中出し

【エロ体験談】息子の友達と不倫の末、彼の子を妊娠した私・・・・

息子の同級生

単身赴任の夫、県外に進学した息子をもつ投稿者。1人での生活に寂しさを募らせる中、息子の友達から猛アプローチを受けてしまう・・・・

ホテルに行く人妻

彼と最初に出会ったのは3年前。

家に遊びに来ていた高校生の頃。

息子の友達で少年そのもの。

彼は美容師になる夢を持っていて、その頃から息子の髪も切ってくれていました。

息子は地方の大学に進学し、主人も3度目の単身赴任。

月に2回程度しか戻ってこれない距離。

ある日、息子からの電話。

「あいつのモニターになってやって欲しい」

私の髪を切らして欲しいと息子経由でお願いしたらしい。

でも、大丈夫なのかしら・・・?

その次に日、彼からの電話で、「髪を揃える程度の少しだけなら、いいわよ」と返事していました。

息子の友達だし・・・。

何度か、休日に、家で揃えてもらいました。

お話している内に、彼の夢やしっかりした気持ちを持っていることなんかが見えて来て、いつしか彼を見る目が変化していたのは確かでした。

ひとり家事をしたりぼんやりしている時には、いつも彼の事を考えているようになっていた。

私・・・最近の私はどうかしている・・・彼は息子の友達・・・でも・・大人びた気持ち、体格、男臭さ、優しい心遣いや機転、女の話に付き合ってくれる・・

そんなことを考えていて料理中に指先を少し切ってしまった事もありました・・・。

メールのやり取りや電話でお話しするようになっていた頃。

でも・・だめ・・・そんな時、昨年の11月、彼から「どこかに行きませんか?」とメールをもらいました。

それは、デートのお誘いなの?・・・私は、ひとり少女の様にドキドキした気持ちを高揚させ、赤くなり、胸が苦しくなっていました。

その日、彼は自分の中古車でドライブに連れて行ってくれました。

何故か新鮮で、息子の事や家庭の事等、どこかに忘れていた瞬間でした。

ドライブインでお昼を食べ、車の中で彼は自分の女性像を語ってくれました。

年齢は別にして私が彼の未来の理想像であると言ってくれました。

それは、結婚するんだったら、私みたいな人である事だと・・・そして、凄く子供が好きである事を語ってくれました。

「自分の子供がいたらなあ・・・」なんて。

「利恵さんなら、いいなあ」なんて。

私は、答えに困りました。

11月、2度目のデート。

地方の街で映画を観ました。

サスペンス映画で、彼は私の手を取り、ずっと握ってくれました。

時折、びっくりするシーンも、彼の手の中で、安心して観れました。

帰り道も、車の中、彼は私と指を絡めずっと手を繋いでくれました。

12月、3度目のデート。

少し早く二人だけでクリスマスをし、小さなケーキを食べました。

彼の車、後部座席。

ショートケーキを食べました。

彼がフォークで私に食べさせてくれたのには、凄く恥ずかしかったけど嬉しかったかな。

私も、彼にフォークで食べさせてあげました。

口周りに残るクリームをティッシュでぬぐいかけた時、彼が私をそっと抱き寄せ、「取ってあげるよ・・」と、唇を重ねて来たのです。

あっという間でした・・・彼の唇が重なり、私は力なく彼に抱き寄せられていたのです。

優しく、唇で私の口を綺麗にしてくれました。

口紅まで落ちるくらいに・・・

彼の腕の中で見つめ合い、無言のままもう一度、抵抗なく彼に唇を奪われていました。

「これからは、名前で呼びたいんだ、いい?」

「うん」

・・・「り・・え」

恥ずかしそうに、彼は私の名前を呼び捨てで読んでくれました。

私は、そっと俯いて少女みたいに赤面していました。

私は彼へ、彼は私へ買っておいたプレゼントをしました。

彼へのマフラーは凄く気に入ってくれました。

私へのプレゼントはピアスでした。

耳にはピアスの穴は開いていないのを知っているくせに・・?

「利恵を一人の女として見ているんだ・・付き合って欲しい」

「・・・」

私は、その日、返事が出来ませんでした。

気まずいまま、帰路に。

駐車場でお別れする時も、手を小さく振るのが精一杯でした。

年末、彼からのメール。

自分の気持ちを更に私に力強く告げていました。

1月、彼からのメール。

会いたい・・・彼の気持ちは、私と同じものである事が分かったその日。

応じてくれるのなら、出てきて欲しい・・・来ないのなら、すっきり諦めます・・・そんなメールが私には強く感じていました。

彼の指定した月曜日、彼の指定した地下駐車場に私は向かっていました。

彼の車を見つけ助手席に入りました。

彼は、私の耳を見ました。

その耳には、彼からのピアスが光っていました。

彼の為に、耳にピアスの穴を開けていた私。

彼は私の気持ちもくみ取ってくれたようです。

私を優しく抱き寄せ、そっとキスしてくれました。

「もう・・・こんな所で」

「嬉しいんだ」

時間の問題でした。

私が、彼の女となり、彼に抱かれる瞬間が・・・自分でもはっきりと分かっていました。

彼の車で、ドライブ。

雪がちらつき加減の寒い日。

私は彼好みの女に変身していました。

膝上のタックフレアスカート、素足にソックスとブーツ。

「寒くない?」

何度も彼が言ってくれました。

その日の約束は、実は他にもありました。

彼が年末、私にもうひとつのプレゼントを用意していたのが、結局私に渡せなかったもの。

地方の街の地下駐車場。

車を止め、後部座席に移り、私を抱き寄せ私を見詰めます。

無言のまま、熱いキス。

彼の腕の中、女として彼を受け入れていました。

「約束だよ・・・」

「でも・・・」と戸惑い。

「大丈夫だよ・・」

「もう・・恥ずかしい」と言い、私は顔を手で覆いました。

「行こう・・・」

彼は私の手を引き、車を出ました。

エレベーター横のトイレ前。

人気ない事を確認してから、彼は私の手を引き男子個室に連れ込みました。

一度キス。

「いいね・・」

「う・・うん・・」

彼は私の背後に回り、そっとスカートの中に手を入れて行く。

思わず、膝や腿をすり合せる私。

彼の指先がパンティに掛かる。

彼は、本当に優しくゆっくりとパンティを降ろしてくれました。

桃や膝、ブーツからパンティを脱がせた彼。

そして、彼のもうひとつのプレゼントだったパンティを足首から優しく履かせてくれました。

背後から、「ありがとう・・・」と彼。

私は、両手で顔を隠していました。

デパートめぐり、お茶して夕方、彼は、私を見て頷きました。

私も、小さくコクリと頷きました。

目の前には、ホテルのネオン街。

彼に背中を抱かれ、優しくエスコートされ、アーチをくぐっていました。

彼は、時間をかけてたっぷりと私を抱いてくれ、女の悦びを与えてくれました。

私が強く反応する場所には、時間をかけ、入念にそこを愛撫してくれました。

彼の舌で、私の中心部分を縦に何度も何度も舌を這わせ、小さなつぼみを口に含み、吸い上げ、舌を伸ばし、中まで入ってきます。

彼の腕を握り締め、爪が食い込むほど強く握り締め、その快感にしたっていた私。

何度か、目の前が真っ白になりました。

ぐったりするほど・・私は何度もイってしまいました。

そして、彼は、自分のものを固く深く、私の体内深くに挿入したのです。

ゴムを着けるか優しく聞いてくれた彼。

でもこの日は彼のぬくもりを直接感じたくて、私の方から着けるのを拒否しました。

「そのまま入れてほしい。」と彼に素直な気持ちを伝えたのです。

中に行くほど、気持ち良さが倍増していくのです。

私は背を反らせ、今までない深さに貫かれたその瞬間を強く感じていました。

「中に出して。」とまたしても私は彼にとんでもないお願いをしました。

それぐらい彼のことが愛おしくて、もうどうなってもいいという気持ちになっていました。

そして彼も私のそんな気持ちを察して、覚悟を決めてくれたようで、何も言わず、何も聞かずに大量のものを私の中に発射しました。

子宮の入り口付近に熱いものが放たれた事も体内深くで強く感じました。

私の中に彼のものがたっぷり入ってきたのが凄く幸せでした。

彼を強く抱き寄せ、最後の瞬間まで彼を離さないでいました。

彼を説得するまでには、時間が掛かりました。

あなたには絶対に迷惑はかけないから・・・彼は、理解してくれました。

それから私は何度も彼と交わっていきました。

主人との偽行為、息子への説得、色々とありましたが・・・20年ぶりのつわりは、優しいものでした。

一昨日、公園の駐車場。

彼の車の中、私の作ったお弁当を二人で食べながら、彼は私のお腹の膨らみに何度も手で撫でてくれました。

「今朝も病院に行って来て、順調だって」

「うん、良かった・・・まだ、分からないの?」とホッとする彼。

「どちらでも嬉しいから、楽しみに取っておきましょう」

私達は、見詰め合いました。

母子手帳を見ながら、彼との時間を過ごしました。

車を移動し、人気のない位置に。

お腹が張り出している私に気を使いながらも、彼は、ジーンズの字パーを下げます。

コクリと頷き、私は、彼の下半身に上体をうずめます。

彼の大きく太いものを口に含み、愛しく優しくスローとしてあげます。

「もう少し我慢してね、安定期に入ったら、私を抱いてくれる?」

「もちろんだよ、利恵」

彼は、私の喉元に、あの日、私の体内深くに放ったのと同じ様に大量のものを放ちました。

最後の一滴まで受け止め、私は口元を押さえ、ゴクリ・・・喉の奥に飲み込んで上げました。

これが今の彼への愛する気持ち。

私の髪を優しく撫でてくれる彼の腕の中、女の幸せをもう一つ、体内に宿しています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。