Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
寝取られ

【体験談】旦那ラブの新妻さんでも浮気チンポにあっさり堕ちる件

初めての浮気

結婚生活を幸せに過ごし、子作りのため3週間セックスを我慢していた人妻の投稿者。友人の結婚披露宴に出席した際、夫の仕事上のライバル男性とバッタリ出くわしてしまい・・・・

浮気してしまった人妻

私の名前は理沙33歳、主人はタカシで28歳です。

結婚して3年になります。

中身は地味なタイプですが、服装はマイクロミニが大好きで少し派手だと思っています。

私たちは、お互いに深い愛情を育み学生時代の大恋愛の末、卒業してまもなく結婚しました。

主人が初めての男性でした。

結婚後も主人は一流企業に就職したので、経済的にも余裕があり、私は働く必要がありませんでした。

愛する夫の子供が欲しくてほとんど毎日セックスしています。

でもなかなかできず、そのため専門医に助けを求めようかと決めたのでした。

しかし、ひたすら運を待って、励み続けていたのです。

そしてようやく、あるお医者さんを見つけることが出来ました。

検査の後、私たちのどちらにも本当に問題になることはないと仰ってくれました。

ちょっとやり方を変えるだけで子供ができる可能性が高まるというのです。

要するに、私たちは頑張りすぎていたということらしいのです。

そのお医者さんは、ある方法を提案してくれました。

まず、3週間ほどセックスを控えて、主人の精子数が増えるのを待つ。

そして一番懐胎しやすいサイクルになった時に、もう一度試みるという方法です。

二人でカレンダーをチェックしたら、3週間後に、二人とも出席するのを楽しみにしていた友人の結婚披露宴があるのが分かりました。

タカシの大学時代の友達が結婚するのです。

その日、二人で一緒に外出して披露宴に出るのをとても楽しみに待つことにしたのです。

カレンダーのその日のところに印をつけました。

結婚式には主人の前の友人で仕事上のライバルでもある男性も来ることになっていました。

その人の名前は岡田さんといいます。

主人と岡田さんはかつては親友でした。

が、同時に競争相手でもあり、常に互いを出し抜こうと競い合っていた間柄でした。

とうとう去年、二人は大喧嘩をしてしまったのでした。

タカシは、二人の関係が壊れたことにおちこんでおり、今度の結婚式を利用して岡田さんとの関係を修復したいと願っていました。

私は岡田さんとは数回だけしか会ったことがありません。

結婚披露宴の夜は私の一番妊娠しやすい時だったので、最大に盛り上げようと計画しました。

普段着ているのとはかなり違う新しい服を買ってタカシを驚かそうと思ったのです。

タカシは私を彼の旧友たちに見せるのが好きだったので、多分私の新しい格好も気に入ると分かっていました。

その服装は、とても丈の短い白いミニのドレスでナイロン・スパンデックスの生地でした。

この生地だと、私の曲線美をぴったりと包むと、キラキラ輝く金属のように見えるのでした。

胸元の谷間がかなり露出され、背中も大きく開いてジッパーで脱ぐようになっていました。

そのドレスに合わせるように、同じ生地製の白いビキニのショーツを買っていました。

それにブラジャーはつけないことにしようと決めていました。

ブラを付けないことは、それまでしたことがありませんでした。

タカシの反応を見たくて待ち遠しかった。

しかし夫から電話があり職場の新しいコンピュータ・システムに深刻なトラブルが発生した。

だから職場を離れるわけにはいかない。

そういう話でした。

電話の声の調子から、主人がすまなく感じているのはわかります。

「本当にすまない。君一人で出席してもいいんだよ」と謝られます。

私がどれだけがっかりしたか、想像できると思います。

でも主人の事情も理解できる。

「あなたが帰ってくるまで待っているわ」と言いました。

「いや、遅くなりそうなんだ。だから一人で行って楽しんできていいんだよ。せっかくの記念すべき夜を台無しにする必要はないんだ。それに、二人でパーティから帰った後に『デートの日』を楽しむってことだってできるんだから」

普段なら、私は一人で出かけることなどなかったと思う。

でも、少しお酒を飲んでいたこともあったし、たった一人で主人を待ちながら夜を過ごすのも気が進まなかった。

それで、一人で出かけることにした。

あまり知っている人がいないんじゃないかと気にはなっていた。

でも主人によると岡田さんも出席しているという。

私の相手をして、他のお客様たちに私を紹介してくれるだろうと言っていた。

主人はさらに、岡田さんとの関係の修復を円滑に進めるようにとも、私に頼んでいました。

私は、あまり岡田さんのことを知りませんでしたが、体つきはがっちりとして結構ハンサムな人だったと記憶しています。

もう結婚していると思っていました。

だから、多分、岡田さん夫婦の隣に座って話をしてればいいのではと。

着て行く服を変えようかと思いました。

でも、時間が迫っていたし、あまり知っている人もいないから、そのままの服で行ってもいいかなと思ったのです。

会場についても私は少し落ち着きませんでした。

誰も知っている人がいないし、披露宴にしてはめずらしくダンスパーティーが開かれていたからです。

私はダンスができません。

その時、彼を見かけました。

岡田さんは、私が覚えていたよりもずっと素敵な男でした。

彼も私の姿を見て驚いていたようです。

彼は微笑みながら近づいてきて、挨拶をしました。

「ご主人はどうしたんですか?」と聞いてきます。

私は主人の事情を説明しました。

テーブルに歩いていきながら、彼も一人で来たと言ってました。

ダンスをしたい。今夜私のパートナーとなれて光栄だとも。

私も、他に誰も知らなかったし、岡田さんがリードして下さるので、彼の誘いを受けたのです。

それに、主人も岡田さんとの関係をスムースにするように試してみてくれとも言っていたし。

二人で主人のことについてたくさんお話をしました。

それに、岡田さんが最近離婚したことも聞きました。

私たち夫婦は幸運に恵まれていると岡田さんは言ってました。

「でも、私達にも悩みがあるんですの」

そう言って、不妊の問題のことに触れたのです。

今夜の計画がだめになった話をし、二人で声に出して笑いました。

「多分、私は早めに披露宴から帰ることにしますわ。3週間ってとっても長かったんですもの。家に帰って『デートの日』のかけらだけでも楽しみたいわ」と言いました。

岡田さんは、彼も主人との関係を修復したいと思っていると言ってくれました。

それを聞いたら主人は喜ぶだろうと思いました。

その後は、流れる曲、全部、彼にまかせてダンスをしていたと思う。

ダンスを中断するのは、彼にお酒を取ってきてもらうときとか、話をして休憩する時だけ。

あっという間に時間が過ぎていく。彼がとても魅力的に見えてきていた。

でも、だんだんと夜がふけていくにつれて、私もリラックスし、彼の接近をむしろ喜んでいるようになっていきました。

スローな曲がかかるのを、毎回、待ち望むようになっていったのです。

密着しながら音楽のリズムに二人で体を揺らしあうのがとても気持ちがいいああん、この男とダンスして、私、興奮しているんだわ。

私の興奮に気がついたのは私だけではありませんでした。

岡田さんも気がついていたのです。

ともかく、3週間はとっても長かったんだから、と。その次に彼とダンスしたときです。

彼は私の背後に両手を回し、一緒に揺れるようにダンスしながら、私のお尻を愛撫し始めました。

私は抵抗しなかった。

彼が私の感触を喜んでいるのが解った。

私の張りのあるお尻を覆っている光沢のあるパンティ。

それとスパンデックス・ドレスが擦れる感触。岡田さんと揺れるようにダンスしながら、考えていました。

もっと恥ずかしいまねをしてしまう前に、家に帰らなくてはいけない。

そう思いました。

もう帰らなくちゃ。そう岡田さんに言った。

少し酔いがさめるまで待った方がいいよと彼は言います。

実際、歩くのもフラフラだったのは自分でも認めなければなりませんでした。

「電話して主人に迎えに来てもらうわ。電話があるところを一緒に探してくれる?」

彼に頼むと、喜んで承知してくれました。

そうしてロビーの方に歩いて行ったのです。

披露宴はかなり大きなホテルで開かれていました。

でも、二人で歩きながら、笑ってしまいました。

二人とも電話の小銭を持っていないことが分かったからです。

岡田さんは、彼が泊まっている部屋にある電話を使ってみたらと申し出てくれました。

「人妻だったら、知らない男の泊まっているホテルの部屋なんかに入らないものよね」

そう冗談めかして言うと、彼はうやうやしくお辞儀をし、自分は紳士だと請合っていたのでした。

私は絶対愛する夫を裏切らない。

そう自分に言い聞かせて彼の部屋の方に歩いて行きました。

部屋の中に入り、私は立ったまま電話のダイアルを回そうとしてました。

気分は回復していたのですが、まだかなりふらふらしている。

岡田さんが私の後ろに立って、ダイアルする私を支えてくれているのを感じました。

呼び出す音。

その間、彼が私の腰の両側を撫でているのを感じる。

主人が出ないので、岡田さんに言おうと振り向きました。その時です。

彼の唇が私の唇に触れていた。主人の唇とは違う感触。

こんなことをしてはいけない。

そうは思いましたが、口を開いて、キスを始めていたのです。

舌先を口の中に入れられる。体を引き寄せられ、再びお尻を触られる。

とても気持ちいい。でも、彼をやめさせなければいけない。

彼から離れ、キスを解きました。

「私は結婚しているの。あなたの友達の妻なの」そう言って聞かせました。

「私、ロビーに戻って、そこで待っているべきね」彼は、私の耳もとに囁くようにして、謝罪してくれました。

このタイトドレスで体を揺らして踊る私がとても素敵に見えたので自制心が維持できなくなったのだと言ってました。

「あなたのような素敵な人を妻に持つとはタカシは本当に運のいい男だ。あなたが僕を求めてくれなくて、僕は気落ちしている。でも分かっている。あなたの心は理解しているつもりだ」

とても紳士的!私は興奮を押さえられなくなっていました。

「私は結婚しているし、これ以上はできないの」と言いながらも私の興奮は止まらない。

どうしてだか分からない。でも、この部屋を出る前に、もう一度彼にキスをしたくなった。

唇を開き、再び彼の舌先の感触を感じる。

3週間は長すぎるわ。もう一度、彼から体を離そうと思った時でした。

岡田さんは優しく私の左の乳房を撫で始めたのです。

ドレスの柔らかい生地の上から。とてもいい感じがして、足から力が抜けていく。

ただの、ちょっとしたスリルを味わうだけ。

とても、いい。彼に続けてしてもらいたい。

キスをしながら、彼はドレスを少し肩から引きずり降ろし乳首が外に出るようにしたのでした。

抱き合ったまま、彼は指先で優しく乳首を撫で回し、私は彼の筋肉質の胸板をさすっていた。

ドレスの背中のチャックが下ろされる。

乳房が外に出され、キスをされ、舐め、吸われる。彼は吸う力を強めて行き、その感覚がとても良すぎて、もう止めてもらえなくなってしまう。

自分でも分からなくなる。

自分が何をしているのか。

心の中でいろいろな考えが急速に駆け巡る。

膝の力がだんだん抜けていき、ベッドの端に腰を下ろしてしまう。

もうちょっとだけ。そうしたら出ていく。

そう自分の中で声がする。3週間だったのよ。

そして、理由は分からないけど、主人以外の人とこんなはしたないことをしているのも刺激的だと思っていた。

特に、相手が主人の仕事の上での最大のライバルというところが。

ベッドに仰向けに横になっていました。

彼の手が、私の内腿をさらさらと撫で始めたのを感じる。

抵抗しないでいると、彼の手はドレスの裾を上げてくる。

パンティ越しに私のあそこを優しくマッサージし始めるのが感じる。

彼の手で両足が開かれていく。

パンティの上から優しく手をあそこに当てられる。

柔らかく湿った部分を。

ああ、そこは、今、濡れているはずだわ。

とてもいい。

ついにパンティの中へと忍び込む。

手がそこに来て、指が一本あそこの中へと入れられる。

だんだん湿り気が増し、熱くなる。

さらにもう一本続けて入れられる。

とうとう、よがりながら声に出した。

「岡田さん、ダメ。お願い、止めて。とっても熱いの。私、ここにいちゃダメなの」と言いながらも、抵抗できないよう無理矢理でもいいから犯してほしい。

彼は行動で答えた。

私のお腹に唇を這わせてだんだん下に降りていく。

そして、パンティの所まで降り、生地ごしにクリトリスの所を口で愛撫し始める。

ああん。

彼、私のあそこを口でするつもりだわ。

主人もまだしたことがないのに。

彼がパンティに手をかけ、脱がそうとする。

私はようやく彼を止めました。

「いけないわ。私にはできない」と断ります。

「ああ、分かっているよ。あなたがして欲しくないことは絶対にしない。約束するよ。あなたが止めて欲しいと言ったらすぐ止めるよ。それに、このことは誰にも絶対に言わないよ」そう言われて、私は腰を浮かせたのでした。

彼がパンティを脱がすのを許したのです。

私のあの部分。

そこに当てられる彼の唇の感触。

それを感じていたかったのでした。

私は、再び体を横たえました。

彼はゆっくりとキスを続けています。

ラビアの周辺のところをキスしてる。

そして、とても濡れきったあそこの唇やクリトリスを舐め始めている。

それをしながら、片手で乳首をつねり、もう片手であそこに指を入れたり出したりを続けていました。

私は恍惚状態でした。

そうして欲しいと想像したことをすべてしてくれていたからです。

彼は女の扱いを知っている。

まもなく、体の中でだんだんとオーガズムが高まってくるのを感じました。

こんなに長い間待たされた感覚の開放。

それが待ち遠しい。

今、とっても欲しいの。

とても気持ちが熱く高まっていました。

大きな声で悶え泣いていました。

彼がズボンを脱いで、私の足の間にいたことに気がつかないほどに。

彼の唇が私の唇に振れるのを感じる。

目を開けました。

岡田さんが私の上に覆い被さっている。

下のほうに視線を向ける。

彼が大きなペニスを私の震えるあそこの唇の間に導き入れようとしている。

とても大きい。

主人の2倍のサイズはありそうでした。

そのサイズに震えました。

その頭の丸々とした部分を押し入れられる。

「岡田さん。だめ、やめて、できないの…主人を愛しているの、私」叫ぶように言いました。

彼の答えに私は驚いてしまいました。

「約束するよ、すぐに抜くから…お願いだ…あなたの中に包まれる感じを感じたいんだ。少しの間だけでいいんだ。ああ、なんて、いい感じなんだ…!」

そう言いながら、さらに奥まで入れてくるのです。

「ダメなのよ、岡田さん!お願い!お願いだから!…できないの…今日はだめなの…主人が私を待っているのよ…今日は排卵日なのよ…あああんん!」

両足を閉じようとする。

でも、もうダメ。さらに深く入れられて、もう私はイキそうになっている。

体が心を裏切っている。

腰がひとりでに彼に向かって押し出すように動いてる。

体がオーガズムを求めている。

我慢できない。何も言葉にできない。

彼が出し入れの動きを始め、私も腰を使ってしまう。

クライマックスを求めて。

入っては出て行く。

毎回、入ってくるたびに、どんどんあそこの奥へと進んでくる。

とうとう、すっかり入れられてしまう。

私を完璧に満たしている。

彼の恥骨と私の恥骨が擦れあっている。

彼の大きな棒がさらに奥へと進むのを感じ、再び抗議を試みる。

でも、とうとうその先端が私の子宮の入り口に当たるのを感じた。

それで、もうだめ。

爆発するように最初のオーガズムに達してしまった。

気絶してしまいそう。

次から次に、波のように快感が押し寄せ、体じゅうを駆け巡る。

ようやくオーガズムから立ち直る。

自分のあそこが彼の大きなサイズに合うように変化しているのに気がつく。

すればするほど、彼のペニスがしっくり来てしまい、感じたことない快感に体がビクビク反応してしまう。

大きな肉塊が滑らかに、ゆっくりと私の濡れた割れ目を出入りしている。

私の体は、今夜求めつづけていたものをとうとう手にしたの。

彼が激しく打ち込んでくる。

それに合わせてうめき声を立てる。

彼のペニスが私に与える純粋な快感に、背中が反ってしまう。

こんなに大きくて、力強くって、そして許されない男の体が私の中に入っている。

素敵だわ。

また、クライマックスが高まってくる。

お腹の中から、とても急速に。

またいってしまいそう。

彼の動きが、強くなってきた。

彼もイキそうなのね。

私がもう一度イクまえに、彼が抜いてしまったらいやだわ。

そんなのいや。

もう少しでいけるの。

その時を感じた。

あの時から、今まで毎日、求め続けているあの感覚を感じた。

彼が体全体を反らせて押しつけてくる。

彼のペニスの先端が私の子宮口に押しつけられるのを感じる。

大きな唸るような声を彼が上げている。

精液の第一弾が私の一番深い部分に打ち込まれる。

ああ、彼は引き抜かなかった。

私の中にしてしまった。

この上ないエクスタシーと、絶対的な恐怖感に襲われる。

彼の体を突き放そうとする。

彼自身のオーガズムをさらに求めて、最大の力と激しさで私の中に押し込み続けている。

信じられない感覚に驚く。

熱い精液が文字通り私の中に撃ち出されてくるのを感じる。

毎回、許されない噴流が射出されるたびに、それが私の子宮口に当り、子宮の中に侵入してくるのがはっきりと感じられるほどに。

「引き抜くって、…言ったのに…」ため息交じりに言葉がでる。

「ああ…感じるわ…私の中に出したのね…ああ、だめ…だめなのに、今は…いい…感じるわ…イキそう…あああん」と快感を口にしてしまう。

再び、私の腰が無意識的に彼に押し付けるように動き始めている。

これまでの中で一番密度の濃いオーガズム。

彼は射精をしながら動き続け、私はそのオーガズムに体を洗われている。

私にできることは、彼のお尻を押さえて、私のほうに引きつけることだけ。

私の足の間から生まれる快感。

それだけしか心になくなる。

これまでで最高のセックスの喜びに、叫ぶような声がでる。

エクスタシーの波が体を次々に襲う。

両足を彼の体に巻きつけ、もっと私の奥深くへと彼の体を引きつける。

本当に素敵。

エクスタシーの波が遠のいていくと、逆に、彼の出した熱いものの熱が私の一番深い部分に広がっていくのを感じる。

その感覚に驚きながら、私は夢心地でただ横になっていた。

それから私は夫のことを考えられなくなり、ひたすら彼の熱いものを注ぎ続けてもらった。

何度も絶頂した私は意識が飛んでしまい、彼の腕の中で目を覚ました。

目を覚ましても、私はまた彼のものを受け入れてしまいました。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    いい歳して結婚しといて旦那ラブオーラを出すヤツはだいたいメンヘラよ。つまり簡単にヤレる

COMMENT

Your email address will not be published.