけてしまった。

僕ちゃんを貪るように私の方から犯しつづけた。

もう盛りのついた犬みたいな私と僕ちゃんで・・・。

その後も後ろから突っ込まれて、私も思わず腰が動きます。

僕ちゃんの下半身に密着させるように腰を揺すって擦りつけるような動きをしてしまいました。

もう僕ちゃんは私の身体に慣れてしまったのか、私の感じる部分を余裕をもって探っているみたいです。

最初の日は私の中に入れるとすぐに出してしまったのに、今では強弱をつけて深く浅くと色々なリズムで腰を動かしてきます。

これまで体位は正常位とバック、それと私が思わず上になって跨ってしまった騎乗位のみだった・・

でも、昨日は横になったり、脚をクロスさせたり、正常位で繋がったときには脚を伸ばしてと言われ、腰を激しく動かされてクリトリスが刺激されてイッてしまいました。

私の方から僕ちゃんの腰に手をまわして引き寄せ、背中やお尻を擦って・・・。

若い僕ちゃんの肌は主人と違ってツルツルで・・・。

お尻なんか、前後させる時に筋肉がパンパンに張って凄かった。

まだ、未熟な僕ちゃんだけど、この数日で確実にセックスは上手くなっています。

しかも、何回も何回も求められて飽くことを知りません。

私も最近、主人とは 月に1回程度のおざなり状態だったので、毎日のように僕ちゃんにされるとセックス奴隷になってしまうようで・・・。

これが日常になってしまっていることが怖いです。

異常なことだと思うけど、若い男の子との関係を持った方が私だけじゃないはず。

女として年の離れた高校生とセックスするってこと、考えれば男の方も女子高校生と援助交際したりすることがあるんですもの・・・。

たまたま性的な欲求の対象が高校生であったんですよね。

最初は無理矢理だったけど、次第に自分でも不思議なくらい抵抗なく抱かれ、組しかれ、後ろから責められ・・・。

ちょっと前までは普通の主婦してたのに、今では僕ちゃんと昼間から身体を重ね、あそこを濡らしてしまう。

ある日は、僕ちゃんが玄関のインターホンを鳴らすと急いで玄関に行き、その場で私から抱きついてシャツをまさぐり、ズボンのベルトを緩めて降ろし膝まづいてペニスを頬張ってしまいました。

その後は交代です。

玄関のドア越しに声が聞こえないようにして、靴箱に両手をついて、大きく脚をひろげて僕ちゃんにあそこを舐めてもらって・・・。

お尻を突き出して、立ったまま僕ちゃんと繋がりました。

玄関の外でご近所の奥さんたちが立ち話しているのに、すぐ1~2メートル先のドアを隔てて私たちはいやらしい格好で動物みたいに愛し合いました。

もう、客観的に見ると私の方が僕ちゃんにハマッていました。

向きを変えられ、膝を抱えられて繋がったまま私は僕ちゃんの首に両手をまわした格好をさせられて・・・。

こんな体位は初めて・・・。

僕ちゃん、何かの本で読んだらしく、私を上下に揺すったりしてそのたびに仰け反ってしまう私・・・。

玄関のドアの向こうまで、このグチュグチュとした音が聞こえないかと気が気でなかった。

僕ちゃんは立ったままのセックスが疲れたのか、玄関の廊下に私を寝かせて、固い床の上で正常位でフィニッシュをむかえました。

その日は幸い安全日だったので、僕ちゃんのペニスが私の中で張り、律動するのを感じて私もイッてしまいました。

僕ちゃんのペニスを抜くと、僕ちゃんのザーメンがとろ〜りと流れ出てきました。

数日後、主人が九州まで出張に行くことが決まりました。

その日の夜は久しぶりに主人から求められたけど、前戯もほどほどに入れて、自分だけイッたら後は高いびき。

疲れているのは分かるけど、いつもそんなんじゃ若い子に対抗出来ないよ!と心の中で呟きました。

朝、主人を送り出して玄関をお掃除していると、学校へ向かう途中の僕ちゃんに逢ったので、今日から2日主人がいないことを伝えました。

今まで、昼間の慌ただしい時間でのセックスだったので、出張中の夜は僕ちゃんにたっぷりと抱かれたかったのです。

僕ちゃんは母親の洋子さんに「今日から夜は友達の家で勉強するから出掛ける」と言って誤魔化したようでした・・・

その日の夜、主人は出張中、僕ちゃんの分も食事を用意してる間、恋人が来るみたいにルンルン気分になって・・・。

自分でも恋愛ごっこのムードかな?台所で食事の準備をしていると、急に後ろから抱きしめられた。

「だめ、今食事の準備しているからオイタはやめて!」と言うんだけど、首筋にキスされて、エプロンの間からブラウスのボタンを外され、器用に片手でブラジャーのホックを外し、乳首をクリクリされた。

スカートも下ろされてお尻を擦られ脚の間、後ろから廻された指であそこをまさぐられ・・・。

もう、食事の準備どころではない。

振り返り僕ちゃんのほっぺを両手で挟みディープキスをしてしまう私。

台所でお互いを舐め、擦り、揉み、弄り・・・。

私は僕ちゃんの手を取りお風呂場へ。

シャワーをいっぱいにして、ボディーシャンプーを両手一杯につけて僕ちゃん身体を滑らした。

大きくなったペニスにも泡がいっぱい立って、袋を揉みながら掌の石鹸にツルンツルンと滑るペニス・・僕ちゃんも私の身体にボディーシャンプーを垂らすと身体を密着させてきた。

シャワーの柄を取った僕ちゃんが私のあそこに流水を浴びせる。

温かい温水で刺激され気持ち良かった。

跪いて僕ちゃんのペニスを口に含むと、意地悪な僕ちゃんはシャワーをかけてくる。

ただでさえ咥えた状態なので息がしづらいのに・・・。

部屋の明かりをすべて消して、ベランダへ・・お隣のうちの明かり、中の様子がよく見える。

こちらは部屋は真っ暗にしているので、多分ベランダの私達には気がつかないと思う。

声を押し殺して、後ろから繋がった僕ちゃんを感じる・・・。

スリルと興奮でアソコがキュンキュウして、僕ちゃんのペニスが感じやすくなっている。

蒸し暑い外気に二人とも汗びっしょり、背中に舌を這わせる僕ちゃん。

繋がった状態で僕ちゃんは手をお臍から下へ滑らせてきて、私の一番敏感なクリへ抜き差しを繰り返しながら、手で弄られて・・・。

思わず背中を反らせて「あ、あ~」と声が・・・。

僕ちゃんは私の口を塞ぎ、耳元で「お母さんに聞こえてしまう」って囁いて、指を口の中に・・・。

私はその指に舌を絡めてしまう。

激しく動きが始まって私の中で僕ちゃんのペニスが跳ねる。

膝の力が抜けてガクンガクンとする私。

リビングに戻った私たちはシックスナインの態勢でお互いの性器を貪りピチャピチャと舐めた。

部屋にこもって主人が帰る夕方まで僕ちゃんと裸で過ごした。

いつものように舌を絡めたキス・・・。

お互いの身体を飽きることなくまさぐり、僕ちゃんに個人授業。

女の身体の隅々を・・感じる場所を手ほどき。

大きく脚をひろげて、あの部分をおしげもなく晒し、私がオナニーするところも見せてしまった。

お尻を突き出して、クネクネと振り僕ちゃんを焦らし、猛獣のように後ろから飛び掛り、あてがい、突き上げる僕ちゃん・・・。

動物のようなうなりを口から発し、お互い、セックスに没頭し全身に汗をかいた。

ベッドのシーツは地図のような染み・・・。

部屋には精液と私の淫汁のにおいが充満した。

朝までほとんど寝ずに抱き合った。

正確な数は覚えていないが、僕ちゃんとは7回ぐらいしたような気がする。

最初の2回はお口で受け止めたが、それ以降は全部中に出してもらった。

安全日ではなかったけど、この時は気持ちが抑えられなかった。

さすがに僕ちゃんも最後の方は精子が出なくなっていた。

私も何回もイカされてしまったし、潮まで吹いてしまった。

主人が帰る少し前に僕ちゃんは帰った。

私は残り香を消すためにシャワーを使い、濡れた髪で主人の帰りを待った。

いつか妊娠してしまうかもしれない・・・最近それが少し心配です。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。