処女 童貞

【体験談】童貞家庭教師、コントのような淫行授業をしてしまう

卑猥な単語レッスン

C3時代のGW、両親が旅行へ行き自宅で1人留守番をすることになった投稿者。そこに家庭教師が訪ねてきて勉強するが、勉強の内容に下ネタが出てきて・・・・

家庭教師に犯される女の子

私が中3の時、家庭教師をお願いしました。

J大学のイケメン先生で、大学1年の19歳でした。

週2回来てもらうこととなり、主に英語数学を教えてもらってました。

来て一月位して、GWとなり両親は旅行に行きましたが、私は受験があるので、一緒に行けず家庭教師と勉強することとなりました。

GWは両親がいないので、先生が私のうちに泊まることとなりました。

ここからはその話です。

先生は両親が居ない事を知っていて、どうやら両親にお金をもらってしっかり勉強をするように見張り番頼まれたようでした。

ところが、先生は朝から我が家にやってくると、何かそわそわした様子でした。

先生「今日は特別授業だ、国語の同音異義語をやるぞ、いいか?」

私「はい。お願いします。」

不信に思いながら答えます。

先生「(せいき)、(せいこう)、(せいし)を書いてみろ。」

私「世紀、成功、静止」と書きます。

先生「同音異義語だ、出来るだけいっぱい書いてみろ。」

私が生気、精機、精巧、製綱、生死、制止と書きました。

先生「まだ分からんのか、まだまだあるぞ。」と言いながら、なんかますます様子がおかしくなりました。

息をはあはあしています。

私「もう分かりません。」と言うと。

先生「そうだ、性器、性交、精子を忘れているぞ、実物を見たことないのか?」と言いました。

私「ありません、先生の意地悪。」

先生は服を脱ぎ始め、これが性器だといって、勃起したチンコを私に見せ付けました。

先生のチンコはどす黒い感じで、凄く大きくて、こんなのが入るのかとても不安になりました。

先生は私の手をチンコに導き触らせました。

凄く固くて、触ると先生も気持ち良さそうに反応をしていました。

先生 「じゃあこれから性交をして、精子を見せてやる。」と言って、私を押し倒しました。

先生は私のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーをはずしました。

私はDカップあるんです。

胸には自信がありました。

嬉しそうにおっぱいを揉み始め、「大きいな。」と言いながら吸い付いてきました。

赤ちゃんみたいに一生懸命に吸ってて可愛いし、気持ち良い。

乳首が凄く気持ち良くて、乳首を触られたり舐められたりする度にエッチな声が漏れてしまいました。

更にスカートの中にも手を入れてきて、私のオマンコを触り始め、とうとう私も全裸にされてしまいました。

私は「先生、キスして。」と言いました。

私はもちろん処女だったのですが、キスしたこともなかったので、先生だったら、バージンをあげても良いと思い、「先生、ゴムつけて」と言いました。

先生は私に優しくキスをしたかと思うと、舌を絡ませてきました。

とろけるようなキスでした。

先生は約束どおりゴムをつけて、私を寝かせて、そして重なってきました。

処女だったので、痛がっているうちに先生はどうやら「早漏」で「射精」しちゃったみたいです。

ちなみに先生は「童貞」だったようです。

その日は泊まりだったので、もう一度やり直し、しっかりと先生は童貞卒業、私もロストバージン出来ました。

結局、GWの7日間、一切勉強しないで、英語のABCと数学の69、保健体育の実技(体位)ばかりやってました。

2人で保健体育の資料としてAVで勉強しながら、実践をしていったのです。

2人とも、コンビニで食料とゴムを仕入れてきて、ほとんど服を着ないで朝から晩まで気が向くままセックスしてました。

最初は痛かったけど、すぐに入れられるのにも慣れて、私は感じまくりました。

フェラチオも練習して、先生ことをイカせてあげれるようになったし、初めて精子も飲んでみました。

私的にはバックが一番気持ち良くて、先生に何度もバックで犯してもらいました。

そして、私のGWは学力は上がることはありませんでしたが、男を喜ばす特技だけは覚えることが出来ました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。